2016年08月08日

バースデイ・パーティー

2016.08.08.02.jpg
昨日は、以前うちにホームステイしていた人の誕生日会に呼んでもらった。
ケニヤで生まれてアメリカとカナダで育った人とか、両親がチェコ人とメキシコ人だとか、面白いバックグラウンドを持った人たちと出会えて楽しかった。
お互いほとんど初対面だが、皆フレンドリーなので、一緒にいて居心地がいい。
2016.08.08.01.jpg
バースデイケーキは、「Black Star Pastry」という店のStrawberry Watermelon Cakeだった。
イチゴとスイカという組み合わせは面白いなと思いながら一口食べてみて感激した。
アーモンドの生地とバラの香りのクリームがたくさん使ってあるが、真ん中に挟まれたスイカがさわやかで、重たくならない。
イチゴの上には、ピスタチオと乾燥させたバラの花びらが散りばめられていて、とても美しい。
新鮮な素材の味と、柔らかさや硬さの構成バランスが絶妙で感心した。
昔々、東京の代々木上原で「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」のケーキを食べたとき以来の衝撃で、久しぶりに作り手に興味がわいたので、調べてみたら、「Black Star Pastry」を作ったのは、Christopher Thé、というシドニーで生まれ育ったインドネシア人。大学で心理学を学び、シドニーの老舗フレンチレストラン「Claude's」で修行してから、自分の店を開き、このイチゴとスイカのケーキが大ヒットして、一躍有名になったそうだ。
このサイトで彼のインタヴューが聞ける。
それにしても、シドニーで、こんな軽やかな味が受け入れられ、一切れ700円くらいもする高価なケーキが飛ぶように売れているのは感慨深い。激甘で重いケーキばかりだった15年前とは大違いだ。
posted by Tats at 14:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
これは感動のケーキだね!何層にもなっていて、水分の多いスイカを上手に使うなんてなかなかできないと思う。
Posted by hal at 2016年08月09日 15:27
そう、水分が多いスイカをケーキに使うのは難しい。
クリームで挟んで、水分を浸出させないようにしたアイディアは秀逸です。
Posted by tats at 2016年08月09日 19:39
お店のサイトにあったZENケーキも食べてみたいな。
Posted by hal at 2016年08月09日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176403246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック