2016年07月26日

ファームで暮らす人達

2016.07.26.01.jpg
今夜は、広大なキャトル・ファームの真ん中に住んでいる友人宅で夕食。
ファームで働いている若い子たち10人と、彼らのホスト3人も一緒に集まって、皆で持ち寄った食べ物を分けあい、賑やかだった。
若い子たちは半分以上が台湾、あとは香港、一人だけ韓国から来ていた。
皆ここが気に入ったので、2年目のワーキング・ホリデー・ビザを取って、また戻ってきたいとのこと。
気候が良く、ストロベリーやパイナップルのファームがたくさんあり、ほぼ一年中仕事があって稼げるのも魅力だろう。
2016.07.26.02.jpg
ホストの二人は40年位前にカナダから移住してきた。マイナス40℃にもなる故郷の寒さが嫌になったそうだ。
若いころは教師やエンジニアだったが、今は、ファームに働きに来る若い子たちに囲まれて、悠々自適に暮らしている。
posted by Tats at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176238369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック