2016年05月18日

Backpacker Taxは半年間延期

5月10日のブログに、7月1日からWorking Holiday Visaで働くと32.5%の所得税がかかるようになる、と書いたばかりなのだが、昨日オーストラリア政府は、その実施を半年間延期すると発表した。
ABC News「What is the backpacker tax and why is it delayed?

Backpacker Taxと呼ばれるこの税制度は、ファーム事業者や観光業界の猛烈な反対にあったため、一旦引っ込めた形だが、単に先延ばししただけである。
半年ほど前にも、政府はGST(Goods and Services Tax:消費税のようなもの)を現行の10%から15%に上げようかというアドバルーンを飛ばしては見たものの、悪評さくさくだったので引っ込めた。
オーストラリアでは7月2日に総選挙が行われるので、選挙の人気取りのために延期と言ってみただけだ、と批判されている。
選挙を睨んで首相を始め政治家たちは各地を遊説中で、激しい舌戦がかわされている。
あの手この手で税金を取ることと選挙で勝つことの両方を天秤にかけた綱引きはまだまだ続きそうだ。
どこの政府も似たようなものである。
posted by Tats at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
半年延ばしてどうなるというのだろうね。
Posted by hal at 2016年05月18日 23:06
まあ選挙対策でしょうね。
日本政府が消費税増税延期をチラつかせているのと同じ。
Posted by tats at 2016年05月19日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175345388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック