2016年01月04日

Cape Conranで迎えた年末年始

一昨日の夜Cape Conranのキャンプ場から帰ってきて、ようやく落ち着いた。
昨日は丸一日かかってキャンプ用具のクリーニングや掃除・洗濯を終えた。
2016.01.04.01.jpg
Cape Conranでは昨年と同じように、犬や子供たちと泳ぎ、
2016.01.04.02.jpg
シエナとリアムはボディ・ボードに挑戦し、
2016.01.04.03.jpg
砂で色々なモノを作ったりしていた。
2016.01.04.04.jpg
2016.01.04.05.jpg
キャンプ場では昼間は暖を求めてゴアナがのし歩き、
2016.01.04.06.jpg
夕暮れ時にはウォンバットが草を食べに出てくる。
2016.01.04.07.jpg
暗くなるとポッサムたちが跳びはね、時々夜中にテントの上にドサっと落ちてきて驚かされる(^^;)。
2016.01.04.08.jpg
12月31日は夕食後、皆で夕陽を見にWest Capeへ行った。
2016.01.04.09.jpg
海岸の岩の上に登って、シャンパンを飲みながら、
2016.01.04.10.jpg
この年最後の太陽が海に沈んで行く様を見ていた。
2016.01.04.11.jpg
大人たちはキャンプ・ファイヤーの周りで真夜中まで起きていて、年が明けると同時にビーチに行き、満天の空に輝く天の河を見上げながら、Happy New Yearを祝った。
posted by Tats at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
日本のお正月とは全然違うけど、すてきな年越しの時間ですね。
野良ウォンバット可愛いですね。砂の作品、すごくよくできてますね。
Posted by hal at 2016年01月05日 21:26
花火もいいけど、夕焼けや星の美しさにはかないません。
所詮ヒトが作った代替品ですから。

このウォンバットは野良なのに触らせてくれたのでびっくり。
子供たちも大喜びでした。
Posted by tats at 2016年01月06日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171222455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック