2015年10月14日

「Oddball」directed by Stuart McDonald

2015.10.14.01.jpg
Oddball(オッドボール:変わり者という意味)というおかしな名前を付けられた犬が主人公で、彼はキチン・ファームでニワトリをキツネから守っている。
OddballはMaremma Sheepdogという種類の牧羊犬で、何度も騒動を引き起こしたイタズラ者なので、役所からは目を付けられている。
そんな彼が、キツネに襲われて絶滅寸前になっている、Middle Islandという島に棲む小型のペンギンを救うようになる。
Oddballはニワトリよりペンギンを守ることのほうが好きだったのだ。
この映画は実話で、Middle Island Maremma Projectと呼ばれて、犬を使ってキツネからペンギンを保護している。
Middle Islandは、Victoria州のGreat Ocean Roadにほど近いWarrnamboolの沖合にある小さな島で、浅瀬を歩いて渡れる。
犬やペンギンの愛らしい様子とコントラストをなす人間たちの複雑な関係も面白い。
役者たちは皆とてもうまいし、いわゆるキャラが立っている。
美しい海辺の風景や夜空も見所で、子供たちと 一緒に見るのに最適な映画だ。
この記事へのコメント
黒いつぶらな瞳のとても可愛いレトリーバー。ペンギンが寄り添う姿のかわいいこと!
Posted by hal at 2015年10月15日 21:33
この映画、日本でも公開されるといいのだけど。
この犬はMaremma Sheepdogという種類で、イタリア原産の牧羊犬です。
Labrador Retrieverはカナダ原産で、網にかかった魚の回収するための犬だったそうです。
Maremma のほうがRetrieverよりもっと大きくなるようです。
Posted by tats at 2015年10月16日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165720578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック