2015年07月22日

Joseph Banks Native Plants Reserve

2015.07.22.01.jpg
シドニー空港から車で30分ほど南へ走ると、Sutherland Shireというエリアがある。
入り組んだ海岸線と大きな森が残されている風光明媚な地域だ。
昨日の午前中、友人たちと一緒に、Kareelaというサバーブにある「Joseph Banks Native Plants Reserve」に行ってきた。
小高い丘の上が全部植物園になっていて、オーストラリア固有の植物がたくさん見られる。
入場料はいらない。
2015.07.22.02.jpg
駐車場の横には背の高いGymea Lily(ガイミア・リリー)が花をつけていた。
2015.07.22.03.jpg
公園内にはサンドストーンを配したトラックが整備されているので歩きやすい。
2015.07.22.04.jpg
森の中に入ると、Gumtree(ガムツリー)やFern(シダ)が覆い茂り、Rainforestのようだ。
2015.07.22.05.jpg
これはBlackboyと呼ばれる樹。超スロー・スピードで成長するので長生きする。
2015.07.22.14.jpg
18世紀にイギリスからやってきた植物学者Joseph Banks(ジョセフ・バンクス)は、オーストラリアの固有植物をたくさん採集し分類した。
下は彼の名が付けられたBanksia(バンクシア)。
2015.07.22.06.jpg
Lorikeet(ロリキート)がバンクシアの蜜を吸いに来ていた。
ロリキートの派手な色彩が、このブッシュの中では見事な保護色になる。
2015.07.22.12.jpg
残念ながら今は冬なので花は少ない。
下は年中咲いているGrevillea(グレヴィリア)。
2015.07.22.07.jpg
小さな野草の花も可愛い。
2015.07.22.08.jpg
2015.07.22.09.jpg
これはKangaroo paw(カンガルー・ポー)。
カンガルーのPaw(前足)に似ているので、この名がついた。
2015.07.22.10.jpg
花は赤のほか、黄色や白、紫など色とりどり。
2015.07.22.11.jpg
園内にはBBQエリアもたくさんあり、子供たちを連れてピクニックに来るのもいい。
シドニー郊外でオーストラリアの固有植物がまとめて見られる貴重な場所だ。
2015.07.22.13.jpg
posted by Tats at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel: シドニー近郊
この記事へのコメント
無料で見られるのがすごいですね。とても興味深いです。
Posted by hal at 2015年07月23日 20:27
オーストラリアの植物園はたいてい無料です。
動物園や水族館の入場料は高いですが。
Posted by tats at 2015年07月23日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155232572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック