2015年06月01日

ヘレンはブリスベンへ

2015.06.01.01.jpg
昨日の夕方、ヘレンは電車で14時間かけてブリスベンへ向かった。
ぼくはホームステイの世話をしないといけないので、また留守番である。
シドニーからブリスベン行きの電車は、メンテナンスに時間がかかったとのことで、1時間遅れて出発。
お詫びということで、寒いプラットフォームでずっと待っていた人たちに、お茶とビスケットが振る舞われた。
今日、ヘレンと電話して、電車の旅はどうだったと聞いたら、最悪との返事。
ファーストクラスに乗ったとはいえ、シートは硬くてリクライニンもほとんどできず、おまけに、電車の揺れが激しくてガタゴトと音がうるさいので、全然眠れなかったそうだ。
昼間なら外の景色を見て気が紛れるが、暗い夜にうるさい電車で14時間の長旅は辛い。
2週間前、ヘレンは背骨を痛めたので、それが悪化しなければいいが。
posted by Tats at 20:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
あらあら。背骨どうしたの?硬いシートで長時間は辛いよね。無事に過ごせるといいね。
Posted by hal at 2015年06月02日 21:38
エクササイズの時、身体を変な風に、ひねってしまったようです。
歳を取って、筋力が衰えると、荷重を支えきれないので、関節や筋を傷めやすいです。
Posted by tats at 2015年06月03日 14:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]