2015年01月15日

クリスマスに生まれた猫たち

2015.01.15.01.jpg
Cape Conranでキャンプをした後、ヘレンの姪のジュリーの家に泊めてもらってきた。
Cape Conranから3時間ほど北にあるTathraという町で、きれいな海と山に挟まれた風光明媚な所だ。
ジュリーの娘は獣医科を卒業したばかりで、猫を連れて帰ってきていた。
母猫とクリスマスに生まれたばかりの子猫が4匹だ。三毛が1匹とジンジャーが3匹で、母猫とは模様が全然違う。
キティには触ったことがないシエナとリアムは大興奮。よちよち歩きの子猫たちをそうっと抱いて喜んでいた。
幸いこの母猫は人を信頼しているようで、ぼくらがベビーに触っても怒らない。
2015.01.15.02.jpg
シエナが子猫におしめをしてあげようとタオルで巻いていた。
母猫は、あたしのベビーにいったい何をしているのと、ちょっと心配そうだった。
2015.01.15.03.jpg
posted by Tats at 16:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
可愛い!赤ちゃんを触らせてくれる親猫もとてもいい子です。おむつはさすがに心配そうですが・・
Posted by hal at 2015年01月15日 20:37
この母猫はとても良く出来た性格で、ぼくらが子猫たちと遊んでいると、じゃあ私はちょっと息抜きさせてもらうわ、と外へ散歩に行ったり、リビングのソファでくつろいでいました。
でもやっぱりすぐにベビーの様子を見に戻ってきます。
自分もまだ生後9ヶ月という若い母猫で、初めての出産なのに、エライもんです。
Posted by tats at 2015年01月16日 12:03
まだ1年も経ってない子なのに、それはすごい!人間はとことん成長の遅い生き物ですね。
毛並みがサバや三毛、シロ茶、といった日本猫でもおなじみの色なんだけど、なに猫、という分類をしますか?単にMIXかな。
Posted by hal at 2015年01月16日 21:16
ネコの色模様は、英語でも似たような表現です。縞は、Tabby か Tiger と呼びます。
サバもそのまんま、Mackerel Tabby です。
シロ茶はちょっと違って、Ginger。
日本では生姜ネコとは呼ばないよね。
Posted by tats at 2015年01月23日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]