2015年01月14日

Cape Conran Coastal Park (2)

2015.01.14.01.jpg
この60kmもある長いビーチの西側は岬になっていて、岩場が多い。
磯ではアワビやカニを捕っている人たちもいる。
2015.01.14.02.jpg
恐竜の背中のようなシャープな岩の上を歩き、
2015.01.14.03.jpg
険しい所はボード・ウォーキングができるようになっている。
2015.01.14.04.jpg
ところどころビーチへ降りるので、引き潮の時しか歩けない。
2015.01.14.05.jpg
さらに西へ行くとMarloという小さな町がある。
そこには大きなsandbank(砂州)があり、美しい模様を描いている。
2015.01.14.06.jpg
海から戻ってきたら、キャンプファイヤー。
エイドリアンが焚き火のおこしかたを教えていた。
4才のリアムにはまだマッチをするのは難しいようだ。
2015.01.14.07.jpg
焚き火があるとほっとする。身体を乾かし温めてくれるし、火があると近所の人たちも集まってくる。
2015.01.14.08.jpg
それから夕食の準備。
毎晩アナがカレーやクスクス料理を作ってくれた。
2015.01.14.09.jpg
ナショナルパークでは、そこに住む野生動物に対して、できるだけ干渉しないようにするのがルールだ。
この森には1mを越える大きなゴアナが住んでいて、キャンプ場を悠々と散歩している。
最初はびっくりしたが、そのうち慣れて、お互い適度な距離を取れるようになる。
ただし犬が襲ったりしないよう、つないでおかないといけない。
2015.01.14.10.jpg
このゴアナは、子供たちが周りで騒ぐので、木の上に登ってしまった。
2015.01.14.11.jpg
夕食を終えてもまだ外は明るいので散歩に出かける。
このVictoria州では、夏は夜9時にならないと暗くならない。
2015.01.14.12.jpg
森の中はあちこちにトラックがあり、ブッシュ・ウォーキングができるようになっている。
2015.01.14.13.jpg
一日中遊び疲れた子供たちは、犬と一緒に横たわり、Kindleで本を読んでいた。
二人共キャンピングが気に入ってまた来年も来たいと言う。
2015.01.14.14.jpg
小さな子供たちがいる家族にとってキャンピングは最適だ。
キャンプ・サイトを一区画借りる料金は、約$38/日と格安で、家族や友人4〜8人が一緒にテントを張れる。
クリスマスの後から、学校が始まるまでの間、一ヶ月くらい滞在している。毎年来ている人も多い。
ここにキャンプに来ている家族のほとんどは中流の下の階層だろう。
もう少し上のクラスになると、バリ島で過ごしたり、カナダやスイスへスキーに行ったりする。

キャンプ場で過ごしている人たちを見ると、オーストラリアの真の豊かさを実感する。
長期の休みが取れること、水もないキャンプ場の不便な生活を楽しめるくらいに、普段の生活が豊かなのだ。
そして何よりも、こんなにきれいな海と空と森があるのは、なんと豊かなことだろう。
2015.01.14.15.jpg
posted by Tats at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出
この記事へのコメント
そう、ほんとうに豊かなこと。もう既に10年前になる、そちらに行った時に感じたこと。海も空も木も、みんな大きいのがオーストラリアですね。
Posted by hal at 2015年01月14日 23:19
日本のように島国で高い山が多い所では住居や生産活動に適した平地が細かく分断されてしまう。
なので狭い平地に密集して住むことになり、どうしても何もかもがせせこましいよね。
ぼくは盆栽よりも巨木のほうが好きです。
Posted by tats at 2015年01月15日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111885832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック