2015年01月13日

Cape Conran Coastal Park (1)

2015.01.13.01.jpg
オーストラリアにはキャンプができるナショナルパークが沢山あるが、Cape Conran Coastal Parkもその一つ。
シドニーから南に約500km メルボルンからは東に約400kmの海沿いにある。
シドニーからはキャンベラ経由で行くほうが早い。それでも8時間はかかる。
2015.01.13.02.jpg
森の中にあるこの小屋がオフィス。
周辺の地図をもらい、予約したキャンプ・サイトへの行き方を教えてもらう。
キャンプ上の他にも、キャビンやロッジがあり、優雅に過ごしたい人にも大丈夫だ。
キャンピング・エリアは[No Dogs]と[With Dogs]に分かれており、犬連れでも犬嫌いでもOK。
2015.01.13.03.jpg
キャンプ・サイトは1kmに渡るビーチ沿いの森の中に100箇所以上あり、あちこちに、トイレ、シャワー、洗い物用のタップが設置されている。
キャンプ場で使える設備はこれだけだ。
水は地下水を汲み上げたままなので、茶色く、飲むことは出来ない。
なのでキャンプ道具と共に、飲水・食料・燃料などを全部持って来る必要がある。
森のエコシステムに影響を与えないよう、焚き火用の薪を拾うことも禁止されている。
2015.01.13.04.jpg
自分のキャンプ・サイトに着いたら、まず地面や周囲の状況を確認して、
2015.01.13.05.jpg
暑い陽射しを遮るため、タープを張る。
2015.01.13.06.jpg
これで日除けができて、
2015.01.13.07.jpg
イス・テーブルをセットし、犬と子供を座らせて落ち着かせる。
2015.01.13.08.jpg
それから大人たちはテントの設営。
シエナとリアムのためにALDIで、4人用のテントにスリーピング・バッグ2つ、イス2脚がついて$100という格安のセットを買ったのだが、これがなかなかいい。
2015.01.13.09.jpg
自分たち専用のテントがもらえて、二人とも大喜びだ。
2015.01.13.10.jpg
下はアナ&エイドリアンのテント。
入り口前にシートが付いているので、テント内にドロを持ち込みにくいし、昼間はここに寝転んでもいい。
2015.01.13.11.jpg
一息ついてから、森の中の小道を降りて、すぐ近くのビーチへ。
2015.01.13.12.jpg
大人も子供も犬も一緒に、波と砂で遊ぶ。
2015.01.13.13.jpg
ここのビーチは遠浅で、きれいな水と砂に触れているだけでうれしくなる。
2015.01.13.14.jpg
砂でクリスマス・ツリーを作ってみた。貝殻と海藻でデコレーション。
2015.01.13.15.jpg
リアムはアナに埋めてもらっていた。砂に埋まると暖かくて気持ちが良いのだ。
2015.01.13.16.jpg
posted by Tats at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出
この記事へのコメント
キャンプのための準備はいろいろ大変みたいだけど、楽しそうですね。子供の時にはほとんど経験がないし、自分の子供たちに経験させてやれなかったことが悔やまれます。
Posted by hal at 2015年01月14日 23:16
キャンプを楽しむのに年齢制限はありません。
いつでも始められるよ。
Posted by tats at 2015年01月15日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111748216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック