2022年08月18日

春の陽気

2022.08.18.01.jpg
今日は20℃まで上がり、日中、庭仕事をしていると汗ばむほどだ。
暖かくなってきたので、azalea(ツツジ)の花が咲き始めた。
この前買ってきたラヴェンダーも花が落ちていない。根付いてくれたようで良かった。
2022.08.18.02.jpg
posted by Tats at 20:06 | Comment(1) | シドニー日記

2022年08月17日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2022.08.17.01.jpg
お向かいのリナーテが、シュペッツレをたくさん作ったので食べにおいでと、夕食に誘ってくれた。
シュペッツレ(Spätzle)は、ドイツやオーストリアなどで古くからあるパスタの一種で、小麦粉の生地に卵を入れて、柔らかく仕上げる。
2022.08.17.02.jpg
シュペッツレ・ホーベルという器具を鍋の上において、沸騰したお湯に生地を削り入れ、茹でる。
リナーテが使っているホーベルは、ドイツ製で、黒ずんで年季が入っていた。
2022.08.17.03.jpg
リナーテのシュペッツレは、チーズを入れ、上に茶色く炒めたオニオンを散らしてあって美味しい。
ソーセージや肉料理の付け合せにぴったりだ。
posted by Tats at 18:52 | Comment(1) | 家族と友人たち

2022年08月16日

まだまだ肌寒い

2022.08.16.01.jpg
今日は晴れ時々曇り。
時折、きれいな青空がのぞくのだが、気温は17℃くらいまでしか上がらず、風が冷たい。
庭の日当たりの良いところでは、ゼラニウムが満開になってきたが。今年は春が遅そうだ。
2022.08.16.02.jpg
posted by Tats at 21:02 | Comment(1) | シドニー日記

2022年08月15日

確定申告の時期

今日からTax Return(確定申告)の事務作業をする。
オーストラリアでは、会計年度は、7月1日から翌年6月末までで、10月末までに全員、確定申告をすることになっている。
ヘレンが遺した残した土地家屋はほとんど売却した。後、一か所、ファームエリアにある土地が残っているだけだ。
ヘレンの死亡後に最後のTax Returnを提出して、それで終わりと思っていたら、どうもTrust Tax Returnという特殊な申告を、これからもしなければならないようだ。今、その関連の文章を読んでいるところだ。面倒だが仕方がない。
posted by Tats at 18:44 | Comment(0) | シドニー日記

2022年08月14日

友人たちを呼んで夕食

2022.08.14.01.jpg
今日は友人たちを呼んで、総勢6人で夕食。
飲み食いしておしゃべりして、最後の人達が帰ったのは夜11時過ぎだった。7時間の長丁場だったが、とても楽しい夜だった。
途中、隣猫のジギーが二回やってきて、見知らぬ人がいると、チェックしていた。
2022.08.14.02.jpg
posted by Tats at 22:56 | Comment(2) | 家族と友人たち

2022年08月13日

ポール一家と夕食

2022.08.13.01.jpg
今日はポールの誕生日なので、皆でヴェトナム料理店へ夕食に行ってきた。
ポールの子供たち3人はもう大きくなった。リアムは声変わりして背も高くなってきたし、シエナはKFCでバイトしているそうだ。
2022.08.13.02.jpg
来年早々、スクールホリデイ中に、奥さんのソムの故国のタイへ行くとのこと。コロナのせいでずっと行けなかったので、久しぶりの里帰りを楽しみにしている。
2022.08.13.03.jpg
posted by Tats at 23:16 | Comment(2) | 家族と友人たち

2022年08月12日

Chocolate fudgeを作る

2022.08.12.01.jpg
今日も天気が悪く、陽が射さないので寒い。
日曜日に友人たちが食事に来るので、Chocolate fudge(チョコレート・ファッジ)を作ってみた。
シナモンやクローヴなどのスパイスとラム酒を入れて香り付け。マシュマロも入れたが、あっという間に溶けて、マーブル模様になってしまった。さてどんな味になるか。
2022.08.12.02.jpg
posted by Tats at 18:48 | Comment(2) | シドニー日記

2022年08月11日

ヨーガのレッスン

2022.08.11.01.jpg
今日も雨模様の中、ヨーガのレッスン。スタートは8時半からなのだが、皆早く来て思い思いに準備運動をしている。
終わってから数人とコーヒー。
うちのラヴェンダーが大雨のため根腐れしたことを話すと、一人が、やはり庭のラヴェンダーとローズマリーが枯れてしまったとのこと。別の一人は、南フランスの友人宅が熱波に襲われて、ラヴェンダーがカラカラに干からびてしまったそうだ。どこも大変である。
2022.08.11.02.jpg
posted by Tats at 21:56 | Comment(0) | シドニー日記

2022年08月10日

春までもう少し

2022.08.10.01.jpg
今日も雨が降ったり止んだり。時折、晴れ間が出るが、寒い。
それでもうちの塀に這わせてあるジャスミンの蕾が膨らんできた。気温が20℃を越える日が多くなれば、香り高い花が開き始めるだろう。それまでもう少しだ。
2022.08.10.02.jpg
posted by Tats at 21:38 | Comment(2) | シドニー日記

2022年08月09日

満開のマグノリア

2022.08.09.01.jpg
昨夜から朝にかけて少しシャワーが降っていたのだが、今日の日中は晴れてくれた。ただし気温は17℃までしか上がらなかったので、風が吹くと寒い。
近所のマグノリアが満開になっていた。青い空に映えてきれいだ。
posted by Tats at 20:53 | Comment(0) | シドニー日記

2022年08月08日

晴天の週末

2022.08.08.01.jpg
この数日は天気が良くて嬉しい。気温18℃、少し風があるので、洗濯や庭仕事にぴったりだ。
隣猫のジギーも暖かい陽射しを浴びて気持ち良さそうにしていた。
2022.08.08.02.jpg
夕焼けも素晴らしい。明日も晴れてくれるといいが。
2022.08.08.03.jpg
posted by Tats at 19:55 | Comment(0) | シドニー日記

2022年08月07日

Judith Durhamが亡くなった


一昨日、Judith Durhamが亡くなった。79歳、肺疾患で長い闘病の末の最期だった。
彼女は、オーストラリアを代表するバンド、The SeekersのVoとして、1960年代初頭から活躍していた。
The Seekersはオーストラリアのバンドとしては初めて、英米でTOP1を獲得したレジェンドだ。
1964年に発表したシングル「I'll Never Find Another You」は、翌年英国でNo.1ヒットする。
タイトル通り"もう一人のあなたなんて見つけられない"と歌う素敵なラヴソングだ。


The Seekersはバンド名の通り、ポップミュージックの探求者であり続け、数々の名曲を作っていった。
その頂点の一つは1987年に発表された「I am Australian」だ。

オーストラリアの歴史をたどり、過去と現在を描き出し、
"We are one but we are many
And from all the lands on earth we come
We'll share a dream and sing with one voice
I am, you are, we are Australian"
という、美しく力強い宣言を歌い上げた傑作だ。今も第3の国歌として歌い続けられている。

ジュディスの凛とした美しい声は歳をとっても衰えず、怪我や病気に悩ませられながらも、素晴らしい歌声を披露した。
2000年シドニー・パラリンピックの閉会式では、腰骨骨折のため車椅子に座って歌った。
「The Carnival Is Over」

"Though the carnival is over,
I will love you till I die."
お祭りは終わっても、愛することは一生続く。

最後にもう一度「I am Australian」聴こう。
この国に住む人達がこの歌を歌い続けるなら、ここにはまだ希望がある。
ありがとう、ジュディス。

2022年08月06日

Surry Hills Market

2022.08.06.01.jpg
今日も良い天気だが、風があるので肌寒い。
午後、友人のジョージ&ファーンと娘のナタリーと一緒に、Surry Hills Marketへ行ってきた。
ここへ最後に来たのは3年以上前だ。ヘレンの容態が悪くなってからは来れなかったし、その後はコロナでマーケット自体が開催されなかった。
久しぶりだったが、マーケットが開かれている公園ではピクニックに来ているグループやプレイグラウンドで遊んでいる子供たちの声が響き、うららかな雰囲気は変わっていない。
2022.08.06.02.jpg
ランチはどうしようかと、何店か見て回り、タイ料理にした。初めて行く店だったのだが、なかなか良かった。
2022.08.06.03.jpg
ランチの後は、近くのパブに移動してビール。
ここはクラフトビールが揃っていて、好きなビールを3種類選んで、paddleというボードに載せてくれる。
フルーティなIPA(India Pale Ale)とStout(黒ビール)を3種類ずつ頼んで、あれこれし論評しながら、4人で飲み比べるのは楽しい。
2022.08.06.04.jpg
posted by Tats at 22:07 | Comment(2) | 家族と友人たち

2022年08月05日

フェイ宅でLanguage Exchange

2022.08.05.01.jpg
昨日の雨が止み、今朝はまだ曇っていたが、だんだん晴れてきた。
昼前にフェイの家に行ってLanguage Exchange。
フェイの猫とようやく顔なじみになってきたので、今日は逃げずに触らせてくれた。さっさと外に出ていってしまったが。
2022.08.05.02.jpg
レッスンの後、フェイがランチを出してくれた。
まずはレンティルのスープ。モロッコのスパイスミックスを使った優しい味だ。
2022.08.05.03.jpg
それからフェットゥチーネのカルボナーラ。クリームと黒胡椒がよく合う。
2022.08.05.04.jpg
デザートはチョコレートのファッジ。濃厚で美味しい。
食後、英語の勉強にもなるので、Scrabbleをして遊んだ。
2022.08.05.05.jpg
隔週のファイの暖かいもてなしがありがたい。
posted by Tats at 22:37 | Comment(2) | 家族と友人たち

2022年08月04日

ヨーガの後はコーヒー

2022.08.04.01.jpg
今日はあいにく天気が悪い一日。曇り時々シャワーが降り、鬱陶しい。
午前中、ヨーガのレッスンの後、カフェでコーヒーを飲みながら友人たちとおしゃべり。
このカフェは中年の兄弟がやっているのだが、弟の方は若い頃、日本に住んでいた。武道に関心があったので、空手や柔道、剣道を習っていたとのこと。
僕に会うと必ず日本語で話しかけ、ジャーマタネーと送り出してくれる。
posted by Tats at 15:40 | Comment(2) | シドニー日記

2022年08月03日

ラヴェンダーの植え替え

2022.08.03.01.jpg
家の前の塀沿いに植えてあったラヴェンダーが枯れてしまったので、植え替えた。
去年はきれいな花がたくさん咲いてくれたのだが、今年の豪雨で根が水浸かりになり、腐ってしまったのだろう。数ヶ月前、刈り込んでみたが、新しい葉が出てこなくなった。
諦めて、新しい苗を買ってきた。地植えするとまた根腐れするかもしれないので、大きな鉢に植えてみた。
これから暖かくなるので、花をつけてくれるといいが。
posted by Tats at 18:23 | Comment(2) | シドニー日記

2022年08月02日

Gordon's Bay

2022.08.02.01.jpg
今日は素晴らしい快晴。気温も17度まで上がり、日向を歩いていると汗ばむくらいだ。
朝、Clovelly BeachからGordon's Bayへ散歩に行ってきた。海の色が朝日に映えて美しい。
2022.08.02.02.jpg
Gordon's Bayは入江になっていて波が穏やか、かつ岩場が多いのでスノーケルには人気の場所だ。
2022.08.02.03.jpg
陽当りの良いところでは、Wattleの花が咲き始めていた。小さな黄色い花がきれいだ。季節は確実に春に向かっている。
2022.08.02.04.jpg
posted by Tats at 20:58 | Comment(0) | シドニー日記

2022年08月01日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2022.08.01.01.jpg
今夜はお向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。
チキンスープに、ハム・ステーキと野菜。デザートにアイスクリームを食べて、お腹一杯である。
2022.08.01.02.jpg
リナーテはこの10月に日本へ旅行に行くとのこと。
2年前に申し込んだツアーが、コロナのせいで不開催になっていたのだが、ようやく今年は行けるとのことで、喜んでいた。
posted by Tats at 19:50 | Comment(2) | 家族と友人たち