2021年03月16日

思わぬ再会

昨日の夕方、ゴミを捨てようと家の前に出た時、可愛い犬を連れた女性が通りかかった。
ちょっと変わった毛色のコーギーだったので、頼んで触らせてもらった。
メス?何歳ですか?などと話していると、その女性が突然こう言った。
「Are you Tats? I'm Karen!」
えっと思って、つばの広い帽子をかぶっている彼女の顔を良く見たら、なんと18年前にNSW大学で英語のクラスを取っていた時の先生のカレンだった。
思わぬ再会にびっくりし、しばらくお互いの近況を話した。
ヘレンが二年前に逝ってしまったこと、カレンも夫がガンで亡くなった後、この近所に引っ越してきたこと、カレンはもう教師はリタイアしたこと等々。
電話番号を交換し、カレンは帰っていった。彼女とまた会うのが楽しみだ。
posted by Tats at 16:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記