2020年12月28日

お隣りとお茶

2020.12.28.01s.jpg
お向かいのリナーテ&アーヴィンと、うちのお隣りを訪ねて、一緒にコーヒー。
隣家は一家で、3週間ほどホリデイに行っているので、その間、奥さんのお母さんが泊まりに来て、犬のボストンと猫のジギーの面倒を見ている。
お母さんは70年前に一家でオランダから移住してきた。小さい頃にこちらへ来たので、もうオランダ語は話せないそうだ。
しばらくすると、犬のボストンが散歩から帰ってきた。
ボストンはアフリカのハンティング・ドッグで、昔はライオンを狩っていたとか。
まだ1歳になっていない子犬なのだが、すでに巨大で、力が強いので、非力だととても散歩にいけない。
70歳過ぎのお母さんには到底無理なので、ドッグ・ウォーカーが毎日やってきて、散歩に連れていってくれる。
人には優しいので、身体をばんばん叩いても、うん、何?と、大きな顔を寄せてきて可愛い。やっぱり僕は犬は大きいほうが好きだな。
2020.12.28.02s.jpg
ジギーは昨夜、うちで寝ていった。
夜にやってきて、なかなか帰らないなと思っていたら、ベッドに飛び乗って、丸くなりはじめた。
いつも夜は必ず隣家に寝に帰っていたのに、やはりかなり寂しかったのだろう。
2020.12.28.03s.jpg
posted by Tats at 18:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記