2020年06月25日

日本の市役所にヘレンの死亡届を出す

日本の市役所にヘレンの死亡届を出すのをすっかり忘れていた、というか、考えたくもなかったし、やりたくもなかったのだろう。
この一年、すっかり心の隅に追いやっていたが、ようやく、シティにあるシドニー日本領事館に出向いて、届けを出すことにした。
オーストラリア人の配偶者の死亡届は申出と言うそうだ。
届け用紙を見たら、死亡時刻まで記入せよと書いてあって、それはヘレンの死亡証明書にも記載されていないので、医者の書いたメディカルレポートを入手した。
こちらで発行されたDeath Certificate(死亡証明書)と Cremation Certificate(火葬証明書)は僕が自分で和訳して提出しないとといけない。面倒だが仕方がない。
シドニー日本領事館はコロナのせいで完全予約制になっている。明日の午前中に予約を入れた。

僕の戸籍謄本からヘレンの名前が消されるのは、とてもつらくて悲しい。
今日も快晴で、書類の準備をしている僕の部屋の窓からは素晴らしい青空が見える。
こんな時は、ZABADAKの「生まれては別れに向かう私たちのために」でも聴こう。

- 目の前の空の色が 悲しい色と思わないように
- きれいな青に 映りますように
- 明日をいつでも 信じられるように
- 全てが失われる それまでは
posted by Tats at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記