2020年06月16日

オモチャの仕分け

2020.06.16.01s.jpg
ヘレンがオモチャを詰め込んでいたプラスチックの箱は、太陽光線のせいでボロボロになっていて、もう使い物にならない。持ち上げただけで崩壊してしまった。
しょうがないので、使えそうなオモチャを選り分けながら、別の箱に詰め替えた。
古いオモチャを見ていると、孫たちが小さい頃、一緒に遊んだことを思い出してしまう。
子供たちはすぐに大きくなるし、こんな古くて壊れたオモチャはもう必要ないとわかっていても、捨てるにはしのびない。
posted by Tats at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記