2020年03月06日

オーストラリアでも買いだめ

オーストラリアでも、新型コロナウイルスの不安にかられて、買いだめに走っている人が多く、トイレットペーパーなどが棚から消えていると、報道されている。
オーストラリア政府は「Stop Panic Buying, Australia is Fine」と、首相のスコット・モリソン自ら、毎日のように、大丈夫、モノは十分にあるから買いだめしないで、と訴えつづけているのだが。
そんなにたくさんの人が、新型コロナウイルスに感染したので、自宅で二週間自己隔離しようとして、生活必需品を買いだめしているとは思えない。なんとなく不安にかられた人が多いのだろう。
今うちにステイしているエミリーが、先週、Coles(コールズ)に行ったら、空き棚がいっぱいあって、全然モノがない、と嘆いていた。 
僕も先週、買い物に行ったが、それほどひどい欠品には気が付かなかった。それで、今日の午後、Maroubraへ買い物に行って様子を見て来た。
まずは、Maroubraで一番大きいショッピングセンターのPacific SquareにあるColesへ。
確かに、トイレットペーパー、テッシュペーパー、紙おむつ、
2020.03.06.03s.jpg
パスタ、
2020.03.06.01s.jpg
ライス、
2020.03.06.02s.jpg
は、在庫ゼロ。見事なまでの空っぽぶりだ。
オイル類も欠品が目立つ。
同じ建物内にある、ドイツ系スーパーALDI(アルディ)も、紙類は在庫なし、
2020.03.06.05s.jpg
特売品の棚も空っぽだ。ただし、他の品々は在庫なしにはなっていない。
2020.03.06.04s.jpg
Pacific Squareの向かい側に古いビルがあり、この1階にGreen Grocerという、ちょっと業務用スーパーっぽい店がある。僕がよく使うところだ。
こちらは、ライスの棚も、いつもよりは少し在庫が少ないが、まだまだ大丈夫。
2020.03.06.06s.jpg
トイレットペーパーは、バルク買いする人が多いのだろう、大きな箱ごとパレットに積み上げられていた。
2020.03.06.07s.jpg
店によって状況はかなり違うことがわかった。
たぶん、大手スーパーの、Coles, Woolworth, ALDIでは、まだしばらくは品不足が続くような感じがする。
posted by Tats at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記