2020年01月31日

夏バテかも

このところの蒸し暑さで夏バテなのか、身体がだるい。
気温が30℃を越えていても湿度が低ければ、それほど身体にこたえないのだが、蒸し暑いのは苦手だ。
何もやる気がしないので、昨日はビーチの木陰で本を読んで過ごしていた。
一時少し収まっていたブッシュフャイアーがまたぶり返している。シドニーの南西方面は火と煙で酷い状況だ。
今夜は、アナ一家が泊まりに来る。
明日は皆で一緒に動物園へ行こうと言っているが、35℃くらいまで上がりそうなので、どうしたものか。
posted by Tats at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年01月29日

さようならブーツ

2020.01.29.01s.jpg
アナ&エイドリアンの犬、ブーツが逝ってしまった。
昨夜、アナが泣きながら電話してきた。
ブーツの容態が悪いことはしばらく前から聞いていた。
食欲がなく下痢が続くので、検査をしたところ、前立腺ガンが見つかったのは、4ヶ月ほど前のことだ。
しばらくは薬でなんとか持っていたが、肝臓や腎臓へ転移したようで、この2ヶ月で体重が10キロ近く落ち、とうとう起き上がれなくなった。
やせ細ったブーツの身体を見ながら、獣医に電話をするのがどれほど辛かったか、僕にもよくわかる。

大きな犬はたいていそうだが、ブーツも子供たちに優しく、一緒に遊んでくれた。
2020.01.29.02s.jpg
下の写真のヘレンもチャーリーもタジーもブーツももういない。
見るのが辛い写真が増えていくのは悲しいものだ。
2020.01.29.03s.jpg
posted by Tats at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月28日

ベートーヴェン生誕250年記念コンサート

2020.01.28.01s.jpg
今日の午後は、友人たちと一緒に、ベートーヴェンの生誕250年記念コンサートに行ってきた。
会場はシティのMartin PlaceにあるCity Recital Hall。
2020.01.28.02s.jpg
演目はベートーヴェンが生涯で作った5曲のチェロ・ソナタの中から、2番と4番。
ランチタイムなので、一時間ほどの短いコンサートだったが、なかなか良かった。
やはり艷やかなチェロの音をじっくり聴けるのはいい。
2020.01.28.03s.jpg
下は、ロストロポーヴィチとリヒターによる演奏。
「Beethoven Cello Sonata No.4 in C major, Op.102」

2020年01月27日

Clovelly Beach

2020.01.27.01s.jpg
今日も30℃くらいまで上がり、蒸し暑い。
先日から、チェスターにクイーンズランドの家から運んできてもらったソファの補修をし始めたのだが、なかなか難しい。キャスターが壊れていたり、カバーが破れたりしている。
家の中で作業していると暑くてうんざりなので、夕方、近所のClovelly Beachへ泳ぎに行って、クールダウンしてきた。
今日は月曜日だが、昨日のオーストラリア・デイの振替休日なので、大勢の人で賑わっていた。
2020.01.27.02s.jpg
posted by Tats at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年01月26日

お向かいさんで夕食

2020.01.26.04s.jpg
昨夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅に友人たちと集まって夕食。
三重県菰野市(こもの)に住む遠縁のゆうちゃんが作っているハムやソーセージを持って帰ってきたので、皆に振る舞った。
冷たいままで出せるハムや燻製はリナーテがスライスしてきれいに盛り付けてくれた。
2020.01.26.03s.jpg
2種類のソーセージは5分ほどボイルして、
2020.01.26.05s.jpg
リナーテが作ったローストポーク、ザワークラウト、ポテトなどと一緒に。
2020.01.26.02s.jpg
ゆうちゃんのハム・ソーセージは、どれもこんな美味しいのは食べたことがないと、皆が大絶賛。
この夜のメンバーの出自は、日本人とオーストラリア人以外に、カナダ、ハンガリー、オーストリア、トランシルヴァニア、ラトヴィア、アイルランド。いろいろな国の人にも好まれるとのお墨付きだ。
シドニー空港で見つかって没収されたら嫌だなあと、どきどきしながらも、密輸してきた甲斐があった。昔、マヨネーズと梅干しを没収された苦い経験があるのだ。
ドイツで修行してきたゆうちゃんのハムやソーセージは、ドイツやオランダのコンテストで金賞を取っている。着色料や防腐剤を使わないハム・ソーセージは本当に美味しいのだ。スモーク・ダックもお勧め。脂身が口の中で甘くとろける絶品だ。
ゆうちゃんの店のサイトはここ。
「角屋」
posted by Tats at 17:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月25日

汗だくの一日

今日も蒸し暑く、不快指数100%の一日。
雨が降りそうで降らない曇天はうんざりする。
車を洗い、掃除・洗濯、芝刈りをすると、もう全身汗だくだ。
幸い今夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅に呼ばれている。総勢8人での夕食は楽しみだ。
posted by Tats at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年01月24日

キツネを見た日に

ポールに頼まれた子供たちのお守りも昨日で終わり、今朝はヨーガのレッスンに行って、やっと日常復帰したような気分になった。
久しぶりのヨーガなので、身体が固かったが、終わるとやはり気持ちがいい。旅行中はどうしても身体のメンテがおろそかになる。
ヨーガの後、うちへの帰り路を歩いていると、なんと道端にキツネがいた。
しばらくうろろしていたが、無事に道路を渡って、向こう側にある小学校の方へ駆けて行った。
その時ちょうど横を歩いていた男と目が合ったので、あれキツネだよね、うん、ここでは初めて見たよ、などと話しながら、歩き始めた。
ヴィンチェンゾという名の彼は、生まれはナポリのソレントだが、ここで育って学校に行き、一旦、イタリアへ帰り、また戻ってきたとのこと。
親戚がすぐ近くでカフェをやっていて、今から行くところなんだというので、じゃあ、僕も一緒にコーヒーでも飲もうとついて行った。
「Cafe Sorelle」
https://www.facebook.com/cafesorellewaverley/
Sorelleは、英語ではsistersなので、姉妹。
ヴィンチェンゾは、店をやっている親族を紹介してくれた。彼のガールフレンドもここで働いている。
僕らがキツネを見た話をして盛り上がった。
なかなか居心地の良いカフェなので、これから馴染みになりそうだ。
posted by Tats at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年01月23日

子供たちとMaritime Museumへ

今日のシドニーは熱波に襲われ、40℃を越えた。車の温度計では、外は45℃の表示が出ていた。
あまりに暑くて外で何かするわけにはいかないので、シエナとリアムをMaritime Museumへ連れて行ってやった。
2020.01.23.01s.jpg
海洋博物館タウンホール駅から橋を渡ってすぐなのだが、コンクリートの照り返しが猛烈に強くて熱い。熱風の中を歩いていると身体が煮えたぎるようになった。
館内は冷房が効いているので、ほっと一息。
2020.01.23.02s.jpg
今日のお目当ての3D movie「Sea Monster」はなかなか良くできていて、子供たちでいっぱいだった。
映画の後、階上にある「Sea Monster」特別展示を見てきた。
2020.01.23.03s.jpg
こちらも力の入った展示で、かつ、大人も子供も楽しめるような工夫がされている。
2020.01.23.04s.jpg
僕は古生物が大好きなので、こういう異形のモノを見ていると、わくわくする。
2020.01.23.05s.jpg
posted by Tats at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月22日

子供たちとプールへ

2020.01.22.01s.jpg
今日もシエナとリアムのお守り。
ポールの家から車で10分の所にあるプールに連れて行ってやった。
3年前に改築されたばかりなので、設備が良く、とてもきれいだ。
シドニー近郊で数カ月間続いてたブッシュファイアーが収まり、青空が戻ってきた。
陽光を浴びながら泳ぐのは久しぶりで、気持ちがいい。
プールで泳いだ後、ポールの家に戻り、寄り添ってきた猫を横に、ソファで本を読んでいると眠くなってきた。
2020.01.22.02s.jpg
昨日はスイーティーが横にきてくれたが、今日は、ロキが寝そべってきた。
なでてやると喉をごろごろぶくぶく鳴らして、ローリングしていた。
2020.01.22.03s.jpg
posted by Tats at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月21日

子供たちのお守り

2020.01.21.01s.jpg
今日はポールに頼まれて、子供たちを映画に連れて行ってやった。まだスクールホリデイなので、退屈しているとのこと。
10日前から奥さんのソムがソフィアを連れてタイへ里帰りしているので、ポール一人でシエナとリアムの面倒をみるのは、結構大変だ。二人とももう大きくなったとはいえ、大人抜きで出かけさせるわけにも行かない。
二人が選んだ映画は「Spies in Disguise」というアニメーション。
子供たちを飽きさせないよう、テンポよくできていて、なかなか面白いが、まあ、意地悪く言えば、ポリティカル・コレクトネスに配慮した007シリーズという感じ。「日本」の使い方がピクサーっぽい。

ポールの家に行くと、三匹の猫たちが代わる代わる挨拶にきてくれて嬉しい。
2020.01.21.02s.jpg
ソファに座っていると、横にすり寄って来てくれたり、靴下を嗅ぎに来る。
2020.01.21.03s.jpg
2020.01.21.04s.jpg
10歳を越えた人間の子供より、猫のほうが歓待してくれるような気がする(^^;)。
posted by Tats at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月20日

シドニーへ戻ってきました

2020.01.20.01s.jpg
昨日の午後、日本からシドニーへ戻ってきた。
夜7時に関空発、台北経由という、真夜中便なのであまり眠れなかったが、昨日の夜は早めに寝たので疲れはない。
シドニーは数日前からの雨のおかげで、もう煙臭くはないが、雨上がりなので蒸し暑い。
今日は朝から掃除洗濯をしていたが、夕方から雨が降ってきた。
ブッシュファイアーのせいで、バルコニーや車はまだ埃だらけだ。
これから数日は日常復帰作業が続く。
上の写真は、関空へ向かうブリッジから。
posted by Tats at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記