2019年09月01日

今もまだ自責の念

僕のホームステイのサイトは一年前から更新していない。
去年の8月、ホームステイの受け入れを中止するとサイトに書いて、ヘレンの看病をしにクイーンズランドの家に行った。
ヘレンの入院生活が始まり、毎日、家と病院を往復していた。
ヘレンのガンが広がり、体調が急激に悪化していく様子を見ているしかできなかった。あの頃のことは思い出すのも辛い。
僕らも医者も、できる限りのことをした、どうしようもなかったとはわかっている。
それでも、どうしたらよかったのかと、今も自責の念を抑えることができないのだ。
posted by Tats at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記