2019年09月30日

明日シドニーへ

s-2019.09.30.01.jpg
クイーンズランドの家の片づけの目途が立ったので、明日の飛行機でシドニーへ帰ることにした。
たぶんもうこの家に来る機会はないと思うと寂しい。
4年くらいしかいなかったが、クイーンズランドに拠点ができて楽しかったこと、と、苦しかった去年のことがないまぜになって、濃密な思い出になっている。
ヘレンの好きだったソファとキャビネットをシドニーの家へ運ぶことにした。
s-2019.09.30.02.jpg
チェスターがトレイラーで運んでくれるというので、ありがたい。
s-2019.09.30.03.jpg

2019年09月29日

ヘレンの服は片付いた

s-2019.09.29.01.jpg
ヘレンの服や小物は、メイヴィスとサンドラが少しもらってくれたが、残りは全部、袋に詰めて、チャリティ・ショップへ持っていき、寄付してきた。
ソファーやキャビネットで、シドニーへ持って帰りたいものが少しある
チェスターがトレイラーを持っているので、運んでもらおうかなと思っている。

2019年09月28日

Redcliffe へ

s-2019.09.28.01.jpg
家の掃除や片付けが一段落し、今日は気分転換に、Redcliffe へ。
30℃近くまで上がる夏日だったのだが、午後から急に雲が出てきて、雷が鳴り、雨が降り出した。
晴れているうちに写真を撮っておいてよかった。
s-2019.09.28.02.jpg

2019年09月27日

エドを訪問

s-2019.09.27.01.jpg
今日は友人のエドのところに遊びに行ってきた。
前回訪れたときはヘレンも一緒だったので、一年近くぶりだ。
彼の家はファームの中にあるのだが、ダムの水位がものすごく低くなっていて、びっくりした。
半年くらいまとまった雨が降っていないそうだ。
s-2019.09.27.02.jpg
エドは新しい犬を飼っていた。
去年、前の犬が死んだ後、ドッグ・レスキューに行って、もらい受けてきたとのこと。
黒くて大きいので見かけはちょっと怖いが、とてもフレンドリーで可愛い女の子である。
s-2019.09.27.03.jpg

2019年09月26日

チェスターのバースデイBBQ

s-2019.09.26.01.jpg
今日はチェスターの71歳の誕生日なので、親族や友人たちを呼んで、うちでBBQ。
総勢9人と犬3匹で、にぎやかだった。
s-2019.09.26.02.jpg
女性3人に、ヘレンが残した服や食器で使えそうなものを選んで、持って帰ってもらった。
いずれ、全部、チャリティショップへ持っていて寄付するので、誰か知っている人に使ってもらえるのはありがたい。s-2019.09.26.04.jpg

2019年09月25日

家の大掃除

s-2019.09.29.01.jpg
今日は朝から、チェスターと一緒に大掃除。
家中にクリーナーをかけて、積もっていた埃を掃除した。
今日の夕方、友人のロジャー&サンドラがゴールドコーストから泊まりに来る。
明日は、チェスターの誕生日なので、皆で集まって祝いをする。

2019年09月24日

クイーンズランドの家の片づけ

s-2019.09.24.01.jpg
今朝の飛行機でシドニーからブリスベンへ飛び、午後、クイーンズランドの家に着いた。
シドニー空港の搭乗口近くにある自販機に「日式緑茶」が入っていたのでびっくり。
緑茶は初めて見たと思う。
580mlで$4.50(約400円)もするが、つい買ってしまった。
ラヴェルを見ると、コカ・コーラが台湾から仕入れているとのこと。
s-2019.09.24.02.jpg
最寄りの駅までチェスターに迎えに来てもらった。5か月ぶりの再会である。
予想はしていたが、一年近く放ったらかしにしていた家は荒れ果てていた。
家の中の空気がどんよりとして、プールには枯れ葉がたまり、庭は雑草がはびこっている。
s-2019.09.24.03.jpg
去年、刈り込んでおいたバラはきれいに咲いていたが。
s-2019.09.24.04.jpg

2019年09月23日

5ヶ月目

ヘレンが逝ってしまってから今日で5ヶ月が過ぎた。
2ヶ月前に比べると、ちゃんと本を読んだり音楽を聴けるようになってきた。
それでもまだヘレンの写真や服を見るのは辛い。
よそ行きのワンピースや旅行のときによく着ていた服を見ると、一緒に出かけた時のことを思い出してしまって、ふいに抑えきれない悲しみに襲われるのだ。
まあ、いつまでも放っておくわけにはいかないので、明日から、クイーンズランドの家に行って遺品の整理をする。
一人でやるのは辛いが、チェスターと一緒に作業できるのでありがたい。
posted by Tats at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月22日

Strathfield Symphony Orchestra「The Big 5-0」

2019.09.22.11s.jpg
今日の午後、ストラスフィールドのタウンホールで開催された、Strathfield Symphony Orchestraの50周年記念コンサートに行ってきた。
シドニーにはシティに、巨大なパイプオルガンが設置されている、大きなタウンホールがあるが、ローカルの人たちが使いやすい手頃な大きさのタウンホールとしては、Strathfield Town Hallが一番いいと思う。
Randwickは狭くてオーケストラは入れないし、Paddingtonはちょっと広すぎる。
2019.09.22.12s.jpg
お目当てだった、Elena Kats-Cherninの「Redmyre Suite」は予想通り素晴らしく、メインの、べートーヴェンの「交響曲第7番」も迫真の演奏だった。
インターヴァルでは別室にお茶と50周年記念の大きなケーキが用意されていた。
2019.09.22.13s.jpg
観客も演奏者も一緒に歓談できるのは楽しい。
2019.09.22.14s.jpg
指揮者の村松貞治さんは、このオーケストラを率いてもう10年近くになる。
たくさんの人たちが入れ代わり立ち代わり挨拶に来るので忙しい。
2019.09.22.15s.jpg
ぼくも、Elena Kats-Cherninの「Redmyre Suite」が聴けて本当に良かった、と、村松さんにお礼を言った。
Elenaは今、新作発表のためベルリンに行っているとのこと。
またいつか彼女の曲を演ってほしいものだ。

Dvořák「Requiem」

2019.09.22.01s.jpg
昨夜、夜8時から10時まで、シドニー・オペラハウスで、ドヴォルザークの「レクエム」を聴いてきた。
友人のスーと娘のカトリーナが合唱団の一員として出演しているので、良い席のチケットを取ってくれた。
2019.09.22.02s.jpg
ステージの上はオーケストラ100人とコーラス300人という大所帯で壮観だ。
指揮はBrett Weymarkという、まだ若い男。エナジェネティックでシャープな指揮が気に入った。
彼自身も歌い手で、Sydney Philharmonia Choirsの音楽監督だそうだ。
2019.09.22.03s.jpg
演奏時間が1時間40分と長く、複雑で重層的な構成なのに、親しみやすく、まるでポップスのように聴きやすい。
これはチェコフィルの演奏。

2019年09月21日

ドヴォルザーク「レクイエム」

今夜、オペラハウスへ聴きに行ったドヴォルザークの「レクイエム」は素晴らしかった。
家に帰ってきたのは、夜11時を回っていたので、詳細は明日にでも。

2019年09月20日

今週末のイヴェント

なぜか今週末はイヴェントが3つも重なっている。
明日は、オペラハウスで、ドヴォルザークの「レクイエム」。
友人のスーと娘のカトリーナがクワイヤの一人として出演する。
明後日の日曜日は、Strathfieldのタウンホールへ、Strathfield Symphony「The Big 5-0 」を聴きにいく。
50周年記念コンサートで、メインはベートーヴェンの「交響曲第7番」だが、僕が楽しみにしているのはElena Kats-Cherninの「Redmyre suite」だ。
彼女は僕が大好きなオーストラリアの音楽家の一人なのだが、この曲を聴くのは初めてだ。
月曜日の夜は、近所の映画館で、Franklyn Barrett の「The Breaking of the Drought」の特別上映。
1920年に作られたサイレントムービーで、ちゃんとオルガニストがスクリーンの横で演奏するそうだ。
posted by Tats at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月19日

ブーツが前立腺癌

夜、次女のアナが泣きながら電話してきた。
ブーツが前立腺癌で、あちこちに転移しており、もう救いようがないとのこと。
犬が前立腺癌になるとは、全然知らなかった。かなり稀な例らしい。
ブーツの具合が悪そうなので、獣医で検査したところ、癌が見つかったそうだ。
お腹の調子が悪く、おしっこをするのが困難で、苦しそうだとのこと。
今は薬を飲ませているが、近いうちにお別れすることになるだろう。
僕も涙を抑えられない。
アナ&エイドリアンは、去年タジーを13歳で亡くしたばかりだ。
ブーツはまだ8歳なのに。
posted by Tats at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月18日

やはりミニ・ストローク

お向かいのアーヴンのお見舞いに行ってきた。
アーヴィンは昨日、MRIを撮り、夜遅く病院から帰ってきた。
やはり脳梗塞を起こした痕が見られるとのこと。
アーヴィンは椅子に座って、身体の左半身を刺激するため、マッサージ器を当てていた。
舌が少し麻痺しているので、発音がちょっと不明瞭になる。
口の中の左側もあまり感覚がないので、噛まないよう気をつけないといけない。
とりあえず、軽度の脳梗塞でよかった。
ダメージを受けた脳細胞はどうしようもないので、地道にリハビリをするしかない。
少しずつでも機能が回復することを祈るばかりだ。
posted by Tats at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月17日

春なのに寒波到来

2019.09.17.01s.jpg
昨日から、オーストラリアの東から南側は、寒波に襲われている。
シドニーは冷たい雨が降っているだけだが、近郊のブルーマウンテンでは雪が降っている。
キャンベラの近くに住んでいるアナ&エイドリアンが、今朝、写真を送ってきた。
寒さで凍えながら雪かきをして、仕事に出かけたとのこと。
2019.09.17.03s.jpg
雪の中で呆然と立ちすくんでいるカンガルーが哀れだ。
2019.09.17.02s.jpg
posted by Tats at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月16日

また寒くなった

昨日は良い天気だったのに、今日は午後から急に雲が出てきて風が強くなり、夜には雨が降ってきた。
気温が一気に下がって薄ら寒い。
こんな日に、家にこもって事務処理をしてるのは、気が滅入る。
残念ながら天気予報によると今週は雨が多くなりそうだ。
posted by Tats at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月15日

アーヴィンが半身麻痺

2019.09.15.01s.jpg
今朝、お向かいのリナーテから電話が来て、アーヴィンの具合が悪いと言う。
昨日の朝、突然、アーヴィンは左半身が麻痺したような状態になった。
頭痛がし、左脚の感覚が全くないとのことで、リナーテがすぐに救急へ連れて行った。
CTを撮ったが、何も異常は見つからなかったので、夕方、一旦、家に帰ってきた。
僕が様子を見に行くと、二人の娘夫婦も来ていた。
アーヴィンはなんとか話すことはできるが、身体の左側が麻痺していて、腕や脚にはほとんど感覚がない。
動かせるが、触ってもわからないという。
僕らの意見は、たぶんミニ・ストローク(軽度の脳梗塞)だろうということで一致した。
感覚がないと、歩くときにバランスを崩しやすいので、ヘレンが使っていたウォーカーを貸してあげることにした。
明日、また病院で診てもらうことにしているそうだ。大事に至らなければいいが。
posted by Tats at 14:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月14日

昨夜のディナー

2019.09.14.01s.jpg
昨夜は総勢8人で、3時間、飲み食いしておしゃべりして、とても楽しい夜だった。
セスはオイスターを持ってきてくれた。小ぶりだが、味が濃くて美味しい。
2019.09.14.02s.jpg
ローストポークは、150℃くらいでゆっくり加熱したので、柔らかく仕上がってよかった。
2019.09.14.03s.jpg
デザートは、またリナーテが作ってきてくれた。
ティラミスみたいな感じのチョコレートクリームケーキで、アイスクリームと一緒に食べるとぴったりだ。
2019.09.14.04s.jpg
昨夜来てくれた友人たちは、皆、ヘレンが逝ってしまった後、僕を食事やお茶に呼んでくれたり励ましてくれた。
彼らとの良い関係をこれからも大切にしていきたい。
posted by Tats at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月13日

夕食の仕込み中

今夜は友人たちを夕食に呼んだので、午後から仕込み中。
一人増えたので、総勢8人になる。
メインはロースト・ポークを作ることにした。
昨日の夜からガーリックとローズマリーをすり込んでマリネしておいた。
これからオーブンに入れて、一時間半ほど焼く。
2019.09.13.01s.jpg
スープはクラムチャウダー。
アサリが小粒で、殻から身を剥がすのが面倒くさいが、仕方がない。
2019.09.13.02s.jpg
後は、野菜を切って、オーブンで焼けば完了だ。
posted by Tats at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月12日

ピアノ曲ばかり聴いていた

ブルグミュラーの練習曲を聴き返したせいか、今週はずっとピアノ曲ばかり聴いていた。
バッハの平均律クラヴィーア曲集、ショパンやフォーレのノクターンは何度聴いても飽きない。心が静かになる。
さて明日は、また友人たちが6人、夕食に来る。にぎやかに過ごそう。何を作ろうかな。
posted by Tats at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月11日

18年前の今日起きたこと

18年前の今日、9月11日にアメリカで「September 11 attacks」が起きた。
その後の世界情勢を変えてしまった大事件だ。
今日は、オーストラリアでも、朝からニュースで取り上げられている。
「Harrowing images show true horror of 9/11, 18 years after tragedy that changed the world」
事件の真相をめぐって様々な憶測や陰謀論が唱えられたが、全貌はよくわからない。
しかし、3千人が亡くなり、6千人以上が負傷したことは確かなことだ。
来月中旬からカナダとアメリカへ行くのだが、最終地はニューヨークにした。
22年ぶりのニューヨーク、9・11の後の街がどんなふうに変わっているか、楽しみだ。
もちろんグラウンド・ゼロも見てくる。
posted by Tats at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月10日

また寒くなった

昨日から、シドニーは晴れのち曇り、時々シャワーという不安定な天気だ。
風が強く、陽が射さないので、まるで冬に戻ったように寒い。
その一方、クイーンズランドの方ではブッシュファイヤーが発生して、被害が出ている。
ゴールド・コーストに住んでいる、ヘレンのお姉さんのロアスから電話がきて、空気が煙たくて堪らないそうだ。
2週間後、僕もクイーンズランドへ行くので、ロアスのところも訪ねたい。早くブッシュファイヤーが収まってくれればいいが。
posted by Tats at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月09日

24日からクイーンズランドへ

9月24日から、クイーンズランドの家にいるチェスターを訪ねることにした。
むこうの家に置いてあるヘレンの服や家具を処分したいので、チェスターと二人で仕分けする。
たぶん服や身の回りのモノはほとんど寄付することになると思うが、家具はシドニーへ持って来たいものが少しある。数量が確定したら輸送手段を考えなければならない。
26日はチェスターの誕生日なので、一緒にどこかへ飲みにでも行こうと思う。
posted by Tats at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月08日

昨日は叔母の四十九日

2019.09.08.01s.jpg
昨日は、7月に亡くなったK叔母の四十九日。
奈良の実家で妹たちが法要を執り行ってくれた。
叔母は認知症を患い、車椅子生活だったが、ピアノだけは最期まで弾いていた。
記憶が曖昧になり言葉を失っても、人は音楽を忘れないらしい。
叔母はもう長い曲は弾けなくなっていたけれど、ブルグミュラーの練習曲やモーツァルトやショパンの小曲を弾くのが好きだった。
僕が5月に叔母を訪ねて行った時も、叔母は妹と一緒にピアノを弾いてくれた。
これは、Burgmüller 25 Étudesの全曲。
久々に全部通して聴いてみたが、改めて感激した。こんなに短い練習曲なのに、素晴らしい曲ばかりだ。
叔母のことを思い出してしまって涙が出るが。

ナーシングホームに叔母のピアノを寄付して本当に良かった。
これから先、また誰かが弾いてくれるいいのだが。
posted by Tats at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月07日

ベルナデッタとマリーとランチ

2019.09.07.01s.jpg
ベルナデッタとマリーとPenrithのクラブでランチ。
二人と最後に会ったのはヘレンの葬儀の時なので、4ヵ月以上前だ。
このクラブは、昔から二人と待ち合わせて、ヘレンと一緒にランチを食べに来たところなので、なんだか懐かしい。
チャイニーズ・レストランでランチを食べ、ラウンジでコーヒーを飲み、お互いの近況やヘレンの思い出話をしていると、あっという間に3時間半たっていた。
ヘレンのことを気兼ねなく話し合える人たちがいてくれるのはありがたい。
2019.09.07.02s.jpg
ベルナデッタの旦那さんのイーアンは6年前、脾臓ガンで亡くなった。
後片付けは大変だったと聞くと、イーアンは株や投資をやっていたのだが、具合が悪くなってからはいろいろな手続きを放ったらかしだったそうで、その事務処理が煩雑で、もう半年くらい、毎日アタマにきていたわよ、とベルナデッタは笑っていた。
posted by Tats at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月06日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

今日はお向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。
カリフラワーのスープに、
2019.09.06.01s.jpg
メインはドイツハムと野菜料理。
2019.09.06.02s.jpg
デザートは、イチゴのコンポートにアイスクリーム。
いつもながらリナーテの家庭料理はとても美味しい。
2019.09.06.03s.jpg
リナーテは、昨日colonoscopy(結腸内視鏡検査)を受けてきた。
2週間前くらいからずっとお腹の調子が悪かったので、医者に検査を勧められたそうだ。
コロノスコピーは僕も受けたことがあるので知っているが、前準備が結構辛い。
腸内をきれいにするため下剤と水をたくさん飲んで、頻繁にトイレに通い、前日は完全絶食になる。
なので、今日はやっとまともなモノが食べられるお祝いだ。
posted by Tats at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月05日

「Stravaganza!」at Paddington Town Hall

2019.09.05.01s.jpg
昨夜は、Paddington Town Hallで開催された「Stravaganza!」というコンサートを聴きに行ってきた。
先週末からやっていた音楽イヴェント「Eastside Sydney Music Festival」の最終日で、参加ミュージシャンがたくさん集まって、フィナーレを飾った。
ヴァイオリン5人、ヴィオラ2人、チェロ2人、コントラバス1人、ハープシコード2台、という編成のバロック・オーケストラだ。
2019.09.05.02s.jpg
メインの曲目はヴィヴァルディで、他にはポルポラ、コレッリ、ハイドンも演ってくれた。
まずはAntonio Vivaldiの「L'Olimpiade」から。

第一部の後半に演った、Nicola Porporaの「Il Gedeone」からの曲も素晴らしかった。
これは歌入りの原曲。

20分ほどの休憩をはさんで、後半。
やはり一番の聴き所はVivaldiの「La Stravaganza」だ。

最後は、Handelの「Cencerto HWV288」。

こういう地元に密着した音楽イヴェントは楽しい。来年もまたやってほしいものだ。
このオーケストラのダイレクターを務めたのは第一ヴァイオリンのRachael Beesley
演奏家としても音楽教師としても素晴らしく、youtubeに彼女のチャーミングなワークショップがアップされていた。

2019年09月04日

暖かいバルコニーで

2019.09.04.01s.jpg
今週はずっと天気が良くてうれしい。
陽当たりの良いバルコニーでランチを食べるのは暖かくて心地良い。
大学が休みのエミリーと一緒にランチを食べていたら、隣家の猫のジギーがやってきた。
ミルクをあげたのだが、ジギーは、エミリーに対してまだ警戒心が強く、なかなか近寄ってこない。エミリーが少しでも動くと逃げてしまう。
なので、エミリーは身を固くして、そろそろとランチを食べていた。
エミリーがいると、ジギーは家の中に入って来ない。馴染んでくれるのにまだ時間がかかりそうだ。
posted by Tats at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月03日

グリーフケア・サポート・グループ

昨日の午後、シティの最高裁判所からの帰り、「Bereavement Support Group」に参加してきた。
Bereavementは「死別」という意味で、The bereavedだと「遺族」だ。
グリーフケアのサポートをする組織で、病院のすぐ横の民家で開催されている。
2019.09.02.10s.jpg
イントロダクションが7月にあって、その日に来ていたのは二人だけだったが、昨日は、女性7人、男性2人の総勢9人で、ラウンジはほぼ満員になった。
二人のファシリエイターを前に、参加者一人ずつが簡単な自己紹介をした。人数が多いので、名前といつ誰を亡くしたか、今の心境を手短に話した。
僕が一番直近に死別を体験していた。半年から一年半前に旦那さんを亡くした女性が多い。
それからファシリエイターがGroup Norms(規範)を書いた紙を配り、このグループ内でのルールについて説明した。
皆が抱えている悲しみは一人ひとり違う、話を聞くだけ、意見は言わないこと、等々。
今の悲しみや亡くした人のことを語る時は、皆、涙ぐんだり、言葉に詰まってしまう。
ファシリエイターが、皆を落ち着かせるため、groundingをしようと言って、手と足の指を動かして、少し気晴らしをした。
それから、次は「Object Time」。
ファシリテーターが、恐竜や車のおもちゃ、ボール、人形、木の葉、ペーパークリップ等々、小さな子どもが集めたようなガラクタを箱から取り出してテーブルの上に広げた。
どれでもいくつでもいいから、自分の心にピンときた物を選んで手に取り、何かを話す。物に託して自分の思いを導き出す手法だ。
隣の女性は、手のひらに乗るくらいの球体の中に小さな球体が入っている置物を持って、これは閉じ込められている自分の心だと言った。
僕はサボンテンの鉢植えを選んだ。毛糸で編んだ丸いサボテンで、天辺に赤い花が咲いている。
このトゲだらけのサボテンは僕の悲しみのようだ。今、触ると傷ついて血が出る。でもここに咲いている花は希望だ。いつかトゲだらけの塊から花が咲くように、希望が生まれることを願っている、と話した。
最後に、Self-care Tips while Grievingというプリントをもらった。
こういうグループ・セッションに参加するのは初めての経験なので面白い。
男性の参加者が言っていたが、遠慮なく悲しみを表現できる場所、泣ける場所があることはとてもありがたいことだ。
このセッションは、毎月第一月曜日に開催される。何かがすぐに解決するわけではないが、それでもしばらくは参加してみようと思う。
posted by Tats at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年09月02日

遺言の検認申請書類を提出

2019.09.02.01s.jpg
今朝、シティのSupreme Court(最高裁判所)に行って、遺言の検認申請書類を提出してきた。
このビル(Law Courts Building)の上の階にはレストランもあって、見晴らしがいいので、何度か来たことがある。
一階にも居心地の良いラウンジがある。
ビルの中に入るには、空港にあるようなX線のセキュリティ・チェックをくぐらなければならないが。
2019.09.02.02s.jpg
レジストリ(様々な書類を提出する所)は5階にある。このフロアも窓から外が見え、明るくていい。
窓口の係員は親切で、丁寧に書類をチェックしてくれた。
2019.09.02.03s.jpg
ようやく申請できて、ほっと一安心した。
2、3週間後、NSWでの検認が取れたら、次はQLDの最高裁判所へも検認申請しなければならない。
まあ、こちらは、NSWでの検認書を提出すればいいので、簡単だろう。
posted by Tats at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記