2019年08月19日

一人でのブッシュ・ウォーキング

2019.08.19.01s.jpg
昨日ブッシュ・ウォーキングに行ったのは、Springwoodという、ブルーマウンテンの麓の町だ。
うちから車で一時間半ほど走ったところにある。
春を迎えた山では、椿の花はほとんど散って、地面を彩っていた。
2019.08.19.02s.jpg
その代わり、ワトルが咲き誇り、
2019.08.19.03s.jpg
桜も咲き始めていた。
2019.08.19.04s.jpg
この桜の樹はもう満開だった。
2019.08.19.05s.jpg
この辺りにはブッシュ・ウォーキング・トラックが何箇所かあるが、昨日選んだのは、Birdwood Gully。
昔ヘレンと一緒に山歩きに来た所の一つだ。
谷底への道の入り口は、ごく普通の民家の横にある。
2019.08.19.06s.jpg
山道を30分ほど降りていくと。
2019.08.19.07s.jpg
小川が流れる谷底につく。
5月に日本に行った時、京都の山を歩いたのだが、その風景と似ている。
2019.08.19.09s.jpg
大きな岩の下は影になり、空気がひんやりする。日向を歩いているときは汗だくだったが。
2019.08.19.08s.jpg
ガムトゥリーの巨木の下で休憩し、登り道に向かう。
トータル二時間くらいのウォーキングだが、やはり山道は疲れる。
2019.08.19.10s.jpg
今回、一人で山歩きをして、今の自分がどう感じるかを確認したかった。予想はしていたが、やはり、一人で歩くのは寂しい。誰かと一緒に体験を分かち合えないことは、想像以上に辛い。きれいな花を見ても虚しく感じる。一人で山歩きをするのはもう嫌だ。
シドニーにはブッシュ・ウォーキング・クラブがたくさんある。この先、僕もそうしたクラブに参加するほうがいいだろう。誰かと一緒のほうが安全だという理由もあるし。
posted by Tats at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記