2019年06月24日

明後日の夜、シドニーへ

今朝、叔母の主治医から話を聞いた
微熱は続いているが、鎮痛剤が効いたようで、脚や胸の痛みを訴えるような仕草をしなくなった。
活力レベルは低いが、尿も出ている。
叔母が苦しまないでいてくれることが一番良いことだ。
この先、点滴だけでいつまでもつのか、誰にもわからない。
今のところ、僕がここにいてもできることはないので、明後日の夜の便でシドニーへ帰ることにした。
シドニー空港着は27日の朝になる。
日本へ来てからのこの一週間はとても長く感じた。
30℃の蒸し暑い奈良から、20℃近く寒いシドニーへ帰るのは身体にこたえるが 今はもうシドニーが懐かしい。
posted by Tats at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本でのこと