2019年06月22日

叔母の主治医と面談

今日の午前中、病院で叔母の主治医と面談し、いろいろな検査結果を聞いた。
・CTスキャンでは内臓や骨にガンは見られなかった。
・腎機能は良好。尿がちゃんと出ている
・血液の状態が良くない。骨髄抑制を起こしている可能性あり。
・37.7℃の微熱が続いている。体のどこかに感染症がある可能性が高いが特定できない
 今まで使っていた抗生剤を一旦中断してみる。
・下肢のあたりに痛みがあるようなので、痛み止めを点滴に入れてみる。
残念ながら有効で積極的な治療はもう望めない。
ペインコントロールに気を付けて、叔母が苦しまないよう、お願いしてきた。
posted by Tats at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと