2019年02月28日

Kisqaliをさらに半減

ヘレンは背中の痛みが引かず、少し歩いただけで、疲れて横になってしまう。
赤血球・白血球が半減しているので顔色も良くない。身体にまるで力が入らないと言う。
それで、今日からKisqali (ribociclib)をさらに半量の200mg/dayに減らすことにした。
標準治療での推奨量は600mg/dayだが、ヘレンには強すぎるようだ。
朝、GP(一般医)に行って、血液検査を受けてきた。来週月曜日に結果を聞きに行く予定だ。

2019年02月27日

Maroubra Beachで夕食

2019.02.27.01s.jpg
昨夜は友人たちと一緒に総勢7人でMaroubra Beachのクラブへ夕食に行ってきた。
2019.02.27.02s.jpg
ジョージ&ファーンと
2019.02.27.03s.jpg
リナーテ&アーヴィン。
皆、二ヶ月ぶりの再会を喜んでくれてうれしい。
2019.02.27.04s.jpg
posted by Tats at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年02月26日

背中の痛み

2019.02.26.01s.jpg
この数日、ヘレンは背中に痛みが出てきたので、午後はベッドで横になっている。
Kisqali (ribociclib)の副作用で血球数が半減しているため顔色が青白く元気がない。
今朝、買い物に行った時も車椅子に乗せて行った。ウォーカーで歩くのは辛いと言う。
Kisqaliは来週月曜日で二週間の服用期間が終わる。それから二週間休薬し、また投薬を始める。
ちょうどその頃に、ヘレンは左目の白内障の手術をするのだが、大丈夫だろうか。

2019年02月25日

庭の手入れ

2019.02.25.01s.jpg
今日ようやく庭の芝生の手入れを終えた。
雑草を引き抜き、芝生を短く刈り込んだ。
伸びすぎた芝生は長すぎて一度では刈れないので、芝刈り機のブレードの高さ変えて、二度刈りした。
シドニーでは40℃近い猛暑だったため、芝が茶色に変色して痛々しい。
これからは最高気温25℃くらいなので、しばらくすれば回復してくれるだろう。
次は、ブーゲンビリアなど庭木の伸びすぎた枝を払ってやる。
2019.02.25.02s.jpg
posted by Tats at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年02月24日

シドニーへ戻ってきました

タムワースのファームで一泊し、昨日の夜、シドニーの家へ戻ってきた。
シドニーへ遊びに来ていたアナ一家、それからポール一家も来てくれたので、皆で一緒に夕食。
お向かいのリナーテも顔を見せに来てくれた。
今夜はリナーテが夕食に呼んでくれて、ありがたい。
やっぱり家族や友人たちと過ごす時間は楽しい。
今日は、丸一日、家や庭の掃除。
二ヶ月も家を留守にしたのは初めてだ。
庭の草がぼうぼうに伸びて、所々30センチもある。
郵便物の整理もあるし。このパソコンもWindows Updateがたまりまくっていて、更新が終わるのに一晩中かかった。
明日も、家の掃除と買い物で一日かかりそうだ。
posted by Tats at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2019年02月21日

屋根のペイントは延期

s-2019.02.21.01.jpg
今朝、ペインターが来て準備をしていたところ、急に黒い雲が広がり、シャワーが降ってきた。
サイクロンがクイーンズランドの沖合いに居座っていて、海側はどこも大荒れだ。
幸いうちの辺りは強い風が吹いているくらいなので、ペンキ塗りは可能かなと思っていたが、やはり無理なようだ。
天気予報では来週も雨が多そうなので、屋根のペイントはしばらく延期することになった。
なので、明日、タムワースに向けて発ち、土曜日の夜にシドニーの家に帰る予定だ。

2019年02月20日

屋根のクリーニング

s-2019.02.20.01.jpg
今朝から業者が来て、ソーラーパネルを取り付けるための下準備。
まずは屋根のクリーニングと腐食した古いペイントを剥がす。
滑りやすい屋根の上で、水がジェット噴射しながら重たいワイヤーブラシが回転するクリーナーを操るのは重労働だ。
s-2019.02.20.02.jpg
丸一日かかって、ガゼボと
s-2019.02.20.04.jpg
納屋の屋根もきれいにしてくれた。
s-2019.02.20.05.jpg
古いペイントが剥がれて、すっかり白くなった屋根。
s-2019.02.20.06.jpg
明日から、塗装に入る。

2019年02月19日

また痛みが出てきた

ヘレンは今日からまたKisqali(ribociclib)を飲み始めた。2週間飲んで、2週間休む。
昨日から、身体の左側、特に肩から肋骨にかけて痛みが出てきたと言う。
あまり動きたくないとのことで、午後はベッドで横になっていた。
今のところパナドールを飲んで痛みを抑えている。これ以上痛みがひどくならなければいいが。

2019年02月18日

古いソーラーパネルの撤去

s-2019.02.18.01.jpg
今日はソーラーパネルの業者が来て、古いパネルの撤去作業。
古い14枚を取り外し、新しいパネルを20枚設置する。
設置作業は一日で終わるが、その前に、屋根の清掃と塗装をするので、トータルで一週間くらいかかる予定だ。
s-2019.02.18.02.jpg

2019年02月17日

メイヴィス&ケンが来てくれた

s-2019.02.17.01.jpg
今日は、ヘレンの妹のメイヴィスとパートナーのケンが遊びに来くれた。
ケンは前立腺ガンに糖尿病に血栓症なので、病院通いで忙しい。そんな中、二人で来てくれてありがたい。
モーニングティーからランチ、
s-2019.02.17.05.jpg
プールで泳いだりして、一日のんびり楽しんだ。
s-2019.02.17.02.jpg
ケンの犬のジャックはもう歳なので、暑いコンクリートの上を歩きたがらない。
ヘレンのウォーカーに乗せて、タオルで日陰を作ってやった。これなら皆がプールで泳いでいる姿を見ながら昼寝もできる。ジャックは気に入ったようで、すっかりくつろいでいた。
s-2019.02.17.03.jpg
家の中に戻るときも、ヘレンのタクシーサーヴィス付きである(^^)。
s-2019.02.17.04.jpg

2019年02月16日

最高気温が30℃を切るようになった

s-2019.02.16.01.jpg
今年のオーストラリアの夏は猛暑で、各地で40℃を越える日が多かった。
ブッシュ・ファイヤーやダスト・ストームが発生し、大きな被害が出た。
今でもクイーンズランドの北は洪水、内陸部は干ばつで、大変なことになっている。
幸いうちの辺りは、ずっと30℃前後で安定しているのでありがたい。
今日は28℃までしか上がらなかった。30℃を切るとずいぶんしのぎやすい。
プールの水は温かく、陽射しが心地良い。
来週末にはシドニーの家へ戻る予定だ。
あちらは最低気温が20℃以下になるようで、暑さに慣れた身には、肌寒く感じるだろう。

2019年02月15日

チェスターの家で手伝い

s-2019.02.13.01.jpg
二日間、チェスターの家で、荷物整理などの手伝いをしてきた。
トレーラーに不要な家具を積んで売りに行ったり、
s-2019.02.13.03.jpg
枯れ木や雑草を集めて捨てに行った。
森の中なので家の周りを片付けるだけでも大変である。
s-2019.02.13.04.jpg
それから、芝刈り機が故障したので、修理に持っていった。
隣町にリタイヤしたメカニックがいて、腕がいいと聞いたので行ってみると、自宅の庭には修理中の芝刈り機がたくさん置かれていた。
s-2019.02.13.05.jpg
気さくなご夫婦で、裏庭の畑でカボチャがいっぱい取れたので、好きなだけ持って行きなよ、と言ってくれた。
s-2019.02.13.06.jpg
40℃になる猛暑のため料理する気が失せ、夕食は外へ食べに行った。
車で30分ほど走ったBlackbuttという町には、100年以上も続くホテルがある。
s-2019.02.13.07.jpg
入り口の天井には、三代目のオーナーが子供の頃使っていたという三輪車が逆さまに飾られていたりして面白い。
s-2019.02.13.08.jpg
この町は林業で発展し、牛を使って木材を運んでいた。
ビストロには当時の古い写真や巨大なノコギリなどが飾られている。
s-2019.02.13.09.jpg
こんな暑い日にはクーラーのきいた部屋で冷たいビールを飲みながら食事をするのが最高だ。
s-2019.02.13.10.jpg

KISQALIを減量

昨夜、チェスターの家から戻ってきた。
s-2019.02.12.01.jpg
三日前12日の午前中、ヘレンを連れて総合病院へ行き、心電図を取って、オンコロジストと面談してきた。
心電図は異常なかったが、血液検査の結果は、白・赤血球数が正常値よりかなり低い。やはり骨髄抑制が見られる。
ヘレンの場合、KISQALI(ribociclib) 400mg/dayを飲んで、三週目になると、身体の痛み、皮膚の痒み、頭痛、排尿障害が出てくる。
それで、医者と相談の結果、KISQALI(ribociclib) 400mg/dayを二週間飲んで、二週間休む、というサイクルで試してみることになった。
標準治療では、600mg/dayを三週間服用なので、かなり少量でのトライアルだ。
二ヶ月後、乳がんマーカーを含めた血液検査をして、効果の測定をする。
s-2019.02.12.02.jpg

2019年02月12日

オンコロジストと面談

今日は午前中、ヘレンを病院へ連れて行き、心電図を取ってから、オンコロジストと面談。
血液検査の結果はどうだったか気がかりだ。
午後は、チェスターの家に行って、倉庫の荷物整理の手伝い。帰ってくるのはたぶん2,3日後の予定。

2019年02月11日

庭仕事

s-2019.02.11.01.jpg
今朝は曇っていたので、三人で庭の手入れ。天気がいい日はあまりに暑くて庭仕事はできない。
チェスターが芝を刈り、ヘレンが古いバラの花を摘み取っている間、
s-2019.02.11.02.jpg
ぼくはライン・トリマーで端をきれいにカットした。
s-2019.02.11.03.jpg
気温は28℃くらいなのだが、蒸し暑いので、皆、汗だくである。
曇っているので直射日光に当たらないだけましだが。

2019年02月10日

Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-tha

s-2019.02.10.01.jpg
昨日、うちから南西へ1時間ほどのところにある、Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-thaに行ってきた。
チェスターはブリスベンに住んでいたこともあるので、この辺りの見所はよく知っているが、ぼくとヘレンは初めてだ。
ブリスベンのシティから西側は急に山道になり、Mt Coot-tha(マウント・クータ)という山に、広い森が広がっている。その山の斜面に、植物園が作られていて、プラネタリウムやライブラリもある。入場料は無料。
まずは入り口近くのカフェでランチ。
s-2019.02.10.02.jpg
このカフェは園内を見下ろせるので、見晴らしがいい。
s-2019.02.10.03.jpg
ランチを食べ、地図を見ながら、車椅子でも行きやすそうなところをピックアップ。
園内は広いので、歩いて見て全部を回るのはまず無理だ。
s-2019.02.10.04.jpg
ランチの後、カフェの近くにある熱帯植物のドームを目指して歩く。
s-2019.02.10.05.jpg
道の途中には、食虫植物や
s-2019.02.19.06.jpg
サボテンの大群。
s-2019.02.19.07.jpg
面白いサボテンがたくさんあって見飽きない。
s-2019.02.19.08.jpg
s-2019.02.19.09.jpg
熱帯植物を集めたドーム。
s-2019.02.19.10.jpg
中へ入ると、アフリカから来た撮影隊がファッションの写真撮影をしていた。
男性モデルはコンゴから、女性のスタッフはジンバブエから来たそうだ。
気のいいモデルの男がヘレンの車椅子をスロープの上まで押して行ってくれた。
s-2019.02.19.11.jpg
ドームの真ん中には池があり、睡蓮が咲いていた。
s-2019.02.19.12.jpg
水辺にはカエルではなくて、ウォーター・ドラゴンが寝そべっていた。
s-2019.02.19.13.jpg
ドームの向かい側には、Farnhouseがあり、シダ類が見られる。
s-2019.02.19.14.jpg
熱帯雨林の中を歩いているような大きなシダ。
s-2019.02.19.15.jpg
次は、日本庭園へ。
1988年に万博がブリスベンで開催された。ブリスベン・リヴァーの辺りに各国のパヴィリオンが建ち並び、World Expo 88は大成功を収めた。
万博が終わった後、日本館にあった庭園を、この植物園に移動したそうだ。
s-2019.02.19.16.jpg
庭園の名前は「遊翠園」。
s-2019.02.19.17.jpg
店内は良く手入れされて、気持ちがいい。桜やサツキの花が咲く頃にまた来たいものだ。
s-2019.02.19.18.jpg
茶室があるといいのだが。
s-2019.02.19.19.jpg
池に鯉がいないのは残念。代わりにウォーター・ドラゴンがここでものさばっている。
昔、チェスターが来たときはランチを狙って、大きなドラゴンたちがぞろぞろ寄ってきたそうだ。静謐な日本庭園にトカゲがうようよいるのは可笑しい。
s-2019.02.19.20.jpg
日本庭園の後は、樹や花をみながら出口へ向かう。
s-2019.02.19.21.jpg
花の蜜を求めてロリキートがたくさん群がってた。
s-2019.02.19.23.jpg
これは火山岩を利用したオブジェ。
s-2019.02.19.22.jpg
大きなカボチャが飾られていたインフォメーションセンターでひと休み。
s-2019.02.19.24.jpg
壁に貼ってあったMt Coot-thaの地図。山の周りを回ってから帰ることにした。
s-2019.02.10.19.jpg
まずは山の頂上へ。ここは人気のスポットらしく、観光客で賑わっていた。
s-2019.02.10.20.jpg
ブリスベンの街が一望できる。
ぼくが生まれた神戸とブリスベンは姉妹都市だ。六甲山から見下ろす神戸の街並みが似ている。六甲山牧場にはオーストラリアの羊もたくさんいるし。
s-2019.02.10.21.jpg
帰りは山の中をのんびり走り、所々で停まりながら景色を楽しんで、うちに戻ってきた。
s-2019.02.10.22.jpg

2019年02月09日

ブリスベン植物園

今日はブリスベンの植物園に行って一日楽しんできた。
初めて行ったのだが、素晴らしいガーデンで気に入った。
写真をいっぱい撮ったので、詳細は明日にでも。

2019年02月08日

ソーラーパネル業者と打ち合わせ

s-2019.02.08.01.jpg
今日はソーラーパネル業者と打ち合わせ。
うちの家の屋根には、ソーラーパネルが設置されているのだが、老朽化して発電量が少ない。
設置場所も北側にしかないので、新たに西側にも設置したい。
以前からやりたかったのだが、去年はヘレンの入院もあってできなかった。
まず古い設備を撤去し、屋根を全部塗り直す。メタルルーフなので、コーティングが剥がれると、あっという間に錆びてしまう。高圧洗浄機できれいに洗浄してから、5層も塗るそうだ。
それからパネルを20枚、北側と西側に設置する。南半球なので、北と西が日当たりがいいのだ。
発電容量は6.6kWで、総額見積もりは、日本円にして、200万円くらい。パネルの保証期間は12年だ。
昔に比べてソーラーパネルの性能が良くなり、値段も下がった。
低価格のパネルを使えばもっと安くなるのだろうが、オーストラリアでは、品質と価格ががほぼ比例する。値段が高いモノが優れているとは限らないが、優れたモノはだいたい値段が高い。
屋根の塗り直しとパネル設置で、この値段なら妥当だと判断したので、契約することにした。

2019年02月07日

血液検査

s-2019.02.07.01.jpg
今日はヘレンの血液検査。
KISQALI(ribociclib)を飲んでいるので、3週間の服用後、血液と心臓を定期的に検査する。
来週、心電図を取り、火曜日にオンコロジストと面談する。
s-2019.02.07.02.jpg
ヘレンは左脇と肩の痛みが引かないので、パナドールを飲んでいる。歩くと痛いので、外出するときは車椅子を使っている。
KISQALIの副作用で血球数が減っているので顔色が悪い。文字通り血の気が引いたような青白い顔を見るのは辛い。

2019年02月06日

痛みと抜糸

ヘレンがガン治療薬として飲んでいるKISQALI(ribociclib)は、3週間飲んで一週間休むというサイクルだ。
副作用として、白血球・赤血球が減少し、背中にかゆみ、身体に痛みが出る。
一昨日、KISQALIの3週目が終わった。
左脇に発生した痛みを抑えるため、Panadol Osteoという、こちらではよく使われる市販の鎮痛剤を、昨日から飲んでいる。
なんとか夜眠れるくらいには痛みが軽減されたようだ。
s-2019.02.06.10.jpg
今日は、スキン・クリニックで抜糸。
2週間前、ヘレンは定期検査で、右の脛の皮膚にあやしい箇所が見つかったので、皮膚ガンになる前に切除手術をした。
5針縫っただけだったので、抜糸はあっという間に終わった。縫合跡がもう少しきれいになってくれればいいが。
s-2019.02.06.11.jpg

ロジャー&サンドラが遊びに来た

s-2019.02.06.01.jpg
友人のロジャー&サンドラが昨日から遊びに来て、うちに泊まっていった。
犬のサリーも何度かうちに来ているので、すっかり馴染んでいる。
昨年末に二人の家を訪れたが、ロジャーはお姉さんの葬儀のためイギリスに里帰りしていたので会えなかった。
ロジャーの親族が住む田舎はロンドンの南東の海沿いにある。海風が冷たいが、家の中は温かいので快適だったそうだ。
彼のお土産話を聞き、飲み食いして、庭のプールで泳ぎ、スクラブルをやったり、楽しい一日だった。
s-2019.02.06.02.jpg

2019年02月04日

左肋骨に痛み

この二週間ほど、ヘレンの容態は安定していたのだが、今日の午後、左の肋骨辺りが急に痛みだした。
特に無理な力をかけて何かをしたわけではないので、やはり、ガンが巣食っている骨から来ているのだろう。
夕食は半分ほど食べただけで、すぐにベッドで横になってしまった。
明日は友人夫婦がゴールドコーストから遊びに来て、一泊していくので、ヘレンは朝から料理をすると張り切っていたのだが。

2019年02月03日

ミシンの練習

s-2019.02.03.01.jpg
昨夜から雨が降ったりやんだりしている。しばらくぶりなのでありがたい。
気温も30℃以下に下がってしのぎやすい。
午後、中断していたミシンの練習。
直線縫いの次はジグザグ縫いをやってみた。ちょこまかと左右に動く針の動きが面白い。
古いTea Towl(ふきん)の補修をやってみた。
もう何十年も使っていて、端っこがほつれている。
リネン100%でモノはいいので捨てるにはもったいない。
s-2019.02.03.02.jpg

2019年02月02日

裏庭のヘビ

チェスターの家に行ったため中断していた作業を再開。
裏庭に面したパティオの敷石の隙間を砂で埋めた。
昨夜、少しシャワーが降ったので、ちょうど良いタイミングだ。
s-2019.02.02.01.jpg
作業の途中、家の中で休憩していると、鉢植えの手入れをしていたチェスターが、ヘビがいる!と言ってきたので、ヘレンと一緒に見に行った。
s-2019.02.02.02.jpg
植木鉢の後ろに、Carpet Snake(カーペット・スネイク)がとぐろを巻いていた。
まだ2メートルくらいなので、若いのだろう。
s-2019.02.02.03.jpg
カーペット・スネイクはこの辺りにたくさん住んでいる。毒は持っていないし、おとなしいので、あまり表に出て来ない。こんなに間近で見たのは初めてだ。
s-2019.02.02.04.jpg

2019年02月01日

チェスターの家から帰宅

s-2019.02.01.01.jpg
昨夜、チェスターの家から帰ってきた。
チェスターは家を貸すため、不要な家具や自分の荷物を整理しないとならない。
重い物を運ぶのに人手がいるので、手伝いに行った。
納屋も洗濯室もモノがあふれかえり、どれがガラクタなのかよくわからない状態だ。
s-2019.02.01.03.jpg
なんでこんなにいっぱいあるのよと呆れ顔のヘレン。
s-2019.02.01.04.jpg
2日かけて分別し、売れるものがあるか、古道具屋に見に来てもらったりした。
まだまだ手がかかりそうなので、再度出直すとして、一旦うちに帰ることにした。
ファームエリアを走り、途中にある森や村に立ち寄ったりしながら、のんびり帰ってきた。
この辺りは林業が盛んで、植林された大きな森がある。
s-2019.02.01.10.jpg
Bunya Pineという松の木は、クイーンズランド原種の松で、高さは30メートルを越え、樹齢500年に達するそうだ。
この樹の松ぼっくりは巨大で、直径30cmもある。
固くて重いので、頭に落ちてきたら大変なことになるだろう。
s-2019.02.01.11.jpg
Blackbuttという小さな町にある「Bunya Nut Cafe」は、ぼくらのお気に入りで、昨日もランチを食べに寄った。
レジの横で、Bunya Pineの大きな松ぼっくりが売られていた。飾っておいてもいいし、中のパインナッツは食べられる。
s-2019.02.01.12.jpg
カフェのダイニングエリアは、この土地の木材をふんだんに使ってある。
s-2019.02.01.13.jpg
2年前にできたバー。
s-2019.02.01.14.jpg
居心地がいい奥のコートヤードで、
s-2019.02.01.15.jpg
巨大なバーガーを食べて満足である。
s-2019.02.01.16.jpg