2019年01月11日

オンコロジストと面談

s-2019.01.11.01.jpg
今日は病院でオンコロジストとの面談。
三ヶ月ぶりに会う主治医は、ヘレンの快復ぶりに喜んでくれた。
残念ながら昨日受けた骨シンチの結果はまだ届いていなかったが、左肩の痛みも含め、ヘレンはこの三ヶ月の状態の変化を報告した。
KISQALI(ribociclib) の副作用で、白血球・赤血球数が正常値より低いが、定期的に血液検査や心電図検査を受けてモニターしつつ、400mg/日を飲み続けるようにと指示された。
s-2019.01.11.02.jpg
ランチは病院の向かい側にあるチャイニーズへ歩いていった。
4ヶ月前、ヘレンがこの病院に入院した頃は、ヘレンが再び道路を渡って歩けるようになるとは想像できなかった。
まだウォーカーが必要だが、歩ける距離が少しずつ伸びているのはうれしい。
s-2019.01.11.03.jpg
posted by Tats at 15:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活