2018年11月28日

1984年以来という豪雨


今朝6時ころ、猛烈な雷雨の音で目が覚めた。
激しい雨が窓を叩きつけ、雷が鳴っている。
普段なら空が明るくなっている時間なのに、外は真っ暗だ。
TVをつけてニュースを見ると、シドニーは1984年以来という豪雨に襲われていた。
家屋から道路、空港、駅も水浸しで、あちこちで被害が出ている。
一方、クイーンズランドの内陸部は、乾燥して熱風が吹き、ブッシュ・ファイヤーが発生しているのだから、アンバランスな天気である。
明日は豪雨が収まってほしいものだ。
posted by Tats at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記