2018年10月20日

Orquesta La Luna

2018.10.20.01s.jpg
昨夜は、Randwick Town Hallで「Orquesta La Luna」を観てきた。
シドニーでタンゴを演奏する5人組のグループだ。
ピアノ&ヴォーカルをやるリーダーを始め、バンドネオン、ヴァイオリン、コントラバスの各メンバーが、ものすごくうまくて、どの曲にも感激した。
ステージの前は観客が踊れるようダンスフロアとして空けてあったのだが、残念ながら踊ってくれたのは一組しかいなかった。タンゴをちゃんと踊れるカップルはそういないのだろうなあ。
このタウンホールは近所なので、観客の中にはぼくらの友人や知人もいた。
車椅子姿のヘレンを心配して、コンサートが終わってからも話しにきてくれた。
2018.10.20.02s.jpg

2018年10月19日

血液検査と心電図

2018.10.19.01s.jpg
今日はヘレンを連れて、血液検査と心電図を取りに病院へ。
この病院は巨大な総合病院なので、検査室へ移動するだけで時間がかかる。
病院内の床は平坦なので、車椅子を押して歩くのは、外の道路よりもずっと楽だが。
2018.10.19.02s.jpg
今夜は、近所のタウンホールへタンゴを聴きに行く。
コンサートに出かけられるのは3ヶ月ぶりなのでうれしい。
posted by Tats at 14:01| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月18日

10月からクリスマス商戦

2018.10.18.01s.jpg
今日は日本領事館へパスポートの更新に行ってきた。
シティは相変わらず、ライトレールの工事中なので歩きにくいし、バスルートが変わって混雑している。
領事館の待合室に人が一杯でちょっとびっくり。
顔見知りの警備員が教えてくれたのだが、10月から12月が一番忙しいとのこと。
年末年始を日本で過ごそうという人が多いのか? 日本のスキー場は有名だし。
ショッピングセンターではもうクリスマス・グッズが売られていた。
早すぎるのではと思うが、クリスマスまではあまりイヴェントがないので、しかたがないのだろう。
オーストラリアではハロウイーンは小さな子供たちだけものだし。
posted by Tats at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月17日

お向かいさんとお茶

2018.10.17.03s.jpg
今日の午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンが、コーヒーとケーキを持って訪ねてきてくれた。
ヘレンが階段の上り下りが大変なので、わざわざ来てくれてありがたい。
二人は今週末から南の別荘へ行くとのこと。
リナーテは10日ほど前に両脚の血管の手術をしたばかりなのだが、もう元気なものである。
posted by Tats at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

痛みが強くなったと言う

2018.10.17.01s.jpg
今日も車椅子とウォーカーをVANに積んで、ヘレンをGPへ連れて行ってきた。
先月クイーンズランドで処方されたArimidex(anastrozole)の在庫がもうすぐ切れるので、5ヶ月分の処方箋をもらった。
ヘレンがウォーカーで歩いていると、昨日よりも痛みがあると言う。
10月6日から飲み始めたKisqali(ribociclib)の副作用でなければいいが。明後日、病院で血液検査をするので、何かわかるだろう。
2018.10.17.02s.jpg
posted by Tats at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月16日

眼病院へ

今朝はヘレンを連れて、眼病院へ。
来月に白内障の手術を受けるので、問診票などの必要書類を提出した。そのあと、薬局で薬の補充。
明日はGPに会って、別の薬の処方箋をもらいに行かなければならない。
昨日、チェスターがクイーンズランドの家へ帰っていったので、ぼく一人で、車椅子とウォーカーを車に積んで、ヘレンの乗り降りを補助するのは、結構大変だ。車が停めにくい場所では難儀する。
二人いれば、一人がヘレンの補助をしている間に、車を移動したりすることもできるのだが。
posted by Tats at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月15日

Jervis Bayでの集まり

2018.10.15.01s.jpg
シドニーから南へ3時間ほど走ったところに、Jervis Bayという風光明媚なエリアがある。
真っ白で長く美しいビーチが続き、リゾート地として人気の場所だ。
先週末、二泊三日をそこで過ごしてきた。
2018.10.15.02s.jpg
ビーチのすぐそばにある一軒家を借りた。10人以上泊まれる広い家なので複数家族には便利だ。
2018.10.15.04s.jpg
ビーチ沿いのホテルに、家族や友人たちが集まってきて、
2018.10.15.05s.jpg
ビストロで一緒にランチ。久しぶりに会う人、初めて会う人もいて楽しかった。
2018.10.15.06s.jpg
この集まりを計画した後、ヘレンがガンで入院したので、来られるかどうか心配していたが、参加できて本当によかった。
2018.10.15.08s.jpg
夕方、海の向こうを見ると虹がかかっていた。シャワーが降っているのだろう。
2018.10.15.03s.jpg
posted by Tats at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月11日

明日から小旅行へ

明日から2泊3日で、シドニーから南へ3時間ほど走ったところに遊びに行く。
アナ&エイドリアンのベビーの1歳のお祝いに、家族で集まろうと以前から計画していた。
ところが宿の手配をしたとたん、ヘレンがガンで入院して、行けるかどうか心配していたが、ヘレンの体調が回復してくれてうれしい。
チェスターの車にトレーラーをつなげて、車椅子やウォーカーなどを積みこみ、明日の朝一で出発だ。
posted by Tats at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

白内障の手術をする

2018.10.11.01s.jpg
今日はヘレンを連れて眼科医へ、白内障の検査を受けてきた。
やはり両目とも手術が必要とのこと。
11月に二回に分けて手術をすることに決まった。
水晶体の代わりにレンズを入れるらしい。
何年か前、お向かいのアーヴィンも同様の手術をして、眼鏡なしで車が運転できるようになったので喜んでいた。
ヘレンは今、細かい文字がとても見えにくくて困っているので、手術で良くなってくれればいいが。
posted by Tats at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月10日

アクセシビリティを上げる

ヘレンが家の中で移動しやすいよう、アクセシビリティを上げる工夫を、チェスターと二人でしている。
不要なカーペットをはがし、動線上のじゃまになるモノを片付けたりした。
バスルームのドアの段差をなくすため、ゴムマットと組み合わせて、スロープを作った。
これでウォーカーのキャスターが引っかからず、スムースに出入りできる。
2018.10.10.01s.jpg
それから、家の正面ドアのステップの横に手すりを取り付けた。
一番上のハンドレールが届くのは来週になるので、とりあえず端材を仮止め。
2018.10.10.02s.jpg
これで家の出入りがしやすくなったと、ヘレンが喜んでくれてよかった。
たった三段のステップでも今のヘレンには一苦労なのだ。
2018.10.10.03s.jpg
posted by Tats at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月09日

白内障の検査

2018.10.09.01s.jpg
今日はヘレンのCataract(カタラクト:白内障)の検査。
こちらでは、目の検査は、まずoptometrist(オプトメトリスト:検眼士)に診てもらい、それから必要なら眼科医に紹介状を書いてもらう。
ヘレンは去年の検査で白内障があると言われていて、眼科医を予約していたのだが、ガンで入院したためキャンセルせざるをえなかった。
明後日、眼科医と会うので、手術が必要かどうかわかるだろう。
posted by Tats at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

シドニーで一週間たった

ヘレンがシドニーへ帰ってきて一週間たった。
ペイン・コントロールがうまくいき、容態が安定しているのでうれしい。
家族や友人知人が毎日のようにお見舞いに来てくれてありがたい。
2018.10.09.02s.jpg
2018.10.08.10s.jpg
2018.10.08.11s.jpg
posted by Tats at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月08日

オンコロジストと面談

今日は、ヘレンを連れて、POW(The Prince of Wales Hospital)のThe Bright Allianceへ。
ここはガンの研究&治療部門で、最新設備が整っている。
4年前ヘレンはここで放射線療法を受けた。
オンコロジストと面談し、この二ヶ月間のクイーンズランドでの容態や治療履歴について話した。
ニ日前から飲み始めたRibociclibの副作用をチェックするため、定期的な血液検査が必要なので、手配してもらった。自宅へ採血に来てくれるそうなので便利だ。
posted by Tats at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

入口のステップにハンドレール

2018.10.08.01s.jpg
家の正面入口のステップにハンドレールを付けるのだが、一番上のてすりに使う部材が在庫切れで、一週間くらいかかるとのこと。
とりあえず、今日は、縦柱を仮止めして終了。
木材はタスマニア産のオークなので、テクスチャーが良い。サンドペーパーで磨いて仕上げるときれいになるだろう。
posted by Tats at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月07日

車椅子生活は難しい

2018.10.07.01s.jpg
家の中で車椅子で生活するのはなかなか難しい。ちょっとした段差や床においてあるモノなどが邪魔になる。
オーストラリアでは全員Tax Refund(確定申告みたいなもの)を毎年10月末までに申告しなければならないので、ようやくヘレンも手を付け始めたのだが、ハサミを取りに行くとか、引き出しの中をあさって書類を探すとか、パソコンのところに行ってスキャンするとか、簡単な作業なのに車椅子で移動してやるのは面倒で時間がかかる。
それで午前中、ヘレンを手伝ってペーパーワークをした。
午後はチェスターも一緒にハードウェア・ストアへ。
トイレのドアのところに敷いて段差をなくすラバー・マットを買った。
家の入口にステップが3段あり、そこに手すりをつけようと思っているので、必要な部材を揃えた。
2018.10.07.02s.jpg
posted by Tats at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月06日

Ribociclibを飲み始めた

2018.10.06.01s.jpg
ヘレンは今日から新しい薬を飲み始めた。
Ribociclib(リボシクリブ:商品名KISQALI)といって、去年、アメリカのFDAで認可されたばかりの新薬だ。
日本語でも記事になっている。
FDAがリボシクリブをHR陽性HER2陰性の進行/転移性乳がんに適応拡大(2018年8月6日)
まだ新しい薬なので、手に入れるのに注文してから一週間ほどかかった。
値段を見てびっくり。200mg63錠で、$5,510.05もする。幸い、メディケアのおかげで自己負担は$38.50ですむが。
まずは一日一錠飲んで、様子を見るとのこと。副作用がなく、効いてくれればいいが。
posted by Tats at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月05日

家族が来てくれた

2018.10.05.01s.jpg
ヘレンは鎮痛剤のタペンタドール以外にも、抗女性ホルモンやカルシウム、マグネシウムなど、数種類の錠剤を飲んでいる。
それぞれ数量や服用時が異なるので、一週間分まとめて管理できるピル・ボックスを買ってきた。明日からもう一つ新しい薬が加わる。
午後、ヘレンのお見舞いに、エリザベスとポール一家が子供たちを連れて遊びにきてくれた。
5人の子供たちが唄を歌ったり、一緒に食事をした。
家の中で賑やかな子供たちの声が聞けるのは久しぶりでうれしい。
2018.10.05.05s.jpg
posted by Tats at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月04日

GPと面談

2018.10.04.01s.jpg
一晩ゆっくり眠って、ヘレンは落ち着いたようで、朝から家族や友人たちと電話していた。
今日は雨なのだが、GP(General Practitioner)に会うため外出。
クイーンズランドでの治療の経緯を報告し、新しい薬の手配をしてもらった。
階段を上り下りするのは一苦労だが、なんとか大丈夫だった。
2018.10.04.02s.jpg
posted by Tats at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月03日

ヘレンがシドニーへ帰ってきた

2018.10.03.01.JPG
今夜8時、チェスターがトレーラーに荷物を一杯積んで、ヘレンをシドニーへ連れて帰ってきてくれた。10日ぶりに会えて本当にうれしい。
まる二日間の車の移動で二人とも疲れたので、夕食後、すぐにベッドに入ってしまった。
ヘレンが二階への階段を上がれるか心配だったが、途中何度も休み休みしながらも、なんとか上がりきってくれた。
ウォーカーで楽に移動するには、カーペットを何か所か剥がさないとならないだろう。
明日からは、しばらくシドニーでの病院通いが始まるので忙しい。
posted by Tats at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月02日

ヘレンの帰りが待ち遠しい

今日は快晴で少し風もあり、絶好の洗濯日和だった。
庭仕事も一応完了。
あとは明日ヘレンが帰って来る前に、掃除機をかけて、食料の買い出しに行けばいいかな。
posted by Tats at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月01日

Royal National Park

2018.10.01.01s.jpg
今日はポール一家と一緒にRoyal National Parkへブッシュ・ウォーキングに行ってきた。
ここはポールの家から南へ30分ほどの近場にあり、広大なエリアに山から滝、川、海まで揃っているのでいろいろ楽しめる。
2018.10.01.02s.jpg
崖の端に柵とかはほとんどないので、落ちるときは自己責任で(^^;)。
2018.10.01.03s.jpg
駆け下りて行く子どもたちを先導に、森の中をのんびり歩く。
2018.10.01.04s.jpg
時々、1mくらいのゴアナがのし歩いていて、ぎょっとする。
2018.10.01.05s.jpg
春になり、暖かくなってきたので、ネイティヴ・フラワーがたくさん花をつけていた。花は小さいが可愛い。
2018.10.01.06s.jpg
2018.10.01.07s.jpg
2018.10.01.08s.jpg
バンクシアは花が終わって、松ぼっくりみたいな殻になっていた。
2018.10.01.10s.jpg
サルやヒトの顔に見えるものや、
2018.10.01.11s.jpg
2018.10.01.12s.jpg
モグラみたいな形もあって面白い。
2018.10.01.13s.jpg
3時間ほど山好きを楽しんでから、ポールの家に戻ってお茶。
三匹の猫たちと会うのは一ヶ月半ぶりなので、ぼくがソファに座っていると、誰?誰?なんか知ってる人?と寄ってくる。
2018.10.01.15s.jpg
さすがに一番猫のスィーティーはぼくのことを憶えていてくれたようだ。
2018.10.01.16s.jpg
下は、次はぼくも撫でてほしいなと順番待ちをしているプルートウ。
ちょっと見ないうちに大きくなっていてびっくりした。
2018.10.01.17s.jpg
posted by Tats at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

ヘレンは明後日シドニーへ

ヘレンは明後日、シドニーへ帰ってくる予定だ。
車椅子やウォーカー、トイレ用フレーム、commode(ベッドサイドに置くトイレ)などの補助器具を運ぶため、チェスターの車のトレーラーに積んでくる。
長距離の移動で、疲れが出なければいいが。
posted by Tats at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活