2018年10月31日

マルーブラ・ビーチでランチ

2018.10.31.10s.jpg
今日の午後は天気が良かったので、リタも一緒に、マルーブラ・ビーチへランチに行ってきた。
海辺のクラブの二階にあるビストロからは、きれいな海が見え、開放感に溢れている。
このビストロは眺めもいいし、値段も安いので気に入っている。
ヘレンはあまり食欲がないというので、スープとパンだけ。
2018.10.31.11s.jpg
食後、ヘレンの車椅子を押してビーチ沿いを散歩。
潮風と暖かい陽射しが心地良く、いつまでも居たかった。
2018.10.31.12s.jpg
posted by Tats at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

血液検査

今日はヘレンの血液検査のため、検査技師が採血に来てくれた。
ヘレンのような車椅子生活者にとっては、とてもありがたいサービスだ。
この検査は、ヘレンが飲んでいる乳ガンを抑える薬Kisqali(ribociclib)の副作用が出ているかどうかを調べるため。
Kisqali(ribociclib)の錠剤200mg/日を21日間服用し、一週間休み、血液検査を二回と心電図を一回とって、副作用がなければ、400mg/日に倍増して、一週間服用する、というスケジュールだ。
来週、月曜日にオンコロジストと面談し、検査結果をもとに、Kisqali(ribociclib)の服用を続けるかどうか、決めることになっている。
posted by Tats at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月30日

セシリアが来てくれた

2018.10.30.01s.jpg
今日のヘレンは、腰と脚の痛みが強いというので、ずっと家に居た。
昼近く、友人のセシリアが遊びに来てくれた。
友人のニールが亡くなったと聞かされてびっくり。
9月に脳腫瘍が見つかり、あっという間に逝ってしまったそうだ。
82歳という年齢なら、ガンはそんな急に広がらないと思っていたのだが。
ニールはセシリアの家の近所に住んでいて、時々、皆で集まって楽しく飲み食いした。
釣りが好きで、朝早くから海に出かけていた。
とても元気そうだった姿を思うと、まだ信じられない。
posted by Tats at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月29日

新しいテナント

今日は朝から雲が多く、今にも雨が降りそうだったが、なんとかもってくれた。
ボンダイ・ユニットでの契約作業中に雨が降らないでくれてほっとした。
ヘレンが階段を上がれないので、裏庭で手続きをしたのだ。
もし雨風が強いと、外に居るのは、喉を痛めているヘレンには良くない。
新しいテナントはポーランド人とエジプト人のカップル。
ロンドンから引っ越してきたばかりだが、二人は以前ボンダイに住んでいたので、この辺りのことはよく知っている。
信頼できそうなカップルなので、長く住んでくれるといいが。
posted by Tats at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月28日

急に寒くなった

昨夜、急に雨が降ってきて、気温が下がった。風も強く肌寒い。このところ天気が不安定で困る。
ヘレンは昨日の来客続きで疲れたのか、今日は一日中家に居た。
まだ咳が出るので、こんな日は外に出ないほうがいいだろう。
明日は、二人でボンダイ・ユニットへ行って、新しいテナントと会い、契約手続きをしなければならない。
雨が降らないでほしいものだ。
posted by Tats at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月27日

来客の一日

2018.10.27.01s.jpg
今日は朝から来客が絶えず、忙しくも楽しい一日だった。
クリスのお母さんのリタがアメリカから来て、それから、友人のシャーリーがヘレンのお見舞いに来てくれた。
夜は、ヘレンの姪のジュリーとパートナーのロスが来てくれた。
ローストビーフを作っておいたので、ワインを空けて一緒に夕食。
ジュリーとパートナーはこの週末、シドニーへ開催されているInvictus Gamesを観に来ていた。
二人と会うのは数年ぶりで、夜9時過ぎまでおしゃべりしていた。
2018.10.27.02s.jpg
posted by Tats at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月26日

Saddlesでランチ

2018.10.26.01s.jpg
今日はシドニーから北の方へ一時間ほど走った所にある、Saddles(サドルズ)というレストランで、アナ&エイドリアンと彼らの友人たちと一緒にランチ。
残念ながらモニークは来れなかったので、ベビーには会えなかった。
2018.10.26.07s.jpg
Mount Whiteという、携帯電話の電波も届かない山の中に、John Singleton(オーストラリアでは有名な起業家)が、自分の趣味を満載したレストランを作り上げた。
エイドリアンの弟のキャメロンと奥さんのヘイリーがレストランを仕切っている。
レストランの横には大きな池と滝が作られていて、バルコニーからの眺めは開放感たっぷりだ。
2018.10.26.02s.jpg
カウンター席には、店の名前の由来になった、サドルが並ぶ。素材もデザインも見事な作品だ。
2018.10.26.05s.jpg
店内は天井が高く、調度品もユニークだ。
2018.10.26.04s.jpg
居心地が良いので、いつまでも居たい気持ちになる。
2018.10.26.06s.jpg
店の片隅にはピアノが置いてあり、弾いて楽しめる。
2018.10.26.10s.jpg
料理は、メインで$35程度と、安くはないが、吟味された素材とシンプルな調理で、どれも美味しい。
平日の午後なのだが満席で、皆楽しそうに食事をしていた。
2018.10.26.03s.jpg
posted by Tats at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月25日

まだ咳や痰が出る

ヘレンは喉の感染症のため、昨日から抗生剤を飲み始めたが、まだ咳や痰が出るので、今日は外出は控えた。
明日は、シドニーから北へ一時間ほどのところにある山の中のレストランへランチに行く。
エイドリアンの妹のモニークのベビーが見れるので楽しみだ。
posted by Tats at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

メッシュ・ドアのローラーを交換

2018.10.25.01s.jpg
裏庭に面したバルコニーに出るスライディング・ドアにはメッシュ・ドアも付いているのだが、しばらく前から滑らかにスライドできなくなっていた。
手で引き開けようとしてもがたがたして、レールに引っかかる。
なのでメッシュ・ドアを外し、ひっくり返して調べてみた。
2018.10.25.02s.jpg
レールに乗るように小さな車輪が付いていて、concave roller(凹形のローラー)と言うのだが、これが見事に破損していた。
プラスティック製だし、直射日光が当たり雨も入り込む部分なので、劣化が早いのだろう。
2018.10.25.03s.jpg
近所のハードウェアショップに行くと、幸い、同じサイズのローラーを売っていた。
交換すると以前のようにスムースに動くようになりホッとした。
posted by Tats at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月24日

抗生剤をもらってきた

今日もヘレンの咳がおさまらず、気管支のあたりまで炎症がきているようなので、GPに連れて行って、抗生剤をもらってきた。
こちらで良く処方される定番のAmoxicillinである。
抗生剤が効いて、早く良くなってくれるといいが。
posted by Tats at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月23日

メイが来てくれた

2018.10.23.01s.jpg
今日は友人のメイが訪ねて来てくれた。
メイはぼくらのヨーガの先生で、ぼくがクイーンズランドに行く前から、ヘレンの容態を伝えていた。
今朝のヨーガのレッスンが終わってから、きれいな花を持って、お見舞いに来てくれた。
思ったよりヘレンが元気そうなので喜んでくれた。皆に見せてあげたいからと、写真を撮ってくれた。
2018.10.23.02s.jpg
写真では元気そうに写っているが、ヘレンは今日も咳をしている。
もし明日もまだ咳が続くようなら、抗生剤をもらいに行くかもしれない。
posted by Tats at 17:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月22日

痰が出始めた

2018.10.22.02s.jpg
ヘレンの咳が止まらないので、喉の痛みと咳を抑える飲み薬を買ってきた。
痰が出始めたので、回復基調にはあるのだろう。
昼食後、バルコニーに出て日向ぼっこし、うつらうつらしていた。
午後から天気が良くなったので、公園にでも行こうかと誘ったが、大事を取って、咳が止まるまではできるだけ外に出たくないと言う。
posted by Tats at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

コンディション・レポート

2018.10.22.01s.jpg
今日の午前中は、ボンダイ・ユニットで、コンディション・レポートの作成。
テナントが入居するときに、その部屋の状態のチェックリストをもとに、お互いに確認し、双方が了解すればサインする。
難しい作業ではないが、部屋数が多くなるとメンドくさい。
以前、こういう仕事はヘレンと二人でやっていたが、これからはぼくが一人でやらなければならなくなるだろう。
posted by Tats at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月21日

ヘレンが喉を痛めた

このところシドニーは雨が降ったりやんだり、かと思うと、急に気温が上がって蒸し暑くなる。
寒暖差が激しいせいか、ヘレンが喉を痛め、昨日の朝から咳が出始めた。
今日も胸のあたりがつかえると言って、時々咳をしていた。
ポールたちが帰った今日の夜9時頃、激しく咳をした時、えづいて吐いてしまった。
デザートのアップルパイを食べすぎたのかもしれない。
汚れた服をバスタブに浸けて洗い、服を着替えさせ、少し落ち着いてから、ベッドに寝かせた。
喉の感染が気管支のほうまで進行しなければいいが。
posted by Tats at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

ポール一家と夕食

2018.10.21.01s.jpg
夕方、ポール一家が遊びに来て、一緒に夕食。
ローストチキンを買ってくると言っていたので、サラダとマッシュポテトを作っておいた。
デザートはアップルパイ。
シエナが一生懸命泡立ててくれたクリームを乗せて、お腹いっぱいである。
2018.10.21.02s.jpg
posted by Tats at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月20日

Orquesta La Luna

2018.10.20.01s.jpg
昨夜は、Randwick Town Hallで「Orquesta La Luna」を観てきた。
シドニーでタンゴを演奏する5人組のグループだ。
ピアノ&ヴォーカルをやるリーダーを始め、バンドネオン、ヴァイオリン、コントラバスの各メンバーが、ものすごくうまくて、どの曲にも感激した。
ステージの前は観客が踊れるようダンスフロアとして空けてあったのだが、残念ながら踊ってくれたのは一組しかいなかった。タンゴをちゃんと踊れるカップルはそういないのだろうなあ。
このタウンホールは近所なので、観客の中にはぼくらの友人や知人もいた。
車椅子姿のヘレンを心配して、コンサートが終わってからも話しにきてくれた。
2018.10.20.02s.jpg

2018年10月19日

血液検査と心電図

2018.10.19.01s.jpg
今日はヘレンを連れて、血液検査と心電図を取りに病院へ。
この病院は巨大な総合病院なので、検査室へ移動するだけで時間がかかる。
病院内の床は平坦なので、車椅子を押して歩くのは、外の道路よりもずっと楽だが。
2018.10.19.02s.jpg
今夜は、近所のタウンホールへタンゴを聴きに行く。
コンサートに出かけられるのは3ヶ月ぶりなのでうれしい。
posted by Tats at 14:01| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月18日

10月からクリスマス商戦

2018.10.18.01s.jpg
今日は日本領事館へパスポートの更新に行ってきた。
シティは相変わらず、ライトレールの工事中なので歩きにくいし、バスルートが変わって混雑している。
領事館の待合室に人が一杯でちょっとびっくり。
顔見知りの警備員が教えてくれたのだが、10月から12月が一番忙しいとのこと。
年末年始を日本で過ごそうという人が多いのか? 日本のスキー場は有名だし。
ショッピングセンターではもうクリスマス・グッズが売られていた。
早すぎるのではと思うが、クリスマスまではあまりイヴェントがないので、しかたがないのだろう。
オーストラリアではハロウイーンは小さな子供たちだけものだし。
posted by Tats at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年10月17日

お向かいさんとお茶

2018.10.17.03s.jpg
今日の午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンが、コーヒーとケーキを持って訪ねてきてくれた。
ヘレンが階段の上り下りが大変なので、わざわざ来てくれてありがたい。
二人は今週末から南の別荘へ行くとのこと。
リナーテは10日ほど前に両脚の血管の手術をしたばかりなのだが、もう元気なものである。
posted by Tats at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

痛みが強くなったと言う

2018.10.17.01s.jpg
今日も車椅子とウォーカーをVANに積んで、ヘレンをGPへ連れて行ってきた。
先月クイーンズランドで処方されたArimidex(anastrozole)の在庫がもうすぐ切れるので、5ヶ月分の処方箋をもらった。
ヘレンがウォーカーで歩いていると、昨日よりも痛みがあると言う。
10月6日から飲み始めたKisqali(ribociclib)の副作用でなければいいが。明後日、病院で血液検査をするので、何かわかるだろう。
2018.10.17.02s.jpg
posted by Tats at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月16日

眼病院へ

今朝はヘレンを連れて、眼病院へ。
来月に白内障の手術を受けるので、問診票などの必要書類を提出した。そのあと、薬局で薬の補充。
明日はGPに会って、別の薬の処方箋をもらいに行かなければならない。
昨日、チェスターがクイーンズランドの家へ帰っていったので、ぼく一人で、車椅子とウォーカーを車に積んで、ヘレンの乗り降りを補助するのは、結構大変だ。車が停めにくい場所では難儀する。
二人いれば、一人がヘレンの補助をしている間に、車を移動したりすることもできるのだが。
posted by Tats at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月15日

Jervis Bayでの集まり

2018.10.15.01s.jpg
シドニーから南へ3時間ほど走ったところに、Jervis Bayという風光明媚なエリアがある。
真っ白で長く美しいビーチが続き、リゾート地として人気の場所だ。
先週末、二泊三日をそこで過ごしてきた。
2018.10.15.02s.jpg
ビーチのすぐそばにある一軒家を借りた。10人以上泊まれる広い家なので複数家族には便利だ。
2018.10.15.04s.jpg
ビーチ沿いのホテルに、家族や友人たちが集まってきて、
2018.10.15.05s.jpg
ビストロで一緒にランチ。久しぶりに会う人、初めて会う人もいて楽しかった。
2018.10.15.06s.jpg
この集まりを計画した後、ヘレンがガンで入院したので、来られるかどうか心配していたが、参加できて本当によかった。
2018.10.15.08s.jpg
夕方、海の向こうを見ると虹がかかっていた。シャワーが降っているのだろう。
2018.10.15.03s.jpg
posted by Tats at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年10月11日

明日から小旅行へ

明日から2泊3日で、シドニーから南へ3時間ほど走ったところに遊びに行く。
アナ&エイドリアンのベビーの1歳のお祝いに、家族で集まろうと以前から計画していた。
ところが宿の手配をしたとたん、ヘレンがガンで入院して、行けるかどうか心配していたが、ヘレンの体調が回復してくれてうれしい。
チェスターの車にトレーラーをつなげて、車椅子やウォーカーなどを積みこみ、明日の朝一で出発だ。
posted by Tats at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

白内障の手術をする

2018.10.11.01s.jpg
今日はヘレンを連れて眼科医へ、白内障の検査を受けてきた。
やはり両目とも手術が必要とのこと。
11月に二回に分けて手術をすることに決まった。
水晶体の代わりにレンズを入れるらしい。
何年か前、お向かいのアーヴィンも同様の手術をして、眼鏡なしで車が運転できるようになったので喜んでいた。
ヘレンは今、細かい文字がとても見えにくくて困っているので、手術で良くなってくれればいいが。
posted by Tats at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月10日

アクセシビリティを上げる

ヘレンが家の中で移動しやすいよう、アクセシビリティを上げる工夫を、チェスターと二人でしている。
不要なカーペットをはがし、動線上のじゃまになるモノを片付けたりした。
バスルームのドアの段差をなくすため、ゴムマットと組み合わせて、スロープを作った。
これでウォーカーのキャスターが引っかからず、スムースに出入りできる。
2018.10.10.01s.jpg
それから、家の正面ドアのステップの横に手すりを取り付けた。
一番上のハンドレールが届くのは来週になるので、とりあえず端材を仮止め。
2018.10.10.02s.jpg
これで家の出入りがしやすくなったと、ヘレンが喜んでくれてよかった。
たった三段のステップでも今のヘレンには一苦労なのだ。
2018.10.10.03s.jpg
posted by Tats at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月09日

白内障の検査

2018.10.09.01s.jpg
今日はヘレンのCataract(カタラクト:白内障)の検査。
こちらでは、目の検査は、まずoptometrist(オプトメトリスト:検眼士)に診てもらい、それから必要なら眼科医に紹介状を書いてもらう。
ヘレンは去年の検査で白内障があると言われていて、眼科医を予約していたのだが、ガンで入院したためキャンセルせざるをえなかった。
明後日、眼科医と会うので、手術が必要かどうかわかるだろう。
posted by Tats at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

シドニーで一週間たった

ヘレンがシドニーへ帰ってきて一週間たった。
ペイン・コントロールがうまくいき、容態が安定しているのでうれしい。
家族や友人知人が毎日のようにお見舞いに来てくれてありがたい。
2018.10.09.02s.jpg
2018.10.08.10s.jpg
2018.10.08.11s.jpg
posted by Tats at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月08日

オンコロジストと面談

今日は、ヘレンを連れて、POW(The Prince of Wales Hospital)のThe Bright Allianceへ。
ここはガンの研究&治療部門で、最新設備が整っている。
4年前ヘレンはここで放射線療法を受けた。
オンコロジストと面談し、この二ヶ月間のクイーンズランドでの容態や治療履歴について話した。
ニ日前から飲み始めたRibociclibの副作用をチェックするため、定期的な血液検査が必要なので、手配してもらった。自宅へ採血に来てくれるそうなので便利だ。
posted by Tats at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

入口のステップにハンドレール

2018.10.08.01s.jpg
家の正面入口のステップにハンドレールを付けるのだが、一番上のてすりに使う部材が在庫切れで、一週間くらいかかるとのこと。
とりあえず、今日は、縦柱を仮止めして終了。
木材はタスマニア産のオークなので、テクスチャーが良い。サンドペーパーで磨いて仕上げるときれいになるだろう。
posted by Tats at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年10月07日

車椅子生活は難しい

2018.10.07.01s.jpg
家の中で車椅子で生活するのはなかなか難しい。ちょっとした段差や床においてあるモノなどが邪魔になる。
オーストラリアでは全員Tax Refund(確定申告みたいなもの)を毎年10月末までに申告しなければならないので、ようやくヘレンも手を付け始めたのだが、ハサミを取りに行くとか、引き出しの中をあさって書類を探すとか、パソコンのところに行ってスキャンするとか、簡単な作業なのに車椅子で移動してやるのは面倒で時間がかかる。
それで午前中、ヘレンを手伝ってペーパーワークをした。
午後はチェスターも一緒にハードウェア・ストアへ。
トイレのドアのところに敷いて段差をなくすラバー・マットを買った。
家の入口にステップが3段あり、そこに手すりをつけようと思っているので、必要な部材を揃えた。
2018.10.07.02s.jpg
posted by Tats at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活