2018年08月15日

MRIでは異常なし

飛行機と電車を乗り継いで、クイーンズランドの家に夜6時半頃、到着した。
途中、ヘレンに付き添っているチェスターと随時、連絡を取り合っていた。
ヘレンは救急病棟に行き、MRI検査を受けたのだが、異常が見られないので帰宅できる、と聞いたときは、ほっとした。
明日、オンコロジストと面談し、バイオプシーの結果を聞くまでは安心できないが。
僕が家に着いた時、ヘレンはベッドに横になって休んでいた。一日、病院で検査を受けたり、結果を待ったりするのは疲れるものだ。
何も食べたくないと言うので、グリーン・ジュースを作ってあげた。コップに半分だけ飲んで、夜8時には寝息をたてていた。痛みで目を覚まさず、睡眠がとれればいいが。

ヘレンは救急へ

バイオプシーの後からヘレンの容態が悪化し、ほとんど立てなくなってしまった。
今朝、オンコロジストが電話してきて、救急へ行って、MRIを受けろとのこと。
明日、バイオプシーの結果が出るのに、なぜ今MRIが必要なのかわからないが、チェスターが車でヘレンを病院へ連れて行っている。
ぼくは、予定していた明日の飛行機をキャンセルして、今日の午後の便を取り直した。夜には向こうの家に着ける。