2018年07月30日

ヘレンは背骨にガン

2018.07.30.01.jpg
今日、チェスターの車でヘレンを連れて病院に行ってきた。
午前中は、オンコロジスト(ガン専門医)と面談し、ドクターから次の三点を告げられた。
・RI検査の結果、背骨のT4(第四胸椎)にガンが見られる。
・8月2日のバイオプシーで詳細を調べる。
・8月9日に再度面談し、バイオプシーの結果をもとに、痛みを軽減するための放射線療法を検討する。
ということで、ヘレンの骨にガンがあることは確実になった。バイオプシーで、乳がんから骨転移したものかも判明するだろう。

午後は、Occupational Therapist(作業療法士)と面談。
ヘレンは痛みのため数メートル歩くのもやっとなので、モビリティを補助するための器具や装備について教えてもらった。
適切な車椅子やベッドサイド・トイレ、シャワー・チェアや手すり、段差を解除するためのスロープの設置などが必要だ。

ぼくは明日、一旦シドニーの家に帰るが、2週間ほどで戻ってくる予定だ。
クイーンズランドの家にはチェスターがいて、ヘレンの世話をしてくれるのだが、ぼくもできるだけそばにいたい。
posted by Tats at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月29日

明日は一日ヘレンの病院通い

明日は、丸一日、ヘレンの病院通い。
ガン専門医との面談も含まれているが、バイオプシーは8月2日であり、最終結果が出ていない段階で、どんな話ができるのか疑問だ。以前より悪化しているという現状を認識してもらうという意義はあるが。
ヘレンは痛みのため、もうほとんど右脚が動かせない。
ほぼ一日中車椅子に座っている。少しでも歩くように、ウォーカーや松葉杖を使っているが、立ち上がるだけでも一苦労している様子が痛々しい。
posted by Tats at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月28日

ヘレンは痛みが続く

ヘレンは股関節と肋骨の痛みが続いていて、夜もよく眠れないでいる。
肋骨が痛いと腹筋に力を入れられないし、右脚の自由が効かないので、ベッドの上に上体を起こすのも、寝返りをうつのも一苦労だ。
普通の鎮痛剤では効かないほど痛みが激しいときは、処方されたコデイン剤を飲んでいる。コデインは内臓の働きがストップしてしまうので、あまり使いたくはないのだが、しかたがない。
車椅子に座りきりだと、ますます筋力が落ちるので、毎日少しでも松葉杖で歩くようにしている。
今日は、ヘレンと一緒に、プールまで歩いてみた。
気温は24℃まで上がっていたが、水は21℃しかない。泳ぐにはちょっと冷たいが、プールサイドに腰掛けて脚を水につけ、暖かい陽射しを浴びるのは気持ちがいい。
2018.07.28.01.jpg
posted by Tats at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月27日

ヘレンは歯医者通い

2018.07.27.01.jpg
ヘレンは歯も悪いので、定期的に歯医者に通っている。
数週間前、傷んでいた左の歯を抜いたので、今日抜歯後の診察を受けに行ってきた。
来週、別の歯科医に会って、型を取ってもらい、義歯を作ることになった。
2018.07.27.02.jpg
来週は、歯医者に加えて、ガン専門医との面談やバイオプシーと、病院通いで忙しくなる。
posted by Tats at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月26日

暖かい冬の日

2018.07.26.00.jpg
今日は25℃まで上がり、風もないので、陽に当たると暑いくらいだ。
午後、浄化槽のポンプがまた動かなくなったので、車で20分くらいのところにあるポンプ・ショップへ行き、交換してもらった。
その帰り道、途中にあるカフェに寄ってきた。
ここは、この辺りによくあるロードサイドのフルーツ・ショップだったが、最近全面改装され、感じの良いカフェが併設された。
2018.07.26.01.jpg
ショップの横にアウトサイド・エリアがあり、裏のファームの緑が眩しい。天気の良い日は最高だ。
2018.07.26.03.jpg
カップチーノとジェラートを頼み、
2018.07.26.02.jpg
暖かい陽射しを背中に浴びると気持ちいい。
2018.07.26.04.jpg
それから卵を買いに、チキン・ファームへ。
ここは養鶏場なのだが、併設されているショップで卵や鶏肉を買える。
2018.07.26.05.jpg
30個入りのトレイで$3と、お買い得。
2018.07.26.06.jpg

2018年07月25日

Christmas in July

2018.07.25.01.jpg
オーストラリアの12月は真夏で、クリスマスらしい雰囲気が出ない。
汗だくでサンタの衣装を着て、ローストなんて暑苦しい料理なんか作る気がしないし。
なので、Christmas in Julyと言って、一番寒い時期の7月にもう一度、クリスマスを祝う。
まあクリスマスにかこつけて、飲み食いして楽しもうというだけだが。
それで、今日は、近くのクラブで開催されたChristmas in Julyに行ってきた。
ランチの前後にバンドが入っていて、60年〜70年代の曲を演ってくれる。
2018.07.25.04.jpg
メインはロースト。ポーク、チキン、ラムの3種類で、好きなだけ食べられる。
2018.07.25.02.jpg
デザートも4種類あった。
クリスマス・プディングとパッションフルーツのケーキを選んで、お腹いっぱいである。
3時間、ゆっくり音楽と食事を楽しんできた。
2018.07.25.03.jpg

2018年07月24日

芝生貼り完了

2018.07.24.00.jpg
ようやく芝生貼りが終わった。
腰と肩が疲れたので、身体をほぐしに、午後から、温水プールへ行く予定だ。
2018.07.24.01.jpg

2018年07月23日

浄化槽が詰まった

2018.07.23.01.jpg
クイーンズランドの家は、下水を浄化槽で処理しているのだが、これがどうも詰まっているようなので、今朝、ヘレンが業者に電話して、急遽見に来てもらった。
大きなバキュームカーでやってきた業者によると、やはり汚水を全部吸い出して、詰まりを解消するしかないとのこと。
2018.07.23.02.jpg
タンクの容量は6000Lもあるのだが、30分くらいで吸い出して、きれいにしてくれた。
あとはバクテリアの餌として、砂糖を1kg水で流しておいてほしいとのこと。
処理費用は$600もかかったが仕方がない。
2018.07.23.03.jpg

2018年07月22日

温水プール

2018.07.22.01.jpg
ヘレンの痛みを和らげるのに役立つかと思って、プールに行ってきた。
近くのプール場には屋内に温水プールがある。リハビリにも利用できるので、ちょうど良い。
ヘレンは身体が痛いので泳ぐことはできないが、ゆっくり歩くくらいだ。
それでも暖かいお湯につかって身体がほぐれて気持ちが良くなったとのこと。
日本のように湯治場があればいいのだが。
2018.07.22.02.jpg

2018年07月21日

芝生を貼る

2018.07.21.11.jpg
芝が傷んで雑草だらけになっていた前庭に、昨日買ってきたロール上の芝生を、チェスターと二人で敷き詰めている。
2018.07.21.12.jpg
芝生を敷く前に整地作業が必要なのだが、これが結構腰にくるので、長くはできない。
明日で終わるかな。
2018.07.21.10.jpg

今日は16年目の結婚記念日

2018.07.21.01.jpg
今日、7月21日はヘレンとの16年目の結婚記念日。
ヘレンは股関節の痛みが激しく、今は車椅子生活なので、残念ながら今年の記念日は二人で食事に行くとかはできない。カードを添えて花を贈っただけだ。
2018.07.21.02.jpg
昨日、クリニックから連絡があって、バイオプシーは8月2日に決まった。
ガンが骨に転移していないことを願うしかない。
posted by Tats at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月20日

近所のファーム

クイーンズランドの家はブリスベンから一時間ほど北にあり、冬でも20℃くらいあるので過ごしやすい。
うちの近所にはイチゴやパイナップルなどのフルーツ・ファームがたくさんある。
Strawberry Farmは、今が収穫時期なので、若い人がたくさん働きに来ている。
2018.07.20.01.jpg
一人ずつカートに座って、黙々とイチゴを摘むのは大変だが、結構良い稼ぎになるらしい。
2018.07.20.02.jpg
次は、Lawn Farm。
芝生を育てていて、芝生をロール状にカットして売ってくれる。
車のトレーラーに積んで持って帰って、敷き詰めるのにちょうどいい大きさに、特殊な機械を使って、ロール状にする。
2018.07.20.03.jpg
おじさんが芝生をカットしている間、犬たちが走り回っていた。
2018.07.20.04.jpg

2018年07月19日

ヘレンと再会

今日の夕方、クイーンズランドの家に着いてヘレンと再会。
ヘレンは今日の午前中に、オステオパス(整骨医)に診てもらって、マッサージなどをしてもらってきた。
固くなっていた関節や筋肉をほぐしてくれたそうだが、やはり痛みはそう簡単には引かないようだ。
posted by Tats at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月18日

明日からクイーンズランドへ

明日から2週間ほど、クイーンズランドの家に行く。
ヘレンのバイオプシーの日程はまだ決まらないので、オステオパス(整骨医)を予約した。少しでも痛み軽減に役立つといいのだが。
ともあれ明日からしばらくヘレンと一緒にいられるのはうれしい。
posted by Tats at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月17日

リナーテ&アーヴィンと夕食

2018.07.17.01s.jpg
ホームステイしていた人たちが日曜日に移動していったので、晩御飯を一人で食べるのは寂しかろうと、お向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。とてもありがたい。
ヌードルスープに、
2018.07.17.02s.jpg
メインはポーク・ネックをオーヴンでゆっくりローストしたもの。
付け合せは、マッシュポテト、ザワークラウト、ほうれん草、マッシュルーム。
どれもドイツの家庭料理で、とても美味しい。寒い夜にはぴったりだ。
2018.07.17.03s.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年07月16日

ヘレンは生検をすることに

今日、ヘレンはガン専門医に会って来たのだが、RI検査の画像ではよくわからないとのことで、Biopsy(生体組織診断)をすることになった。
結論が先延ばしになっただけで、ヘレンの痛みは少しも解消されない。
今は何もできないとわかっていても、とても歯がゆい。
posted by Tats at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月15日

2年ぶりに来てくれた人

2018.07.15.01s.jpg
今日は、2年前にうちにホームステイしていた方が訪ねてきてくれた。
一緒にランチに出かけ、Fish&Chipsを食べながら話をしていると、久しぶりに会う感じが全くしなくて不思議だった。
シドニー大学に留学していた彼は、今は東京で働いている。それなのに、まだこの辺りに住んでいるような雰囲気で、昔と変わらない様子がとても嬉しかった。
またいつかどこかで会えるといいな。
posted by Tats at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2018年07月14日

子どもたちのお守り

2018.07.14.01s.jpg
今日は快晴で、絶好の洗濯日和。ただし、天気が良いと冷え込みが厳しく、今朝は6℃しかなかった。
今日は午後まで、ウイリアムとジュリエットのお守り。
家の中は寒いので、日当たりの良いバルコニーで一緒に、木工細工や、
2018.07.14.02s.jpg
タブレットでゲームをしたりして遊んでいた。
2018.07.14.03s.jpg
ランチに二人の好きなラーメンを作ってやった。
うれしそうに食べた後、映画を観てはしゃいでいたが、クリスが二人を迎えに来ると大喜び。やっぱりお家が一番いいんだろうな。
2018.07.14.04s.jpg
posted by Tats at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年07月13日

西日本豪雨による非常災害

西日本を猛烈な豪雨が襲い、甚大な被害が出てから、もう一週間が過ぎた。
土砂崩れや洪水で200人以上の方が亡くなり、行方不明者もまだ多い。
避難所で不自由な生活を強いられている何千人もの方々の苦労や悲しみは察するに余りある。
35℃を超す猛暑が続いているので、熱中症や感染症も心配に違いない。
今回の災害はこちらのTVニュースでも報道されているので、今日、ヨーガのレッスンに行ったら、何人かが心配して、声をかけてくれた。
ほんの数ヶ月前、日本へ旅行に行き、広島や倉敷、京都などで良い思い出を作ってきた人もいる。
皆の心遣いはありがたいが、被災地の復興への道はまだ遠いことを思うと心が痛む。
posted by Tats at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月12日

オンコロジストと来週月曜日に面談

ようやくoncologist(ガン専門医)からヘレンに連絡が来て、来週の月曜日に会うことになった。
RIの検査結果はもう専門医の手に渡っているはずなので、痛みの原因が何かわかるだろう。
posted by Tats at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月11日

まだ喉が痛い

風邪は回復には向かっているのだが、まだ喉が痛くて、長くはしゃべれない。
薬のせいか頭がぼーっとしているし、外に出る気が起きない。
お向かいのリナーテが、ぼくが晩御飯を作るのが面倒だろうと、チキン・シュニッツェルなどを差し入れしてくれて、とてもありがたい。
posted by Tats at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月10日

ヘレンの肋骨の痛み再現

先週の金曜日、ヘレンのGPがガン専門医をアレンジしてくれたはずなのだが、何も連絡が来ない。
そのうえ、今日、左側の肋骨が痛みだしたとのこと。以前骨折したあたりと同じ場所だ。
ヘレンは右股関節に痛みがあるので、左腕の下に杖を当てて歩いている。そのたびに身体が傾き、左側に荷重がかかり、肋骨をまた痛めてしまったのかもしれない。
なにもできず、ただ待っているだけという状態は嫌なものだ。
posted by Tats at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月09日

まだ咳が出る

今日は強風がおさまり、晴れ間も出てきたので、ちょっと外出してみたが、やはりまだ本調子ではないので、咳が出る。
無理せずしっかり休んで、週末までには治したい。
日曜日には、2年前うちにホームステイしていた人が日本から遊びに来てくれるし。
posted by Tats at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月08日

風邪は回復中

今日も晴れてくれたが、風が強く、外に出るには寒い。洗濯にはぴったりだったが。
薬を飲んで、一日中寝ていたので、風邪は良くなってきた。
明日は買い物に行けそうだ。
posted by Tats at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月07日

風邪をひいてしまった

一昨日の夜、急に喉が痛くなり鼻水が出てきた。
昨日から風邪薬を飲み始め、今日も午後に新しくホームステイに来た人を出迎えただけで、あとはずっと寝ていた。
ぼくが寝込んでいると知って、お向かいのリナーテ&アーヴィンが、今夜は夕食に呼んでくれて、ありがたい。
posted by Tats at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月06日

ヘレンのRI検査結果

今日の午後、ヘレンは三日前に受けたRI(Radioisotope)検査の結果を聞きに、GP(General Practitioner:一般医)と会ってきた。
RIの画像では病巣の判断がつかないと言う。oncologist(オンコロジスト:ガン専門医)を紹介してもらい、来週以降に会うことになった。
幸い、血液検査の結果は良好で、血液中にカルシウムが溶け出したりはしていない。
とりあえず結論が先延ばしになっただけだが、なんだかホッとした。
心配しても無駄だとはわかっていても、昨夜はぼくもヘレンもよく眠れなかったので、今夜は早めに寝よう。
posted by Tats at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年07月05日

Kurnellへ散歩

2018.07.05.01s.jpg
今日は良い天気だったので、ホームステイしている人も一緒に、Kurnell(カーネル)へ行ってきた。
Kurnellには、Captain Cook's landing placeと呼ばれる場所があり、モニュメントが建っている。
イギリスからEndeavourという名の船でやってきたクック船長は、1770年4月29日、この地に上陸した。
湾内で波が穏やかなので、船を停泊するにはちょうど良かったのだろう。
この辺りはKamay Botany Bay National Parkとして保護され、崖の上からはクジラやイルカが見られる。
2018.07.05.02s.jpg
シドニー空港のすぐ南側なので、発着する飛行機がよく見える。
海の水はとてもきれいで、東京の羽田沖とは大違いだ。
広い公園の中にVisitor Centreがあり、キャプテン・クックがやってきた時の様子を伝える展示が見られる。
2018.07.05.15s.jpg
Visitor Centreからブッシュ・ウォーキングして、海が見える方へ歩く。
2018.07.05.11s.jpg
途中の水溜りで靴がびしょ濡れになりながら、悪路を抜けると、
2018.07.05.12s.jpg
Cape Solanderという崖の上に出る。
ここは外洋に面していて、クジラの回遊が見られるので人気スポットだ。
冬はちょうど回遊シーズンなので、Whale Watchingに来た人たちで賑わっていた。
2018.07.05.04s.jpg
ヴォランティアの人たちが、クジラやイルカが何頭見えたか、数えて記録していた。
一日中、双眼鏡でずっと海原を観察するのはたいへんな労力だろう。
今日はこの時間までに、ハンプバック・クジラが38頭、イルカが20頭、見えたとのこと。
2018.07.05.05s.jpg
暖かい陽射しを浴びて岩の上で海を眺めていると時間を忘れる。
クジラは見れなかったが、この場所にいるだけで気持ちがいい。
2018.07.05.03s.jpg
posted by Tats at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月04日

Uluruで日本人男性が死亡

今朝のニュースで、76歳の日本人男性が昨日火曜日の夕方、Uluru(ウルル:エアーズロック)を登っている時に亡くなったと報じられていた。
旅行者だったのか、病歴はあったのか、など、詳しい身元はまだ確認されていないそうだ。
ウルルに登ることは、来年2019年10月からは禁止になる。
この地域に住むアボリジニにとっては大切な聖地なので、登ったりしないほうがいいのだ。
日本で神社の鳥居に登ったら怒られるのと同じである。
17年前、こちらへ来てすぐの頃、ぼくもそういうことについてはまるで無知だったので、しっかり登ってしまったのだが。
posted by Tats at 15:44| Comment(1) | TrackBack(0) | シドニー日記

薪がすぐになくなる

毎日のように暖炉を焚いていると薪がすぐになくなる。
昨日から晴れてくれたので、日中、日当たりの良い所は20℃近くまで上がるが、日が暮れると一気に気温が下がって寒さがこたえる。
当分の間、せっせと薪割りをしなければならない。
今夜は、友人たちと近所のレストランへチャイニーズを食べに行く。
posted by Tats at 15:23| Comment(1) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年07月03日

ヘレンのRI検査

今日、ヘレンはアイソトープ検査(RI:Radioisotope)を受けてきた。
結果は、金曜日に医者が面談して説明してくれるそうだ。
ヘレンは乳ガンの切除手術を2011年10月と2014年12月の二回やり、2015年3月に放射線治療を受けた。
それから何も異状はなかったのだが、4ヶ月前、股関節が痛みだし、未だに痛みが引かない。
X線を撮っても異常は見つからなかった。今回のRI検査で何か判ればいいのだが。
乳ガンが骨に転移していないことを祈るしかない。
posted by Tats at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活