2018年06月30日

楽しい週末

今日はこれからイヴェントが3つもあって忙しい。
午前中はお向かいのリナーテがスコーンを焼いてくれたのでお茶に行き、昼はウイリアムの空手大会を見に行き、夜はシエナの誕生日祝いにポールの家に行く。
明日は、シティの教会が100年を迎えるので記念コンサートを観にいく。
天気も良くなったし、楽しい週末がすごせそうだ。
posted by Tats at 09:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年06月29日

三菱VANが直った

修理店に預けておいた三菱VANが直ったので、受け取りに行ってきた。
やはりバッテリーが不良で、うまく充電できないので、交換したとのこと。
2年しか持たなかったので、あまり質の良いものではなかったのだろう。今度は3年は持ってほしいものだ。
posted by Tats at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月28日

連日の雨

昨夜は雷雨で、今日も一日雨が降ったりやんだりしていた。
時折、強い風が吹くので、裏庭に面したバルコニーも吹き込んできた雨でびしょ濡れになった。
今年は記録的に雨が多い6月だそうだ。
冷たい雨の日が多くてうんざりである。
posted by Tats at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月27日

運転免許証の更新

2018.06.27.01s.jpg
今日は運転免許証の更新に行ってきた。
こちらでは役所の所轄名がしょっちゅう変わるのだが、車や船の免許を扱う部署は、今はService NSWという。
オフィスはボンダイ・ジャンクションの駅近くの同じ場所にあるのだが、中の様子は前に更新手続きに来たときとガラッと変わっていた。
入り口で案内人に、免許の更新に来たと告げると、パソコンがずらりと並んだコーナーに行けと言われる。
そこで、自分の名前や住所などを入力して、アカウントを作る。
病歴や常用薬、眼鏡やコンタクトレンズを使っているか、などの質問にチェックしていけば、手続きは完了。
今までやっていたような視力検査はない。写真も以前のを使い回すのでOKであれば、撮り直さない。
あとは、クレジットカードで支払いを済ませる。費用は5年用で$92とまあまあ。
最後に、プリントのアイコンをクリックして、レシートと仮の免許証が一枚の紙に印刷されて出てくる。
正式の免許証は1週間以内にうちに郵送されてくる。
以前より手続きが簡素になり、とても楽である。
デジタル化による業務省力化が着実に進んでいてありがたい。日本ではどうなんだろう?
posted by Tats at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月26日

ヘレンは精密検査が必要

ヘレンの股関節の痛みがまだひかない。
Mobicという消炎剤を飲んでいたが、処方された2週間分がなくなっても、痛みがおさまらず、松葉杖をついている。
それで昨日、血液検査とCTを撮って、今日、検査結果を聞きに行ってきたのだが、炎症の状態がよくわからないという。さらに精密検査をするため、アイソトープ検査が必要とのこと。
順番待ちなのでクリニックからの連絡を待っているしかなく、心配だけがつのる。
posted by Tats at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年06月25日

三菱VANのバッテリー不良

2018.06.25.02s.jpg
先週の金曜日、また三菱VANのバッテリーが上がって、エンジンがかからなくなってしまった。
今日、朝一でNRMAに電話するものの、只今混雑しておりまのでお待ち下さいとのアナウンスが流れるばかり。月曜日はコールが殺到しているのだろう。
FORDのバッテリーとつないでみようとしたが、ケーブルの長さが足りない。お向かいのアーヴィンに、ケーブルを借りて、2本つないで、スタートを試みたが、やはりエンジンがかからない。
しかたなく、NRMAの到着を待つこと、1時間。
NRMAがバッテリーをチャージすると、エンジンがかかるのだが、数回トライすると、またエンジンがかからなくなる。オルタネーターもチェックしくれたが、正常に動いているとのこと。
彼では原因がわからないと言うので、別のバッテリー・スペシャリストを手配してくれた。また待つこと1時間。
強力なバッテリーをつないで、ようやくエンジンがかかったが、バッテリーがなぜフラットになったか、その原因がわからない。
それで、エンジンを止めず、そのままVANを運転して、馴染みの修理屋に持って行き、事情を話して、調べてくれるよう頼んできた。
明日、原因がわかればいいが。
2018.06.25.01s.jpg
posted by Tats at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月24日

冬の日曜日

今日も天気は良かったが寒くて、朝起きると家の中が10℃以下になっていた。
下の写真は、うちの近くのCentennial Park。きれいに色づいた木の葉ももうすぐ散ってしまうだろう。
2018.06.24.01s.jpg
お向かいのリナーテ&アーヴィンがクルーズから帰ってきたので、一緒にお茶。
クイーンズランドの方へ航海したのだが、波が荒くて島には上陸できなかったそうだ。
それでも暖かい海の上でリラックスしてきたせいか、二人とも元気な様子でよかった。
posted by Tats at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月23日

絶好の洗濯日和

2018.06.23.01s.jpg
今朝の気温は8℃くらいと低かったが、天気が良くなり、絶好の洗濯日和。
たまっていた洗濯物を片付けた。
家の中は寒いが、外に出て陽に当たると暖かくてうれしい。
posted by Tats at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月22日

三菱VANの故障

三菱VANのエンジンがまたかからなくなってしまった。
前と同じようにバッテリーがあがってしまったようだ。
バッテリー自体は交換して2年なので、古いわけではない。
なので、オルタネーターや配線の故障で、充電がうまくいかないのかもしれない。
月曜日の朝、またNRMAを呼んで、バッテリーをチャージしてもらい、スタートしたら、カーメカニックスの店まで運転して行って、調べてもらう予定だ。
posted by Tats at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月21日

暖炉用の薪作り

2018.06.21.01s.jpg
今日は曇り時々晴れ。
今にも雨が降りそうな雲が出ている空を見ながら、暖炉用の薪作りをした。
薪と言っても、集めておいた廃材を電動丸ノコで切るだけで、斧は使わない。
パイン材のようなソフトウッドは、暖炉にくべるとすぐに燃え尽きてしまうので、できるだけ重い木材を選んでから切る。
フェンスに使われているようなハードウッドがいいのだが、固いので切るのは難儀する。
木くずまみれになって、5ケース分ほど切ったところで、今日の作業はおしまい。
posted by Tats at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月20日

Cancer Councilのランチの会

2018.06.20.01s.jpg
激しかった雷雨がおさまり、今日は晴れ間が出てくれた。太陽の光に当たるのがうれしい。
時々軽いシャワーが降ってきたが、気温も16℃くらいまで上がった。
午後、ジョイスが入っているナーシングホームへ。ジョイスの息子のレスリーも来ていた。
ちょうど、イタリアン・ランチの日ということで、皆で一緒に食べさせてもらった。
ワインで乾杯し、パン、パスタにサラダ、食後にティラミスにコーヒーと、お腹いっぱいである。
この数ヶ月日本やクイーンズランドに行っていたので、ジョイスと会うのは久しぶりだ。
ジョイスは、量は少ないが、出された料理をきちんと食べていた。
102歳でもこれだけ食べられれば御の字である。
2018.06.20.02s.jpg
posted by Tats at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年06月19日

大荒れのシドニー

今日は朝から大荒れの天気。雷が鳴り、大雨と強風で、外に出られない。
そんな中、洗濯機の修理屋がやってきてくれた。
10年くらい使っているLGが動かなくなったのだが、やはり排水ポンプが壊れているとのことで、交換してくれた。
部品代と修理費は合計$154で、なかなか良心的な業者で助かった。
posted by Tats at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月18日

大阪で地震

今朝、ネットのニュースを見たら、大阪を中心に震度6の地震が発生したとのことで驚いた。
電車が停まり、建物が倒壊したり、亡くなった方もいる。
奈良の妹にメールして様子を聞いたところ、大きく揺れたが被害はないようでホッとした。
関西にはぼくの親族や友人が多いので心配だ。皆、無事でいてくれるといいが。
posted by Tats at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月17日

山では雪が降り始めた

今日も快晴で青空がきれいなのだが、風が強くて寒い。
うちの辺りでも8℃まで下がったが、内陸部は軒並み零下になり、山では雪が降っているそうだ。
これはBarrington Tops National Parkの山の様子。
午前中、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でコーヒー。
明日から、暖かいクイーンズランドへクルーズに行くとのことで、うらやましい。
posted by Tats at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月16日

ダブル・トラブル

一昨日シドニーへ戻って来たばかりなのに、ダブル・トラブルが発覚。
洗濯機の一台が途中で止まる。
何回かテストしてみたが、排水して脱水する工程に移行するタイミングで止まってしまう。
まあうちには洗濯機があと2台あるのですぐには困らないが、修理屋を呼ぶか、新しいモノを買うか、決めなければならない。
それから、三菱VANのエンジンがかからない。
どうもバッテリーが上がっているようなので、NRMAを呼んで調べてもらおう。
posted by Tats at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月15日

日本旅行から帰ってきたジェニファー

今朝は、久しぶりのヨーガ・レッスン。
ヨーガ仲間のジェニファーは日本旅行から帰ってきたばかりなので、たくさんお土産話を聞かせてくれた。
大阪から神戸、倉敷、広島、高松、萩、熊本まで足を伸ばしたとのこと。
直島をアートを楽しみながら歩き、大阪では箕面の滝を見に行くという、なかなかマニアックな行程。
神戸の街がとても気に入って、住みたいと思ったくらいだそうだ。
食べ物はどうだったと聞くと、英語メニューなんかないような地元の小さな店ばかり行ったので、何という名前の料理を食べたのかわからないけど、どれも美味しかったとのこと。
さすが、二度目の日本旅行だと、あまり外国人旅行者がいない所のほうが面白くなるのだろう。
posted by Tats at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年06月14日

シドニーに帰ってきました

夕方、シドニーの家に帰ってきたら、家の中が12℃しかない。
クイーンズランドの暖かさに慣れてしまったせいか、寒さが身にしみるので、分厚いセーターを着ている。
明日は、アナ&エイドリアンが残していった洗濯物(雨だったので洗濯できなかった)を片付けたり、庭の掃除をしなければならない。夜にはホームステイに来られる方がいるので、その準備をしたりと忙しくなる。
posted by Tats at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月13日

明日はシドニーへ

2018.06.13.01.jpg
明日はクイーンズランドからシドニーの家に戻る。
こちらは、日中は23℃くらいまで上がり、暖かくて心地よい小春日和なのだが、向こうは寒いのでちょっと憂鬱である。
今、クイーンズランドの家では、台湾から来た若い子たち5人に、部屋を貸している。
この辺りでは冬がフルーツシーズンで、皆、ストロベリーファームやラズベリーファームで働いている。
来週、もう2人来るので、ヘレンは受け入れ準備のため、まだクイーンズランドにとどまる。
股関節の炎症も、良くなってきたとはいえ、まだ松葉杖をついている状態だ。
今飲んでいる消炎剤が効いて、早く良くなってほしいものだ。
下は、今日、ヘレンと夕食に行ってきた、Bribie Islandのレストランで。
2018.06.13.02.jpg

2018年06月12日

Bribie View

2018.06.12.20.jpg
クイーンズランドのうちの近くに、Bribie Viewというエリアがあり、沖合の大きな島、Bribie Islandがすぐ近くに見える。
キャラヴァン・パークもあって、旅行者にも人気の場所だ。
2018.06.12.21.jpg
ここにはJettyがあり、
2018.06.12.22.jpg
地元のおっちゃんたちの絶好の釣り場になっている。
2018.06.12.25.jpg
クイーンズランドの海岸はマングローブが多く、ドロ沼に根っこがにょきにょきたくさん生えている状態なので、歩くこともままならない。
シドニー周辺のようにさらさらの砂浜は少ないので、ビーチライフを楽しむには向かないが、そのかわり動植物は豊かである。
魚やエビ・カニ、亀もたくさん住んでいて、エサを求めて来た水鳥も多い。
海沿いの林の中に、公園やウォーキングトラックが作ってあるので、一日のんびり歩いて楽しめる。
2018.06.12.26.jpg

ロアス&ドンの新居

2018.06.12.01.jpg
昨日は、ロアス&ドンのところへ遊びに行ってきた。
ヘレンの妹のメイヴィスもケンと一緒にやってきた。
ロアスはヘレンのお姉さんで、長い間ゴールドコースト空港の近くに住んでいる。
海から内陸に車で10分も走ると森と湖が広がり、風景が一変する。そんな山のてっぺん近くに、二世帯住宅を建築中だ。
2018.06.12.02.jpg
遠くに海と町を望み、見晴らしがいい。
2018.06.12.05.jpg
建築中の家をロアスとドンが案内してくれた。
二人の娘夫婦と子供二人が住む母屋と、ロアスとドンの家は隣同士だが独立して建てられている。
2018.06.12.06.jpg
壁の作り方が面白い。
こんな軽い発泡スチロールの型を、
2018.06.12.03.jpg
レゴ・ブロックのように積み上げて、中にコンクリートを流し込んで、壁を作る。
断熱性が良く、作業や加工が楽なので、良いアイディアだ。
2018.06.12.04.jpg
メイヴィス&ケンもやってきたところで、皆でランチ。
少し風が冷たいが、森を見ながら外で食べるほうが気持ちがいい。
2018.06.12.07.jpg
人が美味しそうに何か食べていると、当然、犬たちもなんかくださいと、膝の上に乗ってくる。
メイヴィス&ケンの犬、ジャックと、
2018.06.12.13.jpg
ロアスとドンの犬、シヴァ。
2018.06.12.08.jpg
食後、腹ごなしに皆で、山歩きに。
ヘレンはまだ松葉杖をついているので行けなかったが。
2018.06.12.09.jpg
隣の敷地内のゲートを開けて勝手に入って、山頂を目指す。
2018.06.12.11.jpg
山の清浄な空気が心地よい。
犬たちも大喜びで走り回っている。
2018.06.12.10.jpg
頂上にはアンテナが立っている。メンテナンスに来る人たちも、この山道を上がってくるそうだ。
2018.06.12.12.jpg
今年のクリスマスまでには、この新しい家に、娘一家と一緒に住めるようにしたい、と、ロアス&ドンは言っていた。
どんな内装になるか、また見に来るのが楽しみだ。

2018年06月10日

今日も庭の手入れ

2018.06.10.01.jpg
昨夜、少しシャワーが降ったが、今朝はきれいに晴れてくれた。
今日も一日中せっせと庭の手入れ。
庭が広いのはいいが、千坪もあると大変である。
下は、芝生の種を撒いているチェスター。
2018.06.10.02.jpg

2018年06月09日

Tip通い

クイーンズランドの家の近くにTip(ティップ)と呼ばれるゴミ処理場がある。
2018.06.09.01.jpg
広大なエリアに、生ゴミから資源ゴミ、冷蔵庫や洗濯機などのホワイトグッズ、コンピュータ機器、植物など、細かく分別された捨て場所が作られている。
入り口のゲートで、住民であることの証明として運転免許証を見せれば、誰でも入場して、ゴミを捨てることができる。
まだ使えそうなものは、併設されているTip Shopで売られている。
植物は乾燥してから細かく粉砕され、埋立地で発生するメタンガスもタンクに集め、徹底的にリサイクルに取り組んでいる。
ここクイーンズランドでは植物の生い茂るのが早いので、しょっちゅう芝刈りや樹木の剪定をしなければならない。
今日も庭で枝払いしたものをトレーラーに積んで、2回、Tipへ捨てに行ってきた。
2018.06.09.02.jpg
下は、Tipの帰りに寄った友人宅のブルドッグ。
顔は怖いが、気が優しくて可愛い女の子である。
2018.06.09.03.jpg

2018年06月08日

チェスターの家から帰ってきた

2018.06.08.01.jpg
昨夜、チェスターの家から帰ってきた。
チェスターの家は、人に貸せるようにするには、まだまだ手を入れないとならない。
キッチンの電磁調理器を取替えたり、
2018.06.08.02.jpg
裏の林で枯れ枝を集めたり、とやることがいくらでもある。
さ来週、電気工事に来てもらったり、入り口のドアの鍵を修理したりするとのこと。
2018.06.08.03.jpg
チェスターの家に行く途中にBlackbuttという小さな町がある。
メインストリートの真ん中に、老舗のベーカリーがあり、パンもケーキもコーヒーも美味しい。
2018.06.08.05.jpg
店の横には居心地の良いカフェエリアがある。
2018.06.08.06.jpg
外は小雨が降り、寒くなってきた。
暖かいカフェで、コーヒーとケーキを食べて、ほっと一息ついた。
2018.06.08.07.jpg

2018年06月06日

暖かいクイーンズランド

朝早く、アナ&エイドリアンにお別れを言い、シドニー空港へ。
相変わらずの雨だったが、空港に着く頃は少しやんできた。
飛行機は窓際の席だったので、ずっと景色を見ていた。
下は、シドニー空港のすぐ近くのLa Perouse。
2018.06.06.01.jpg
鉛色だった空を越え、雲の上に出ると、雪のように真っ白な雲と、青い空が広がっていた。
2018.06.06.02.jpg
ブリスベンに近づくにつれ、海の色が変わり、クイーンズランドらしくなってくる。
コバルトブルーの海に浮かぶたくさんの島々がとてもきれいだ。
2018.06.06.03.jpg
ブリスベン空港の沖合は、マングローブが生い茂っている。
2018.06.06.04.jpg
ブリスベン空港を出ると、暖かい陽射しが気持ちがいい。青空を見るのも久しぶりだ。
駅に迎えに来てくれたヘレンとハグして、10日ぶりに再会できてうれしい。
ヘレンは股関節の炎症が引いてきたので、少し楽になったが、それでもまだ松葉杖が必要だ。
明日は朝一で、チェスターの家に行く。

今日からクイーンズランドへ

次のホームステイの方が来られるまでぽっかり日があいたので、今日からクイーンズランドへの家へ行く。
シドニーは今日も冷たい雨が降っている。
むこうは天気が良くて、23℃くらいまで上がるそうだ。
暖かい陽射しが懐かしい。
posted by Tats at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月05日

暖炉のそばがいい

2018.06.05.01s.jpg
この数日ずっと雨で、陽が射さないので気温が上がらず、家の中が12℃しかない。
あまりに寒いので朝から暖炉を焚き始めた。
アナ&エイドリアンが住んでいるキャンベラの近くはもっと寒いが、家の中は暖房がきいている。
シドニーの家は夏仕様なのでスカスカ、断熱性がなくて寒いのだ。
タジーとブーツも暖かい暖炉のそばから離れない。
2018.06.05.02s.jpg
2018.06.05.03s.jpg
posted by Tats at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年06月04日

午後からまた雨

今日の午前中は少し晴れ間が覗いていたので、家のまわりの掃除をした。
強風で吹き寄せられた落ち葉をかき集めていると、お向かいのリナーテ&アーヴィンがお茶に呼んでくれた。
午後からは、また暗い雲が広がって、雨が降ってきた。
時折り風が強く吹き付け、窓を揺らしている。
夕方、アナ&エイドリアンが来るまでに、暖炉を焚いておいてやろう。
posted by Tats at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月03日

まだまだ雨の日

今朝、少し晴れ間が出たかなと思ったら、急にどしゃぶりの雨が降ってきた。
その後も晴れたり曇ったり。最高気温が16℃くらいしかないので、午後から暖炉を焚いている。
明日は、アナ&エイドリアンが犬たちを連れて泊まりに来るので、少しは天気が良くなってほしいものだ。
posted by Tats at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月02日

冬空

2018.06.02.00s.jpg
今日も冷たい風が吹き、雨が降ったりやんだり。
どんより暗い空を見ていると気が滅入る。
シティのサリーヒルズではマーケットが開かれているのだが、人出が少なく、早々に店じまいをしていた。
2018.06.02.01s.jpg
posted by Tats at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月01日

冷たい風雨

2018.06.01.01s.jpg
昨夜から猛烈な冷たい風が吹き、雨が降ってきた。
外へ出るときはスキー・ジャケットが必要だ。
道行く人たちも、マフラーをして分厚いコートを着込んでいた。
道端は強風で吹き寄せられた落ち葉でいっぱいだ。
この寒波はオーストラリアの東南に居座っているそうで、シドニーから南側、キャンベラやメルボルンも軒並み零度近くまで気温が下がった。
いきなり真冬になったようで、身体がついてゆかない。そろそろ暖炉を焚くかな。
posted by Tats at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記