2018年05月28日

Controlled Burning

2018.05.28.01s.jpg
昨日からシティの上空には煙がたなびいている。空気が汚れて焦げ臭い。
Controlled Burningといって、「Hazard Reduction」の一つで、シティ周辺のナショナルパークや山で、野焼きをしているのだ。
ブッシュ・ファイヤーの発生を防ぐために必要な作業なのだが、この数日は不快である。
posted by Tats at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記