2018年02月28日

Back to summer

2018.02.28.01s.jpg
今日の日中は30℃近くまで上がり、夏が戻ってきたような陽気で、青空が眩しかった。
上の写真は、今日のBondi Beach。
暦の上では、今日、2月28日で夏が終わる。
残り少ない夏の光を求めて、大勢の人で賑わっていた。
posted by Tats at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月27日

ようやく晴れ間

2018.02.27.01s.jpg
ようやく雨がやんで、今日は午後から陽が射してきた。青空が見えるとうれしい。
天気が回復しているうちにと、早速、溜まっていた洗濯物を片付け、芝生を刈った。
身体に直接あたるような強い太陽の光が心地良い。
posted by Tats at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月26日

薄ら寒いシドニー

今日も一日中、雨が降ったりやんだり。陽が射さないので、気温が上がらず、家の中は18℃くらいか。
クイーンズランドの家に行っているヘレンによると、あちらは、33℃まで上がり、猛烈に蒸し暑いそうだ。
故障していたポンプの修理がすんだので、プールの水がきれいになり、毎日、泳いでいるとのこと。
薄ら寒くて、長袖・長ズボンが必要なシドニーとはえらい違いだ。
posted by Tats at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月25日

久々の大雨

2018.02.25.01s.jpg
今日は早朝から霧雨が降り始め、午後には激しい風雨となり、夜になっても降り続いている。
庭に二つあるレインウォータータンクは満杯で、あふれだしている。
先週から、北側のクイーンズランドも南側のキャンベラも洪水が発生するほどの大雨なのだが、シドニーだけずっと雨が降らなかった。
久々の雨でうれしいが、ちょっと降りすぎで、庭の芝生がずくずくだ。適度に降ってくれないので困ったものだ。
posted by Tats at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月24日

リナーテ&アーヴィンが帰ってきた

お向かいのリナーテ&アーヴィンが別荘から帰ってきたので、一緒にコーヒー。
リナ―テは首を寝違えたのか、痛みがひどく、さらに頭痛がして、夜、眠れないとのこと。
昨日医者に行って、痛み止めをもらい、X線写真を撮ってきたそうだ。今日の午後、またクリニックへ行くと言っていた。
ヘレンもタイで痛めた腰と、さらに首から肩にかけての痛みが取れないで困っている。
しばらく安静にしているしかない。
二人とも大事に至らなけれがいいが。
posted by Tats at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月23日

金曜日はヨーガのレッスン

毎週金曜日はヨーガのレッスン。
先生のメイは、マレシーアにいるお母さんの様子を見に行っていたのだが、先週、帰ってきた。
90歳近いお母さんは自宅で転んで、入院しているとのこと。高齢者が転倒すると致命的になりかねないので、危ないものだ。
メイは旅行中に喉を痛め、まだ声がガラガラで痛々しかったが、しっかりレッスンしてくれた。
レッスンの後、ヨーガ仲間のローラが話しかけてきた。
息子が日本人と結婚するのよ、と言う。二人とも考古学者で、なんと奈良で発掘作業をしているというのでびっくり。
いつか二人とどこかで会えるといいな。
posted by Tats at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月22日

朝晩は薄ら寒いシドニー

今日もシドニーは曇って、気温が上がらず、朝晩は薄ら寒い。
クイーンズランドに行っているヘレンとチェスターは、家のメンテで忙しい。
ヘレンの家は、プールのポンプのメンテや芝刈りも終わったのだが、チェスターの家は、あいにくの雨で作業が進まないでいる。
屋根が雨漏りしているところがあるのだが、滑って危ないので屋根の上に登れないそうだ。
雨がやまないと芝生も枯れないし、屋根の修理もできないので、困ったものだ。
3月6日にシドニーへ帰ってくる予定なのだが、それまでに終わるかな。
posted by Tats at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月21日

ランチに来れなかったジョイス

今日はCancer Councilのランチの会だったので、いつものように、ジョイスをナーシングホームへ迎えに行った。
部屋に行くと、ジョイスはベッドの横のソファに座って、眼を閉じて、まるで眠っているように見えた。
ランチに出かける用意はしていないようだった。
ジョイスに話しかけると、彼女は眼を開けて、今日は外に出たくないと、ぼんやりした表情で言う。
冷たいジョイスの手を握りながら、しばらくそばにいた。
すっかり耳が遠くなったジョイスと会話するのは難しい。ジョイスも聞き取れなくてもどかしいだろう。
壁に貼ってある家族の写真を見ながら、思い出話をする時だけは、彼女の顔に微笑みが浮かぶ。
ジョイスと別れて、部屋の外で看護師に聞くと、先週はもっと具合が悪く、ベッドで寝たきりだったとのこと。
ジョイスは後2ヵ月ほどで102歳を迎える。
彼女の容体がどうなるかわからないが、皆で誕生日をお祝いしてあげたいものだ。
posted by Tats at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年02月20日

ジョージ&ファーン宅で夕食

昨夜、少し雨が降ってくれたおかげで、気温が一気に下がった。今日は曇りで、日中も22℃と涼しい。
夜、友人のジョージ&ファーン宅が夕食に呼んでくれた。
タイ土産のコーヒー豆を持っていってあげた。
ジョージが料理してくれた前菜と、
2018.02.20.01s.jpg
メインはサーモンと野菜。
2018.02.20.02s.jpg
デザートは、ファーンのラズベリーケーキで、お腹いっぱいである。
2018.02.20.03s.jpg
人が楽しそうに飲み食いしていると、猫のトフィーが、ワタシにも何かください、と寄ってくる。
2018.02.20.04s.jpg
ファーンが、トフィーにお手を教えている、というのだが、なんだかやる気のない中途半端な猫パンチにしか見えない(^^)。
犬と違って、猫に芸をしこむのは、難しいようだ。
2018.02.20.05s.jpg
posted by Tats at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年02月19日

まだまだ荒れた海

2018.02.19.01s.jpg
今日は朝から雲が多く、気温は27℃くらいなのだが、ちょっと蒸し暑い。
夕方、汗を流しにClovelly Beachへ行ったら、昨日に引き続き、かなりの荒波で泳ぎにくい。
4時半頃、突然、黒い雲が広がり始めたので、皆、あわてて帰り支度をして帰路についた。
2018.02.19.02s.jpg
posted by Tats at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月18日

大荒れの海

2018.02.18.01s.jpg
昨日から、オーストラリアの海沿いは、高波で大荒れだ。
ゴールド・コースト辺りのビーチはほとんど遊泳禁止になっている。
うちの近所のClovelly Beachも、今朝、泳ぎに行ったら、引き潮なのに、いつもよりずっと波が高い。
コンクリートのプラットフォームまで海の水が上がってくる。
海の中にいると、高波に身体が揺られ、酔いそうになる。
2018.02.18.02s.jpg
対岸では、ボーイズたちが、高波が来た時、波に向かって飛び込み、波に乗って岸に戻ってくるという遊びをやっていた。
うまくタイミングが合えば、波と一緒に身体が持ち上がり、まるで波の中を歩くように岸の上に上がって、立って戻って来れる。
結構あぶない遊びなので、良い子はマネしないように。
2018.02.18.03s.jpg
posted by Tats at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月17日

「Banjawarn」Gallery Central, PERTH

夕食時、TVのニュース番組を見ていたら、突然「オームシンリキョ」という言葉が耳に飛び込んできて、画面に釘付けになった。
1993年、地下鉄サリン事件を起こす2年前、オウム真理教は、西オーストラリアのパースから北東800キロも離れた古いファームを買い取った。
そのBanjawarnという、人里離れた荒れ地で、サリンの製造実験をやっていたらしい。
さらに爆発や発光が見られたため、彼らは核兵器を作ろうとしたのではと噂されている。この周辺はウランが採掘できるのだ。
現地を訪れたChristopher Charlesというヴィジュアル・アーティストが、「Banjawarn」という作品にまとめ、PerthのGallery Centralで、3月3日まで開催されているとのこと。
このサイトに概要が出ている。
1995年の4月、オウム真理教の事件で日本中が大騒ぎになっている頃、ぼくはインドを旅していた。
現地のTVで、オウムを扱った日本の番組を見たことを思い出した。
今日、オーストラリアでオウムのことをTVで見るのは、なんだか不思議な感じだ。
posted by Tats at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月16日

人恋しいSweetie

2018.02.16.01s.jpg
タイ旅行から帰ってきてから、ポールの家に遊びに行ってきた。
タイへ行く前、ポールは猫のSweetieが家に出入りできるよう、キッチンの窓の横にドアをつけてやった。
Sweetieは、皆がタイ旅行から帰ってきてから、以前より、人に甘えるようになったそうだ。
餌と水は隣家に頼んで、補給してもらっていたが、やっぱり三週間、家で一人ぼっちで過ごしたのは寂しかったのだろう。
2018.02.16.02s.jpg
posted by Tats at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年02月15日

Clovelly Beach

2018.02.15.01s.jpg
昨日は蒸し暑かったが、夜になってから、風が吹き、熱気を追い払ってくれたので、今日は爽やかな一日だった。
午後、近所のClovelly Beachへ。
2月になると水温が上がり、肌に心地よい。魚影も多くなった。
2018.02.15.02s.jpg
posted by Tats at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月14日

ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ

ヘレンとチェスターは今朝、タムワース経由で、クイーンズランドへ向かった。
今日のシドニーは朝から蒸し暑くて、車に荷物を詰め込む作業で、汗びっしょり。
タムワースは40℃近くまで上がるとの予報なので、もっと大変だ。
明日の朝は、タムワースのカウンシルが雑草のインスペクションに来て、午後は、お隣さんと打ち合わせ。仔牛を放牧されてほしいそうだ。囲いをどう設置するのか、水や餌の補給をどうするとか、いろいろ決めないと。
クイーンズランドの家のプールのポンプも、異音がするというので、業者に来てもらって見てもらわないといけない。
それから、貸している家の退去後のインスペクション、と清掃・補修作業が待っている。
posted by Tats at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月13日

タイ旅行の写真の整理

2018.02.13.01s.jpg
タイ旅行の写真の整理をようやく始めた。
上の写真は、シドニー空港で、出発前に撮ったもの。下は、バンコックでの最終日、ホテルをチェックアウトした時。
あまり変わっていないように見えるが、皆、体重が2sほど減った。
タイでの食事は量が少なく、オーストラリアの半分くらいしかない。
値段は安いので、お腹がすくなら二食注文すればいいのだが、現地化してくると、そんな気になれないものだ。
小食を続けていると、胃が小さくなってくる。
ダイエットしたい人は、タイの田舎で一ヵ月暮らせばいいと思う。
2018.02.13.02s.jpg
posted by Tats at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月12日

まだまだ忙しい

タイ旅行から戻ってきたとたん、いろいろな要件が山積みで、ゆっくり写真の整理もできないでいる。
タムワースのファームは、カウンシルがインスペクションに来るので立ち会わないといけないし、クイーンズランドの家は、お隣さんから電話があって、プールのポンプが異音を発しているとのこと。それから、貸していた家のテナントが出ていくので、その後処理とか、たくさんやることがある。
それで、明後日からヘレンとチェスターは、タムワース経由でクイーンズランドへ向かう。
チェスターは自分の家のメンテもしないといけないし。きっと芝生がぼうぼうに伸びているだろう。
posted by Tats at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月11日

日常復帰作業中

今日は朝から掃除・洗濯・買い物で、まる一日過ぎてしまった。
明日は、芝刈りや延びてしまった植木の枝を掃ったり、と庭仕事をしなければならない。
たまっていたメールの返事を書いたり、お気に入りのサイトを読んだりもしたいし、しばらく家を留守にしていると、日常復帰作業に時間がかかるな。
posted by Tats at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年02月10日

シドニーへ帰ってきました

2018.02.10.01s.jpg
今朝、バンコックからシドニーへ帰ってきた。エミレーツ便はオーストラリア人で満員。
飛行機の中ではほとんど眠れなかったので、夕方まで寝て、夜、マルーブラ・ビーチへ食事に行ってきた。
人と車にあふれスモッグに覆われたバンコックとは違って、青い空と海を眺めながら歩道をのんびりと歩けるのがうれしい。
posted by Tats at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記