2017年08月31日

アイヴァンのお葬式

2017.08.31.01.jpg
今日は、アイヴァンのお葬式。
アイヴァンを偲んで、教会にはたくさんの人たちが参列に来ていた。
2017.08.31.02.jpg
敬虔なカトリックだったアイヴァンはメリーと一緒に、毎週この教会のミサに来ていた。
見事な意匠の棺桶と飾られた美しい花を見ると、アイヴァンがもういないという事実を突きつけられたようで、よけいに悲しくなる。
2017.08.31.03.jpg
アイヴァンの甥のジョンがスピーチし、1時間15分ほどで、式は終わった。
2017.08.31.04.jpg
それから、親族は墓地へ向い、他の人たちは出棺を見送った。
2017.08.31.05.jpg
葬儀の後のレセプション(会食)は、メリーとアイヴァンが住むリタイアメント・ヴィレッジのラウンジで行われた。
コーヒーやワインがふるまわれ、サンドウィッチなどをつまみながら、思い出話に花を咲かせた。
2017.08.31.06.jpg
ラウンジの片隅には、アイヴァンが書いた本や思い出の品が飾られ、
2017.08.31.07.jpg
TVモニターには、アイヴァンの子供の頃からの写真がたくさん映し出され、話しは尽きなかった。
2017.08.31.08.jpg
8年前の今日、8月31日は、ぼくの父が逝ってしまった日だ。その同じ日にアイヴァンの葬儀が行われた。二人の思い出を重ね合わせてしまう。
posted by Tats at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月30日

二人のお守り

2017.08.30.01.jpg
今日はソフィアとジュリエットのお守り。
子供は一人の時は静かでも、人数が増えると、その2倍はしゃぎまわって、うるさい。女の子二人だし(^^)。
2人だと、うるささが、4倍になり、3人だと6倍に、4人だと8倍になるように気がする。
おとなしくしているのは、アニメを見ながらアイスクリームを食べているときだけである。
家の中で暴れ回わっていた二人を車に乗せ、ランチを持って、昨日に引き続き、Centennial Parkへ。
また池の鳥たちにパンくずをやったり、プレイグラウンドで遊んだり。
2017.08.30.02.jpg
今日は素晴らしい快晴で、陽射しが暖かく、カモの群れが気持ちよさそうに日向ぼっこしていた。
2017.08.30.03.jpg
posted by Tats at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月29日

ソフィアのお守り

2017.08.29.01.jpg
今日も曇り時々晴れで、寒い一日だった。
ポール&ソムに頼まれて、朝からソフィアのお守り。
午前中、ソフィアはyoutubeで映画を見たり、塗り絵をして遊んでいた。
2017.08.29.02.jpg
午後、少し晴れ間が出てきたので、Centennial Parkへ連れて行ってやった。
池にいる鳥たちにパンくずをやるのをいつも楽しみにしているのだ。
2017.08.29.03.jpg
家から持ってきたパンをちぎってやろうとすると、あっという間に、鳥たちに囲まれて、奈良公園の鹿状態になってしまった。あまりの鳥の多さにソフィアはちょっと怯えていた。
冬はもともと餌になるモノが少ないし、こう寒いとパンくずを持って来てくれる人も少ないので、お腹がすいているのだろう。
コカトゥーは遠慮なく飛び乗ってくるし、黒鳥にズボンやシャツをついばまれて催促される。
2017.08.29.04.jpg
このコカトゥーはチェスターの頭のてっぺんが気に入ったようで、ずっととまっていた。
コカトゥーはするどい爪とくちばしを持っていて、うっかり手を出すと怪我をするのだが、むこうからやってきてこちらの肩や頭にとまるときは、爪を出したりしないで、柔らかく乗っていてくれる。
餌をもらうときのマナーをちゃんと心得ているのはエライな。
2017.08.29.05.jpg
posted by Tats at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月28日

冬に逆戻り

昨日から冬に逆戻りしたような寒さで、ヘレンは今日も暖炉を焚いている。
メリーから連絡があり、アイヴァンのお葬式は木曜日に執り行われることになった。メリーはいろいろな準備で、てんてこ舞いとのこと。
アイヴァンの直系の親族はもういないが、人望が厚かった彼を偲んで、たくさんの友人たちが参列してくれるだろう。うちも家族皆で出席する予定だ。
posted by Tats at 15:34| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月27日

雪のキャンベラ

2017.08.27.10.jpg
快晴だった今朝からうってかわって、午後から雲が広がり、雨が降ってきた。
風も強く寒いので、ヘレンは暖炉を焚き始めた。
シドニーは急に悪天候になったが、キャンベラはもっと寒く、零下3℃とのこと。
雪が降ってきた!とアナが電話してきて、写真を送ってくれた。
下は、ドイツ原産のせいか、寒いのはわりと平気なブーツ。
2017.08.27.11.jpg
posted by Tats at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

Centennial Park

2017.08.27.01.jpg
今朝、天気がいいので、ヘレンと友人のセシリアと一緒に、うちの近くのCentennial Parkへ散歩に行ってきた。
犬の散歩に来た人たちや、
2017.08.27.02.jpg
乗馬を楽しんでいる人たちがたくさんいて、
2017.08.27.03.jpg
日当たりの良いカフェも賑わっていた。
2017.08.27.04.jpg
今は、まだ初春で気温が低く、咲いている花が少ないが、
2017.08.27.05.jpg
キク科の花はきれいに咲いていた。
2017.08.27.06.jpg
ブラック・スワンのカップルには子供が生まれていた。
黒鳥は、ヒナのうちは羽毛がまだ黒くならない。茶色っぽいグレーで、ふかふかして可愛い。
2017.08.27.07.jpg
下は道路を横断中のギースの群れ。車の様子をうかがいながら、ちゃんと渡っていた。
2017.08.27.08.jpg
posted by Tats at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月26日

Lurline Chamber Orchestra

昨夜は、Lurline Chamber Orchestraのコンサートを観に、Prince Henry Centreへ行ってきた。
チェンバー・オーケストラでは、ACO(Australian Chamber Orchestra)が有名だが、他にも、オーストラリアには各地に小さなグループがたくさんあって活躍している。
グループの名前の由来になっているLurline Bayは、Coogee Beachの一郭にある小さな岩場で、このオーケストラを作ったLindsay姉妹のホームタウンである。
リーダーのマリア・リンゼイを始め、10人くらいの奏者は皆、素晴らしい腕前だ。
Peter Warlock「Capriol Suite」

この日、演ったのはロッシーニやサラサーテの名曲の他、Holstの「A Moorside Suite」も迫力があって、観客は熱演に拍手喝采。
これは別のグループの演奏だが、ホルストの第三章「March」。

オペラハウスや大きなコンサートホールもいいが、こういう小さな所でステージを間近に観ながら、飲み食いして音楽を楽しめるのはいい。ぜひまた聴きにきたいものだ。

2017年08月25日

ボンダイ・ユニットで庭仕事

今日の午後、ボンダイ・ユニットで庭仕事。庭の片隅に、コンクリートのスラブを敷き詰めた。
このスラブは一枚600x600x40mmもあって、二人でないと重くて持ち上げられない。たった8枚、敷き詰めただけだが、腕や腰が痛い。
夜は、コンサートに行くので、ほっと一息つける。
posted by Tats at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月24日

さようなら、アイヴァン

今朝、友人のアイヴァンが亡くなった。88歳だった。
アイヴァンの具合が悪くなり、入院していることは、奥さんのメリーから聞いていたが、こんな急に逝ってしまうとは。それどころか、もうすぐ家に帰れるのではと思っていたところだ。
病院から電話があってメリーが駆けつけたのは、最期の20分前だったそうだ。
ぼくとヘレンは、メリーとアイヴァンにはとてもお世話になってきた。
結婚式の時、メリーとアイヴァンにはスピーチを頼んだ。アイヴァンにはヘレンの父親役をしてもらった。
2017.08.24.02.jpg
シドニー大学で薬学を学んだアイヴァンは、長く薬屋に勤めていた。音楽とスポーツも大好きで、リタイアしてから、本を書き始めた。アイヴァンのお兄さんは、オリンピックの短距離走者だったし、高校の同級生のお父さんがボクシング・チャンピオンだったこともあり、スポーツ関係の伝記を何冊か書いた。
メリーとアイヴァンの家に遊びに行くといつも歓待してくれて、アイヴァンは今書いている本のことをうれしそうに話していた。
アイヴァンとは、たくさんの思い出でいっぱいだ。もう彼に会えないと思うと寂しくてたまらない。
posted by Tats at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月23日

セシリア宅でコーヒー

2017.08.23.01.jpg
今日も良い天気で気持ちがいい。
午後、友人のセシリアを訪ねて、一緒にコーヒー。いつものように、猫のモイラが出迎えてくれた。
セシリアはガーデニングが好きで、家の庭だけでは物足らず、前の道にまで、いろいろな植物を植えて育てている。
葉物野菜も作っているので、取り立ての野菜で作るサラダはとても美味しい。
帰りに、ハーブや花の苗を分けてもらってきた。
2017.08.23.02.jpg
posted by Tats at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月22日

庭仕事

2017.08.22.01.jpg
昨日は曇って薄ら寒く、暖炉を焚いていたが、今日は快晴。風も強くなく、陽射しが暖かい。
天気が良いので、半日、庭仕事をやっていた。
芝を刈り、ブーゲンビリアの枝をはらったり、バナナの葉を切り落とした。
2017.08.22.02.jpg
ブーゲンビリアは、これから暖かくなると、枝がどんどん伸びるので、今のうちに短くしておくのがいい。
2017.08.22.03.jpg
posted by Tats at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月21日

根っこ堀り継続中

2017.08.21.01.jpg
天気の良い日を選んで、家の前の根っこ堀りを、少しずつ続けている。
地表に出ている太い根をのこぎりで切って、鉄棒で掘り起こす。
細い根がいたるところにはびこって、取り除くのが大変だ。
あまり長時間作業すると、また腕を傷めるかもしれないので、今日はここまで。
2017.08.21.02.jpg
posted by Tats at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月20日

ミュージカル「Camelot」

2017.08.20.01.jpg
「Camelot」は、中世イギリスの伝説の王、キング・アーサーの物語で、ミュージカルや映画にもなった。
1960年に、Alan Jay Lerner(アラン・ジェイ・ラーナー)が書き、Frederick Loewe(フレデリック・ロウ)が曲を付けたミュージカルがヒットし、1967年には映画にもなっている。
キャメロット城を舞台に、三角関係、王と女王としての尊厳と責任、父と子の確執、騎士道とは何かをめぐってストーリーが展開される。人の悩みは1500年前も今も変わらない。
この日のステージは、アーサー王やクイーンを始め、ランスロットなどを演じた役者たちが、素晴らしいオーケストラと共に、美しい歌声を披露してくれた。
これはWestchester Broadway Theatreのトレイラー。

2017年08月19日

ミュージカル「Camelot」

2017.08.19.01.jpg
今日は友人たちと一緒に、Seymour Centreへ「Camelot」を観に行ってきた。
Seymour Centreにはシドニー大学のパフォーミング・アートのホールがあり、音響も良くステージが見やすいので気に入っている。
2017.08.19.02.jpg
「キャメロット」をステージで見るのは初めてだったが、とても面白かった。感想は明日にでも。
2017.08.19.03.jpg

2017年08月18日

強風のシドニー

昨日から風が強くなったが、今日はもっと激しくなり、風音が唸りを上げている。
風にあおられて大揺れに揺れる木々を窓から見ながら、ボンダイ・ユニットで補修作業の続きをしていた。
posted by Tats at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月17日

ユニットの補修作業

2017.08.17.00.jpg
昨日から少し風が強くなり、月曜日まで煙っていた空が、きれいな青空に戻ってうれしい。
午後、ボンダイ・ユニットで補修作業。ペンキ塗りの他に、剥がれたタイルを貼り直したり、細々とした作業が残っている。
今日は天気が良く暖かいので、窓の外のボンダイ・ビーチは人で賑わっていた。
2017.08.17.01.jpg
posted by Tats at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月16日

Cancer Councilのランチの会

2017.08.16.01.jpg
101歳のジョイスが自宅からナーシング・ホームへ移ってからほぼ一ヵ月たった。
今日のCancer Councilのランチの会に参加できるかわからなかったのが、幸いホームから外出許可が出たので、車で迎えに行った。
ホームのホールで会ったジョイスは危惧していたよりも元気そうに見え、車いすを使わないでも歩いていた。
自宅で一人暮らしをするより、ナーシング・ホームのほうが食事や衛生面でのケアは行き届いているからだろう。
近所のクラブのビストロで、ジョイスはきちんと一人前のランチをたいらげた。
これだけ食べられば、きっと来月もまだ大丈夫だろう。
posted by Tats at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月15日

3日間はペンキ塗り

2017.08.15.01.jpg
昨日からボンダイ・ユニットでペンキ塗り。テナントが出て行った合間を縫っての補修である。
痛んだ天井と壁を拭き掃除し、窪みをプラスターで埋めてから、ペンキを塗る。
幸いチェスターと二人でやるので作業が早い。明日で完了する予定だ。
2017.08.15.02.jpg
posted by Tats at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月14日

Hazard Reduction Burns


昨日の夕方からシドニー全域に焦げ臭い匂いが漂い、空が煙っている。空気が濁っているので、目がしょぼついたり、鼻詰まりやくしゃみなど、花粉症のような症状が出る。
これは「Hazard Reduction Burn」と言って、これから暑くなってBush Fireが発生する前に、危なそうな箇所を、わざと燃やしているためだ。
防災のためにはしかたがないが、ぼくのように花粉症持ちには、とても不快である。
うちから見える夕焼けも赤黒い。早く青空に戻ってほしいものだ。
2017.08.14.01.jpg
posted by Tats at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月13日

ポールの誕生日

2017.08.13.01.jpg
今日はポールの誕生日なので、ビーチ沿いのクラブのビストロでお祝い。
窓から、ヨットやカヌーが行きかう、きれいなビーチが見える。
2017.08.13.02.jpg
ここのビストロは安くてボリュームがあるし、ロケーションがいいので人気がある。
2017.08.13.03.jpg
お腹いっぱいのランチの後、ポールの家へ移動して、お茶とケーキ。
チョコレートケーキはポールが、クリームチーズの方はソムが作ったそうだ。
2017.08.13.04.jpg
カメラを向けると、子供たちは可笑しな顔しかしないので困ったものだ(^^;)。
2017.08.13.05.jpg
下は、今日は人が多くて騒がしいなと思っているに違いないSweetie。
2017.08.13.06.jpg
posted by Tats at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月12日

開き始めたジャスミン

2017.08.12.01.jpg
この数日、暖かくなってきたおかげで、庭のジャスミンがいっせいに花開き始めた。庭に出ると甘い香りが漂っていてうれしい。
今日は朝から掃除洗濯でばたばたしていた。
夕方にはヘレンとチェスターが帰って来るし、夜はポール一家と夕食に行くので、また忙しくなる。
posted by Tats at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月11日

春の陽気

毎週金曜日はヨーガ・レッスンに行くのだが、右肘がまだ痛むので、大事を取ってやめにした。
今日は気温が24℃まで上がり、日中は外を歩くと汗ばむほどだった。
明日は、ヘレンとチェスターがクイーンズランドから帰ってくるし、ホームステイしている人が一人退去するので、掃除・洗濯で日が暮れそうだ。
posted by Tats at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月10日

右肘を傷めてしまった

根っこ堀りをするため、重い鉄棒でガシガシ突いていたら、右肘を傷めてしまった。
肘の内側の筋を無理に伸ばしてしまったようで、曲げたり伸ばしたりすると痛い。
右拳を強く握れないので、モノを持つのも不安定だ。
痛みが引くまでは、しばらく肘を使わないで静養するしかないのだが、困ったものだ。
posted by Tats at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月09日

根っこの除去作業

2017.08.09.01.jpg
Moreeから帰ってきてから、木の根っこの除去作業を再開したのだが、いまだに終わっていない。
サーキュラー・ソーで切れ込みを入れ、突き棒で少しずつ崩してみているが、固くてなかなか作業が進まない。
太い根の下にバーを差し込んでも、びくともしない。
クイーンズランドの家にはチェイン・ソーがある。週末にヘレンとチェスターが帰ってくるので、持ってきてもらおう。
2017.08.09.02.jpg
posted by Tats at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月08日

散り始めたワトル

2017.08.08.01.jpg
今日も快晴で、真っ青な空がきれいだ。
昨日の強風で、庭のワトルの花がだいぶん散ってしまったのは残念だが。
昨夜、ホームステイしていた方が一人、退去して行ったので、掃除と洗濯。
強風は去ったがまだ少し風があるので、ベッドシートやタオルなどが、あっという間に乾いてしまった。
posted by Tats at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月07日

今夜は満月

2017.08.07.01.jpg
今日のシドニーは天気は良いのだが、猛烈な強風で、外を歩けないほどだった。
午前中、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。
リナーテは脚が痛くて、昨日は一日中寝ていたとのこと。リナーテは両足の骨を骨折し、金属製のプレートを入れる手術をした後、歩けるようにはなったが、痛みが引かない。X線写真を撮って調べてもらっているそうだが、どう処置したらよいか、まだよくわからないとのこと。
メリーから電話があり、入院中のアイヴァンにガンが見つかったそうだ。モルヒネを使っているというから、かなり痛みがあるのだろう。もしかするとアイヴァンにはもう会えないかもしれない。
今夜は満月で、窓の外が明るい。病院にいるジョイスやアイヴァンにも、同じこの美しい月が見えるだろうか。
posted by Tats at 19:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月06日

Bondi Beach

2017.08.06.01.jpg
今日も素晴らしい快晴なので、ボンダイ・ビーチへ散歩に行ってきた。
暖かい陽射しを求めてやってきた、たくさんの人たちで賑わっていた。
泳いでいる人もいたが、海から上がって風にあたるとかなり寒いだろう。
海の水は22℃と、気温より少し高いが、快適に泳げるようになるまではまだまだかかりそうだ。
2017.08.06.02.jpg
posted by Tats at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月05日

Sculpture at Barangaroo

2017.08.05.01.jpg
今日は気持ちの良い快晴だった。
友人たちと一緒にSurry Hills Marketをのぞき、ランチを食べたあと、「Sculpture at Barangaroo」を見に行ってきた。
2017.08.05.02.jpg
毎年、11月にBondi Beachで、最大の野外アート展覧会「Sculpture by the Sea」が開催されるのだが、そこから選ばれた作品が展示されている。
2017.08.05.03.jpg
開催期間は、今日、8月5日から20日まで。
展示作品は14点しかないが、ボンダイよりもずっと広々とした空間で、アートをのんびり見るのはいいものだ。
2017.08.05.04.jpg
これは、アボリジニの絵を帆に掲げた帆船が、土に沈み込んでいて面白い。
2017.08.05.05.jpg
定番の、なんだか大きいものシリーズ。
空気をポンプで送り込んで膨らませた巨大スニーカーで、子どもたちが登って跳ね回りたがりそうだ。
2017.08.05.06.jpg
posted by Tats at 20:27| Comment(1) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月04日

冷たい風の一日

2017.08.04.01.jpg
昨夜は急に大雨が降ってきて、屋根を叩く激しい音に驚いた。
今日は晴れてくれたが、冷たい風が吹いてとても寒い。まるで冬に戻ったようだ。
少し咲き始めていた裏庭のジャスミンも、つぼみがたくさん膨らんだ状態のまま、春を待っている。
2017.08.04.02.jpg
posted by Tats at 19:20| Comment(1) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年08月03日

また雨の日

今日も気温が18℃くらいまでしか上がらず、陽が当たらない所にいると薄ら寒い。
午後は晴れ間がのぞいていたのだが、夕方からまた雨が降ってきた。
ヘレンが行っているブリスベンの北部では、日中は25℃あるそうで、うらやましい。
早くシドニーも春らしい陽気になってほしいものだ。
posted by Tats at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記