2017年03月01日

叔父の90歳の誕生日

2017.03.01.01.jpg
1月末に危篤状態になったが奇跡的に回復した叔父は、今日、3月1日に、90歳の誕生日を迎えることができた。
叔父がお世話になっているナーシングホームのはからいで、三日目前の日曜日、ぼくがシドニーへ帰る直前に、誕生日祝いをやらせていただいた。
ゼリー食しか食べられなくなった叔父のために、妹がイチゴとチョコレートをムースにしてケーキを作り、叔父は美味しそうに食べてくれた。
2017.03.01.02.jpg
妹がピアノを弾いて、皆でハッピー・バースデイを歌った。
叔父の目はもうあまり見えないが、耳はまだ大丈夫だろう。昔、叔母が一日中弾いていたこのピアノの音を、叔父はきっと楽しんでくれたと思う。
2017.03.01.03.jpg
もう長くはないということは、お互いにわかっているが、叔父とのお別れはすんだと思うと、悲しくてやりきれない。
帰りの飛行機の中で、涙がぽろぽろ出てきたが、「しっかりせいよ」と、叔父の声が聞こえてきそうだった。
2017.03.01.04.jpg
posted by Tats at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち