2017年02月05日

叔父と叔母の容態

P1280132.jpg
叔父は嚥下がうまくいかないので、水も含めて、とろみをつけたゼりー状の食べ物しか受け付けない。
今日は昨日より具合が良いようなので、一時間ほど、ベッドから車椅子に移動し、上体を起こした状態でTVの前に座らせた。
意味のある会話はほとんど成立しないので、TVをぼんやり見ながら、時々、ゼリー状の食べ物を、ベビーに食べさせるように、スプーンでほんの少しずつ口に運んでやる。一時にたくさん口に入れると呑み込めず、気管に入ってしまうので注意が必要だ。
それでも昨日より確実に体力が回復している様子を見てうれしかった。
P1280122.jpg
叔母は去年から車椅子生活だが、ホームに入ってから食事や入浴などの生活が安定したせいか、ずっと健康になった。
デイケア・サービスなどで使う多目的ホールに自宅から持ってきたピアノを設置したので、妹が叔母の車椅子を押してピアノを弾きに連れて行ってやれる。
ブルグミュラーの練習曲を、ぼろぼろになった楽譜を見ながら、右手で弾き、左は妹が弾いて、二人で合奏していた。
posted by Tats at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと