2017年02月04日

叔父のお見舞い

P1280003.jpg
シドニーからシンガポール経由で関空に飛び、奈良の実家に昼近くに着いた。
気温は5℃くらいまで下がったようだが、幸い天気が良く、陽射しが心地よかった。
午後、妹と一緒にナーシングホームに入っている叔父・叔母の様子を見に行った。
叔父の衰えぶりは想像以上で、言葉も不明瞭で何を言っているのかよくわからない。全身の筋肉が落ちて、悲しいほど細くなってしまった。
寝たきりで、ゼリー状の流動食を少し口にするだけだ。手を握りながら、そばにいることしかできない。
posted by Tats at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと