2016年09月01日

作製中のブックカバー

2016.09.01.01.jpg
ブックカバーのデザインを決め、革を切って、接着剤で固定し、パンチで穴を開けた。
あとは針と糸で縫えばいいのだが、これがやってみるととても難しい。
木工をやったせいか、図面通り正確に切ったりする作業は楽だったのだが。木材より革のほうが柔らかいので、力はいらないし。
縫うという作業をしたのは、50年前に小学校の家庭科の授業で、運針の練習をして、ぞうきんを縫った以来だ。
うまく縫えるようになるには、もう少し練習が必要である。
posted by Tats at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記