2016年09月30日

またしばらく留守番

ヘレンとチェスターがまたクイーンズランドへ行き、ぼくはホームステイの世話があるので、今日からまた留守である。
向こうの家のテナントの入れ替えがあるし、チェスターの家を貸す準備はこれから着手するので、まだまだ行ったり来たりが続きそうだ。
posted by Tats at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月29日

ポール一家とMaroubra Beachへ

2016.09.29.01.jpg
昨日の夕方、ポール一家とMaroubra Beachで待ち合わせて、子供たちが遊んでいるプレイグラウンドの横の芝生でピクニック。
天気は良いのだが、ビーチ沿いは風が強いので、肌寒い。
2016.09.29.02.jpg
その後は、皆でうちに来て一緒に夕食。
2016.09.29.03.jpg
食後、子供たちは映画に夢中。
シエナはもう10歳なので、Foxtelでteen向けの映画を見たがり、
2016.09.29.04.jpg
TVをシエナに占領されたリアムはぼくのパソコンで「Despicable Me」を、ソフィアはタブレットで「Peppa Pig」をyoutubeで観ていた。
それぞれ別のモノを観ているのに、なぜか一緒にイスに座って観たいらしい(^^)。
2016.09.29.05.jpg
posted by Tats at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月28日

Cat Tower

2016.09.28.01.jpg
今日もきれいな青空が広がる快晴だった。
午後、ジョージ&ファーン宅でお茶。
猫のトフィーは新しく買ってもらったCat Towerがお気に入りで、天辺まで飛び乗って、駆け下りて、遊んで、大騒ぎしていた。
2016.09.28.02.jpg
posted by Tats at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月27日

チェスターの誕生日祝い

2016.09.27.01.jpg
昨日はチェスターの68歳の誕生日なので、ポール一家が遊びに来て一緒に夕食。、
2016.09.27.02.jpg
食後は子供たちが好きなパーティー・ゲーム「Pass the Parcel」や
2016.09.27.03.jpg
「Pin the Tail on the Donkey」をやって、夜9時過ぎまで遊んでいた。
子供たちは眠たいけどもっと遊びたーいと駄々をこねてなかなか帰ろうとしなかった。
2016.09.27.04.jpg
posted by Tats at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月26日

パスポートカバーが完成

2016.09.26.01.jpg
パスポートカバーが完成した。
カードを入れるポケットなどはいらないので省いて、徹底的に軽量化した。
左側にゴムバンドをつけて、何かを挟めるようにしたが、これも不要かもしれない。
ループにネックストラップを通して首からぶら下げる予定だ。
2016.09.26.02.jpg
ぼくの名前のイニシャル「T」を刻印してみたが、革が薄いので、浅くしか刻印が打ち込めず、ほとんど見えないが。
2016.09.26.03.jpg
今日はチェスターの誕生日なので、夜は、また家族が夕食に来る。
これからいろいろ準備である。
posted by Tats at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月25日

Lunch at La Perouse

2016.09.25.01.jpg
今日は一日雨が降ったり止んだり。
午後、家族皆でLa PerouseへFish&Chipsを食べに行ってきた。久しぶりに賑やかなランチで楽しい。
2016.09.25.02.jpg
子供たちだけデザートにアイスクリームを買ってもらってご満悦。
2016.09.25.03.jpg
食後は全員、うちに来て大騒ぎしていた。
明日はチェスターの誕生日なので、ヘレンが用意したケーキに群がり、我先にと手を出す子供たち。
キャンドルに火をつけるのがうれしくてたまらないらしい。
2016.09.25.04.jpg
posted by Tats at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月24日

ヘレンが帰ってくる

2016.09.24.01.jpg
今日の夕方、ヘレンとチェスターがクイーンズランドから帰ってくるので、朝から掃除洗濯。
幸い今日は爽やかな風が吹く快晴なので、洗濯物を干すにはもってこいだ。
posted by Tats at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月23日

友人たちと夕食

2016.09.23.01.jpg
今日は友人のジョージ&ファーンと以前うちにホームステイしていた人たちを呼んで夕食。
豆乳味噌汁、スモークサーモンとアヴォカドの寿司、チキンと野菜、という、まあいつもとあまり代わり映えしないメニューだが、皆、ぱくぱく食べてくれてうれしい。
2016.09.23.02.jpg
デザートは、シドニーで有名なケーキ店「Black Star Pastry」のStrawberry Watermelon Cakeに挑戦してみたのだが、うまくいかなかった。
公開されているレシピ通りに作ってみたのだが、デリケートで難しい。
水分の多いスイカを使い、バターも小麦粉も使わないので、うまく固まらずグズグズである。
左側は、ファーンが作って来てくれた、ラズベリーとストロベリーのケーキ。これは彼女の定番で、いつも美味しい。
2016.09.23.03.jpg
クリームがユルすぎるので、少しゼラチンを入れて固めればいいのかもしれない。
2016.09.23.04.jpg
posted by Tats at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月22日

セシリア宅で夕食

2016.09.22.01.jpg
今日は友人のセシリアが夕食に招いてくれたので、ワインを抱えてボンダイ・ビーチにほど近い彼女の家へ。
セシリアの姪も遊びに来ていた。
セシリアの息子は魚屋をやっているので、いつも良い魚を格安で手に入れてくれる。
今日はBlue-eye Codで、厚みのある身がぷりぷりで美味しい。
サラダは彼女の家庭菜園でとれた新鮮な葉物野菜。スーパーで買うモノとは鮮度が違う。
2016.09.22.02.jpg
デザートはレモン・タルト。ブルーベリーが乗せてある。
隣家のレモンの木がセシリアの庭にまで枝を伸ばし、いっぱい実をつけているので、買う必要がないとか(^^;)。、
2016.09.22.03.jpg
お腹が一杯になり、コーヒーを飲みながら、足元へゴロゴロしに来た猫のモイラがと遊ぶ。
モイラはもう16才なのだがまだまだ元気でいてくれてうれしい。
2016.09.22.04.jpg
posted by Tats at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月21日

外食の一日

昨日は天気が良かったのだが、今日は雨が降ったり止んだり
昼は、Cancer Councilのランチの会に行き、夜は、友人たちとレバニーズ・レストランへ。
一人$20でお腹いっぱいになった。
2016.09.21.01.jpg
食後は友人のジョージ&ファーン宅に寄ってお茶を飲み、猫のトフィーに触らせてもらった。
トフィーはもうすっかり成猫のサイズになっていた。
お菓子を狙ってテーブルの上に乗ってくるので、ジョージに怒られていたが(^^)。
2016.09.21.02.jpg
posted by Tats at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月20日

パスポート・カバーを縫う

2016.09.20.01.jpg
ようやくパスポート・カバーを縫い始めた。
できるだけ縫う箇所を少なくしたので、Lacing Ponyに挟んで縫う時間はそれほどかからないのだが、オイルや接着剤が乾くのを待っている時間が必要だし、糸の色が気に入らなくてほどいたりしていると、なかなか進まないものだ。
posted by Tats at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月19日

日本は敬老の日

2016.09.19.01.jpg
日本では今日は敬老の日。
叔父叔母が暮らしているナーシングホームでは、お祝いにカードを作ったそうで、妹が写真を撮ってメールしてくれた。
あと半年で90歳になる叔父の笑顔が見られてうれしい。
オーストラリアには、敬老の日という祝日はないのだが、Seniors Weekという週間があり、コンサートや様々なイヴェントが開催される。州によって違うのだが、NSWでは3月、クイーンズランドでは8月だ。
オーストラリアでは60才からシニアで、日本のように前期/後期高齢者とかいう区分はないので、年齢によって医療保険料が上がることもない。
posted by Tats at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月18日

パスポート・カバーに着手

2016.09.18.01.jpg
今日は昨日と打って変わって一日中雨。
陽が射さず薄ら寒いので、外に出る気がしない。レザークラフトをやるには最適だが。
パスポート・カバーのデザインが決まったので、革を切り出した。
革の保護のため、Neatsfoot Oilという牛から取ったオイルを塗るのだが、このカンガルー革の表面に塗ると、色が剥げて下地が見えてしまう。たぶんクロームなめしされているからなのだろう。
それで、Bee Waxを塗るだけにしてみた。革の色は若干濃くなるが、いい感じだ。
午後、ポール&ソムがソフィアを連れて遊びに来たので、今日のクラフトワークはここまで。
posted by Tats at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月17日

Clovelly Beach

2016.09.17.01.jpg
今朝は素晴らしい快晴だったので、Clovelly Beachで過ごしてきた。
泳いでいる人もいたが、海の水はまだ冷たい。たぶん20℃あるかないかくらいだ。
浅瀬で膝まで浸かるだけにしておいた。
2016.09.17.02.jpg
陽射しにあたるとかなり暑いが、肌を焼くほど強くはないので、海辺でごろごろするには快適だ。
2016.09.17.03.jpg
波を見ながら、本を読んで、レザークラフトのデザインを考えたりしていると、あっという間に午後になってしまった。
2016.09.17.04.jpg
posted by Tats at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月16日

音楽は忘れない

2016.09.16.01.jpg
今日は満月で夜になっても外が明るい。庭の芝生の緑が見える程だ。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンとお茶したとき、ぼくの叔父・叔母の話をした。
半年ほど前、神戸に住んでいた叔父と叔母を奈良のナーシングホームに移し、叔母のピアノをホームに寄付した。
自分の足で立つこともできない叔母が、またピアノを弾けるようになるとは思っていなかったが、3ヶ月前、妹が車椅子に乗ったおばをピアノのところへ連れて行くと、今までずっとそうしていたように弾き出したのだ。
手指の力が弱った叔母が、弾くのにつまると、妹が手助けをして、一緒に弾いたりしているそうだ。
感激した妹がメールで教えてくれた。「車椅子に乗った叔母がピアノを弾きだして、どんどんうまくなっているんだよ、昔好きだった曲、今でも憶えているんだね。」
2016.09.16.02.jpg
ぼくも嬉しくて、リナーテ&アーヴィンにその話をしたら、アーヴィンの義姉さんも同じような状態だと聞いてびっくり。
アーヴィンの一番上のお兄さんの奥さんが、ウィーン郊外のナーシングホームに入っている。認知症が進み、足が悪くてほとんど歩けないのだが、音楽の先生だった義姉さんは、今でもピアノを弾いているとのこと。
自分のピアノをホームへ持って行ったところも、ぼくの叔母と同じだ。

音楽は人の心の深い所まで届いて、そこにとどまり続けるのだろう。名前や出来事はもう思い出せなくなっても、人は音楽を忘れない。
ドアーズが歌ったように、音楽は最後までぼくらの友だちだ。
「Music is your only friend until the end」 "When The Music's Over"

下は、叔母のお気に入り、モーツァルトのピアノソナタ第11番 K.331。
posted by Tats at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月15日

春の強風

2016.09.15.01.jpg
今朝は春の嵐とまではいかないが、かなり強い風が吹き、昨日の空を覆っていた雲が吹っ飛んで、真っ青な空が広がっていた。
満開のジャスミンがかなり散ってしまったのは残念だが、洗濯物はあっという間に乾いてくれる。
2016.09.15.02.jpg
午後からまた雲が出てきたが、きれいな夕焼けが見られたので、明日も晴れるかな。
2016.09.15.03.jpg
posted by Tats at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月14日

パスポート・カバーを作る

2016.09.14.01.jpg
レザークラフトの第二弾は、パスポートのカバーを作る。
この前作ったブック・カバーと違って、厚みが一定なので簡単だろうと思って、すぐ型紙を切ってみたのだが、まだデザインに悩み中。
首からぶらさげるようにしたいのだが、紐を通す穴をどういうふうに作るのがいいか?
posted by Tats at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月13日

騒音とホコリ

2016.09.13.01.jpg
うちの向かいの家は一年くらいかけて改築中だ。
改築と言っても残す部分はごく少なく、ほとんど新築に近いので、時間がかかっている。
この辺りの地面の下は固い岩盤なので、基礎工事やプールを造るために削岩するのが大変なのだ。
朝7時から大きなトラックとブルド−ザーがやってきて、午後3時までジャック・ハンマーの音が鳴り響いている。騒音とホコリで困ったものだが仕方がない。
上の写真は一日の仕事が終わって、工事人が帰った後。静かになるとほっとする。
posted by Tats at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月12日

Rainbow Lorikeet

2016.09.12.01.jpg
暖かくなってBottle Brushの赤い花がたくさん咲き始めると、Rainbow Lorikeetが集団でキチェッと騒がしく鳴きながら花の蜜を吸いにやって来る。
ロリキートの赤と緑の色鮮やかな身体は、一見しただけでは樹の中に何羽いるのかわからないくらい、見事な保護色になっている。
ボトル・ブラシとロリキートはとても似合うのだ。
posted by Tats at 18:57| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月11日

Festival of the Winds

2016.09.11.01.jpg
今日は天気が良く、「Festival of the Winds」が開催されたボンダイ・ビーチは見物客で大賑わい。
ビーチは、この凧揚げ大会を見に来た人たちで埋まっていた。
2016.09.11.02.jpg
一番目立っていたのは、この茫洋としたキャラ。
2016.09.11.03.jpg
ドラゴンも可愛い。
2016.09.11.04.jpg
大物は揚げるのがちょっと難しいらしく、てこずっていたが、
2016.09.11.05.jpg
なんとか揚がって、皆の仲間入り。
2016.09.11.06.jpg
posted by Tats at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月10日

リアムのお守り

2016.09.10.01.jpg
今日はポール&ソムが仕事仲間のパーティーに行くというので、リアムのお守り。
最初は三人のお守りは大変だなあと思っていたが、幸いシエナとソフィアはソムの友だちの所に遊びに行くことになって助かった。
うるさい姉妹がいないと、リアムはタブレットもパソコンもTVも独占できるので密かに喜んでいるし(^^)。
2016.09.10.02.jpg
ランチの後、リアムを連れてマルーブラ・ビーチへ。
2016.09.10.03.jpg
風が強いせいか今日の海は波が高く、遊泳禁止になっていた。
ちょうどサーフィン・コンテストをやっていて、サーファーは大喜びで波をつかまえていた。
2016.09.10.04.jpg
リアムと一緒に砂のお城を作っていると、あっという間に夕方になった。
やっぱり男の子は土木工事が好きである。
2016.09.10.05.jpg
posted by Tats at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月09日

5人で夕食

2016.09.09.01.jpg
昨夜は友人たちが遊びに来てくれたので、総勢5人で夕食。
枝豆をつまみに、まずはスパークリング・シラーズで乾杯。
ワカメ・サラダ(キュウリ、トマト、フェタチーズ、タコが入っている)に、スモークサーモンとアヴォカドに海苔とゴマを入れた寿司、肉料理は、唐揚げチキンみたいなモノで、オーブンで焼いた野菜を合わせて、バルサミコ・ヴィネガーと赤ワインのソースをかけた。
2016.09.09.02.jpg
デザートにはクリーム・チーズ・ケーキを作っておいた。
ヘレンがたくさん買っておいてくれた今が旬のイチゴを煮てピュレにして、クリーム・チーズに混ぜこむと、きれいなピンク色になった。
2016.09.09.03.jpg
ミクスチャーがちょっとユルかったので、ムースみたいな仕上がりになってしまったが、おみやげに持ってきていただいたレモンのソルベを添えて、爽やかで美味しい。
2016.09.09.04.jpg
posted by Tats at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月08日

天気が下り坂

このところ良い天気が続いていたが、今日は曇ってきた。小雨が降るかもしれない。
今夜は友人たちが夕食に来るので、これから準備である。
posted by Tats at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月07日

完成したブックカバー

2016.09.07.01.jpg
レザークラフトの第一弾として作っていたブックカバーは3日前に完成した。
一番最初に縫った部分は縫い目がガタガタなので、ほどいて縫い直そうかと思ったが、まあ記念にこのままにしておくことにした。
牛よりも丈夫だといわれるカンガルーの革を使い、できるだけ薄く軽くした。
大きな一枚革ではなく、小さな端切れを買ったので、革の費用は50円程度ですんだ。
構造や加工は簡素にし、メンテナンスしやすいようにしてある。
携帯時は、カバーで本をくるみ、ゴムひもで留めて、本が開かないように固定するので、小口を保護できる。
ゴムひもを取り付けたボタンは、ヘレンのボタンコレクションを漁って探してきた。
手持ちの文庫本で一番分厚い、中薗英助の「オリンポスの柱の蔭に」を入れてみた様子。
2016.09.07.02.jpg
開いて内側から見たところ。
ブックマーク用の紐は2本にした。読んだページの他に、よく巻末にある注のページをマークしたりできる。
2016.09.07.03.jpg
読む時は、カバーの左折り返し部分をはずして、
2016.09.07.04.jpg
裏表紙の前に挟む。
2016.09.07.05.jpg
こんどは一番薄い本、小川洋子の「夜明けの縁をさ迷う人々」を入れてみたところ。
2016.09.07.06.jpg
ゴムひもはボタンの所でもう一周回せば短くできるので、ゆるゆるにはならない。
2016.09.07.07.jpg
ヘレンに見せたら、聖書を読みませんかと訪ねてまわっている人が持っているみたい、と笑っていた。
まあ実はぼくも本は読めればいいという派なので、カバーなんかしたことがないのだが、革のカバーを付けるとどんな本でも立派に見えるものだ。
これから使いこんでみて革や糸の耐久性をチェックしたい。
さて次はパスポートケースを作ろうかな。
posted by Tats at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月06日

スクール・コンサート

2016.09.06.01.jpg
今日は、シエナとリアムが通っているプライマリー・スクールのコンサートを観に行ってきた。
子供たちが各クラスごとにステージでパフォーマンスを披露する。
2016.09.06.02.jpg
ほとんどは音楽にあわせて踊るパフォーマンスだが、演劇やチャイニーズ・ダンスやリコーダーのグループもある。
2016.09.06.04.jpg
皆、楽しそうに踊っている様子が可愛い。
20組ほどのグループが出演し、1時間半があっという間だった。
2016.09.06.03.jpg
posted by Tats at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月05日

また3週間ほど留守番

今朝、ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ向けて出発した。
ぼくも一緒に行く予定だったのだが、ホームステイの面倒を見ないといけなくなったので、居残ることにした。
3週間ほど、またシドニーで留守番である。
クイーンズランドでは、ヘレンもチェスターもそれぞれの家の補修をしなければならないし、その合間をぬってチェスターは病院へも行かないといけないし、結構忙しい。
posted by Tats at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月04日

Picnic at Sydney Park

2016.09.04.01.jpg
今日はポール一家と一緒にSydney Parkへピクニックに行ってきた。
良い天気で、父の日ということもあって、親子連れで賑わっていた。
Sydney Parkはレンガ工場の跡地だった広大な敷地を、8年目に整備されてできた公園で、工夫を凝らしたプレイグラウンドがあるので人気の場所だ。
Kin(キルン:窯)の一部や機械、煙突が残されていて面白い。
2016.09.04.02.jpg
子供たちはカートで遊んで、お腹がすいたら
2016.09.04.03.jpg
木陰でランチを食べ、またすぐ遊びに行ってしまった。
2016.09.04.04.jpg
公園の中にはレンガ道があり、
2016.09.04.05.jpg
所々、誰かが絵を描いたレンガがはめ込まれている。
2016.09.04.06.jpg
子供たちが描いたのもあって可愛い。
2016.09.04.07.jpg
2016.09.04.08.jpg
posted by Tats at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月03日

ポール一家と夕食

2016.09.03.01.jpg
昨夜はポールたちが遊びに来たので一緒に夕食。
ソフィアはもう20以上数えられるのだが、数字はまだ良く書けない。
1とか7とか直線だとちゃんと書けるのだが、曲線の数字は難しいらしい。
2,6,9などは、左右反転していたり、上下逆さまだったりする。
まあまだ3歳なのでしょうがないか。
2016.09.03.02.jpg
posted by Tats at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年09月02日

ブックカバーを縫い始めた

2016.09.02.01.jpg
ブックカバーを縫い始めたが、糸をどれくらいの力で引っ張ればいいのか、その加減が難しい。
表面に見える糸目がまっすぐになるような縫い方でやってみたのだが、縫い始めの方は案の定、ガタガタである。
背表紙になる部分(暗色の革の部分)になると、少しはうまくなってきた。
2016.09.02.02.jpg
午後からエリザベスがウイリアムとジュリエットを連れてきたので、レザークラフトはここまで。
夜は、ポールたちが夕食に来る。
posted by Tats at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年09月01日

作製中のブックカバー

2016.09.01.01.jpg
ブックカバーのデザインを決め、革を切って、接着剤で固定し、パンチで穴を開けた。
あとは針と糸で縫えばいいのだが、これがやってみるととても難しい。
木工をやったせいか、図面通り正確に切ったりする作業は楽だったのだが。木材より革のほうが柔らかいので、力はいらないし。
縫うという作業をしたのは、50年前に小学校の家庭科の授業で、運針の練習をして、ぞうきんを縫った以来だ。
うまく縫えるようになるには、もう少し練習が必要である。
posted by Tats at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記