2016年05月09日

The Sydney Town Hall Grand Organ

2016.05.09.01.jpg
今日はSydney Town Hallへオルガン・コンサートを聴きに行ってきた。
2016.05.09.02.jpg
このタウンホールには、The Grand Organと呼ばれる世界一大きなパイプ・オルガンがある。
2016.05.09.04.jpg
このオルガンは1890年に設置され、下のビデオのように、5年をかけて補修された。
「Grand Organ sings again」

今日のオルガニストはChristpher Wrenchで、J.S.バッハやアレクサンドル・ギルマンの曲を演ってくれた。
9000本ものパイプで構成されている巨大なオルガンが奏でる音は大迫力で、天から音の塊が降り注ぎ、重低音の持続音が地響きをたてていた。
クリストファー・レンチはオーストラリアが誇る正統派のオルガニストだ。
シドニーでの演奏は残念ながらyoutubeにはなかったが、下はサウス・オーストラリアでの演奏。