2016年05月31日

ヘレンがいてくれる

2016.05.31.01.jpg
昨夜は、ヘレンとチェスターと一緒に、マルーブラ・ビーチのクラブで夕食。
お向かいのリナーテ&アーヴィンも合流して再会を喜んだ。
ヘレンは2日間車を運転していたわりには元気だが、チェスターは折れた肋骨が完治していないので、一日の半分くらいベッドで寝ている。
上は、今日一日、郵便物や請求書の整理に追われていたヘレン。
posted by Tats at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月30日

ヘレンが帰ってくる

2016.05.30.01.jpg
今日はヘレンが帰ってくる。
空気は少し寒いが素晴らしい青空だ。
家の掃除をしてから、花を買いに行こう。
posted by Tats at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月29日

友人たちと一緒に飲茶

2016.05.29.01.jpg
今日も快晴なのだが寒くて家の中にいるとしんしんと冷える。
こういう日は外に出て太陽の光を浴びたほうがいい。
午後、友人たちと一緒に飲茶を食べに行ってきた。
2016.05.29.02.jpg
ボンダイ・ジャンクションのショッピングセンターの中にある中華料理店は、週末は予約をしないと入れないほど賑わっている。
ただあまりの喧騒のため声が聞こえづらいので、ゆっくり話をするのには向かない。
この店の飲茶の種類はごく一般的なのだが、久しぶりなので美味しかった。
2016.05.29.03.jpg
posted by Tats at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月28日

ハウス・シッターという生き方

2016.05.28.01.jpg
ヘレンとチェスターは明後日シドニーへ帰ってくるのだが、クイーンズランドの家はハウス・シッターに留守番を頼むことになった。
ファーム・ワーカーたちがステイしているので、家や庭の面倒を見てくれる人が必要なのだ。
長期間、家を留守にする間、House Sitterを頼むのは、こちらではポピュラーで、ペットを置いて長期クルーズに出かける時など重宝する。
ハウス・シッターは留守宅を守り家の設備を使えるが、ペイは生じない。あくまでも留守宅を預かってもらうが、そこに住んでもいいよ、というスタンスなので、金銭のやりとりはない。
一方、リタイアしたらCaravanを買って、オーストラリアを一周したい!というのがオーストラリア人の夢の一つだ。
そんな人たちは、各地のキャラヴァン・パークに立ち寄ったりするが、あちこちの留守宅に泊まって家やペットの面倒をみたりしながら、旅を続けることもできる。
キャラヴァンで走り好きな所で停まって星を見ながらすごすのもいいが、広い家の大きなベッドで寝てプールで泳ぐ快適な生活も捨てがたい。
このように一定の需要と供給があるので、お互いのマッチングサイトもある。
「Mindahome」
オーストラリアだけでなく他の国でもハウス・シッターができる。
「TrustedHousesitters」
もともと留守中のペットの面倒を見てほしいというニーズから始まったので、動物好きにはもってこいだ。
65歳でリタイアして10年くらいこういう生活をするのも面白い。
posted by Tats at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月27日

冷たい強風

2016.05.27.01.jpg
今日は強風で雲が全部吹き飛ばされ、快晴の一日。
最高気温は20℃というが、冷たい風のせいで耐寒温度は15℃くらいに感じる。
庭のバナナの実が大きくならないうちに寒くなりそうだ。
2016.05.27.02.jpg
南極から北上してくる風のため、オーストラリアの南側はどこも気温が下がっていて、なんとキャンベラは1℃とのこと。
ヘレンとチェスターがいるクイーンズランドはまだ泳げるほどの陽気で、二人とも冬服を持っていない。
来週シドニーへ帰ってくる途中で一泊するタムワースは7℃まで下がっているので大丈夫かな。
posted by Tats at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月26日

久しぶりの雨

昨夜から雨が降ってきた。
久しぶりの雨で庭の植物にはありがたいが、薄ら寒いので気分が良くない。
陽が射さないので家の中は13℃だった。
クイーンズランドにいるヘレンによると、あちらも朝晩は16℃くらいまで下がるようになってきたとのこと。
それでも日中は27℃まで上がるそうなので、来週シドニーに帰ってきたら寒さにびっくりするだろう。
posted by Tats at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月25日

冷え込んできた

2016.05.25.01.jpg
今朝は気温が15℃くらいまで下がり、寒いのでウールのカーディガンを着ていた。
好天続きだったが明日はシャワーが降るらしい。
昨夜は友人たちと近所のビストロで巨大なチキン・パルミジャーノを食べてきた。
さらにその後、お向かいのリナーテ&アーヴィンの家でケーキをごちそうになり満腹である。
2016.05.25.02.jpg
posted by Tats at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月24日

爽やかな秋晴れ

2016.05.24.01.jpg
このところ快晴続きで、風もあるので雲が一掃され、真っ青な空がまぶしい。
陽射しはめっきり弱まり爽やかで心地良いので、外で何かするには最適な季節だ。
日中は23℃くらいまで上がるが、空気が乾燥しているので朝晩は少し肌寒く感じる。
去年の同時期に比べるとずっと暖かいのだが。
posted by Tats at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月23日

ヘレンが帰ってくるまであと一週間

チェスターが怪我をしたため、ヘレンがクイーンズランドから帰って来れなくなって、もう2ヶ月ほど経つ。
こんなに長い日数、ヘレンと離れて暮らしたのは、この15年間で初めてのことだ。
チェスターはまだ車の運転ができないし、落下時に痛めた左肩の治療はシドニーでやることになるかもしれない。
しばらくはうちに滞在して療養するので、ヘレンはチェスターを連れて今月末に帰ってくる予定だ。
ヘレンとは毎日スカイプで話している。
郵便物やホームステイの連絡事項もあるが、ほとんどは、天気はどうとか夕食は何にするとかあそこの家の工事が始まったよとか、たわいもないことをしゃべっている。そういうたわいもないことを話し合える相手がいるのはうれしい。
ヘレンがいつ帰って来れるかわからなかったので、今まではできるだけ考えないようにしてきたのだが、あと一週間で会えると思うと、なぜか余計に長く感じる。
寂しくて気が滅入ってくるので何か元気の出る音楽でも聴こう。
最初はやっぱりバッハだ。
「Harpsichord Concerto D minor BWV 1052」

あと一週間すればこの寂しさのトンネルを抜けられる。
Bo Gumbos 「トンネル抜けて」

でも、あれこれ思い煩うことも、所詮、皆こたつ内での出来事だ。あまり思いつめないようにしよう。
ソウルフラワーBiS階段 「こたつ内紛争」
posted by Tats at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月22日

猫と子供たち

2016.05.22.01.jpg
昨夜は、ポール&ソムに頼まれて、彼らの家で子供たちのお守り。
家に着くなり、猫がいるのよ!とシエナが抱いて見せに来たのでびっくり。
ソムが近所の広場で見つけて拾ってきたとのことで、もともとは飼猫らしく、トイレもきちんと砂箱でする。
2016.05.22.02.jpg
人慣れしているので、子供たちともすぐ仲良くなったらしい。
子供たちに触られまくり、ソフィアに乗っかられて、ちょっと迷惑そうだが(^^;)。
2016.05.22.03.jpg
子供たちは夕食を食べシャワーを浴びた後、「シュレック」を見ながら、ドラゴンの紙飛行機を作ったり、
2016.05.22.04.jpg
ヘレンとスカイプしたりして、なかなか寝ようとしなかったが、
2016.05.22.05.jpg
ようやく10時半にベッドへ入ってくれた。
結婚式のパーティーに出席していたポール&ソムが帰ってくるまでソファで横になっていたら、猫がお腹の上に乗ってきた。
やわらかな猫の足に踏まれる感触は久しぶりでうれしい。昔、実家で猫と一緒に寝ていた頃を思い出した。
posted by Tats at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

パソコンが復旧

ようやくパソコンが復旧した。
どうもヴィデオ・カードがあやしいと思って、抜き差ししているうちに直ってしまった。
また再現するかもしれないが、手持ちの交換品がないので、とりあえずはこのまま様子を見よう。
さてこれからたまっていたメールの返事書きである。
posted by Tats at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月20日

またパソコンが不良

ついさっきぼくのパソコンがまた使えなくなってしまったので、とりあえずヘレンのパソコンでこれを打っている。
2週間ほど前にも同じようなことがあった。パソコン本体は起動しているようなのだが、ディスプレイに信号が来ないのだ。
前回はディスプレイ端子が不良だったのだが、今度はどこが悪いのかまた調べて修理しなければならない。面倒だが仕方がない。
posted by Tats at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月19日

Cancer Councilのランチの会

2016.05.19.01.jpg
昨日はうちの近所のクラブのビストロでCancer Councilのランチの会。
先月100歳を迎えたジョイスも元気に顔を出してくれた。
手前に写っているアレックスは今年で89歳なのだが、脚が弱ってきたので、奥さんのマーガレットに支えられて、よろよろ歩いてきた。
以前も彼は転んで顔面を強打し、ひどい怪我をした。
歳をとって転ぶと本当に危ないので気をつけてほしいものだ。
posted by Tats at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月18日

Backpacker Taxは半年間延期

5月10日のブログに、7月1日からWorking Holiday Visaで働くと32.5%の所得税がかかるようになる、と書いたばかりなのだが、昨日オーストラリア政府は、その実施を半年間延期すると発表した。
ABC News「What is the backpacker tax and why is it delayed?

Backpacker Taxと呼ばれるこの税制度は、ファーム事業者や観光業界の猛烈な反対にあったため、一旦引っ込めた形だが、単に先延ばししただけである。
半年ほど前にも、政府はGST(Goods and Services Tax:消費税のようなもの)を現行の10%から15%に上げようかというアドバルーンを飛ばしては見たものの、悪評さくさくだったので引っ込めた。
オーストラリアでは7月2日に総選挙が行われるので、選挙の人気取りのために延期と言ってみただけだ、と批判されている。
選挙を睨んで首相を始め政治家たちは各地を遊説中で、激しい舌戦がかわされている。
あの手この手で税金を取ることと選挙で勝つことの両方を天秤にかけた綱引きはまだまだ続きそうだ。
どこの政府も似たようなものである。
posted by Tats at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

子猫のトフィー

2016.05.18.01.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーン宅が夕食に招いてくれた。
チキンのハーブ焼きとラムのグーラッシュで、いつもながらとても美味しかった。
デザートにファーンが作ってくれたチェリーケーキを食べてお腹いっぱいである。
二人が日曜日にもらってきた子猫にも会えた。名前はToffee(トフィー)。
いろいろな血が混じっているようで、基本は三毛なのだが、しっぽは結構フサフサしている。
2016.05.18.02.jpg
トフィーはアニマル・レスキューで保護されていた生後数週間の女の子だが、物怖じしない性格らしく、初対面のぼくらとも猫じゃらしで遊んでくれた。
これからも一緒に遊べる猫が増えてうれしい。
2016.05.18.03.jpg
posted by Tats at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月17日

Shelly Beach at Cronulla

2016.05.17.01.jpg
今日はCronulla(クロナラ)のShelly Beachへ友人たちと一緒にウォーキングに行ってきた。
Cronullaはシドニー空港の南にある風光明媚なエリアで、きれいなビーチとおもしろい岩場があり、海沿いに遊歩道が整備されている。
大きく開けた海と真っ青な空を見ながら散歩するのは気持ちがいい。
2016.05.17.02.jpg
今日は27℃まで上がる夏日になったので、ビーチライフを楽しむ人たちで賑わっていた。
カモメの群れと昼寝をし、
2016.05.17.03.jpg
泳いで、潜って、サーフィンをしたり、
2016.05.17.04.jpg
夕食用の魚を釣り、
2016.05.17.05.jpg
犬と散歩したり、
2016.05.17.06.jpg
一人で波を見ていることもできる。
2016.05.17.07.jpg
歩き疲れてお腹が空いたら、「South Beach Seafoods」に寄って、
2016.05.17.08.jpg
Fish&Chipsを食べる。
2016.05.17.09.jpg
きれいな海と空と美味しい食べ物があるのはなんと幸せなことかと思う。
posted by Tats at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月16日

エドナ&オディ宅でカクテル

2016.05.16.01.jpg
昨夜は友人のエドナ&オディ宅でカクテルパーティー。
二人の家の隣にアメリカから移住してきた夫婦が住んでいて、もうすぐスペイン旅行へ行くとのことで、その送別会である。
日本で経由で行くので、日本もあちこち旅するとのこと。
高山へ行くのを楽しみにしているそうで、やっぱりあの辺りの古民家や田舎の風景は人気があるな。
2016.05.16.02.jpg
下はいろいろなカクテルを作ってくれたグレース。
彼女のマティーニは強烈なドライで、一杯で目が回りそうになった(^^;)。
2016.05.16.03.jpg
それにしても、エドナ&オディは変わらず元気でうれしい。
二人の歳を合わせると今年で177歳になるのだが。。。
posted by Tats at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月15日

The Ground

2016.05.15.01.jpg
昨日は用事があって、ホームステイの子を連れて、シティのすぐ南側にあるAlexandria(アレキサンドリア)というサバーブへ行ってきた。
このエリアは昔は工場や倉庫だったのだが、近年は住宅地として再開発が進み、巨大なアパートメントがどんどん建ち始めた。
高層ビルの間に歴史的な工場の建物や煙突などがぽつぽつと残されている。
あまり楽しみのない所だったが、4年前に「The Ground」というカフェ・スペースがオープンして人気を集めている。
2016.05.15.02.jpg
古い工場の敷地後を利用して、オーガニックフードの店やカフェ、花屋、クラフトショップが連なっている。
2016.05.15.03.jpg
これはフレッシュ・ジュースのスタンド。
2016.05.15.04.jpg
中央にはきれいなアーチがあり、青空のしたで食事をするのは気持ちがいい。
ここの設備はほとんどが廃材を利用して作られている。
2016.05.15.05.jpg
週末ということで人出が多く、列に並んでオーダーして、
2016.05.15.06.jpg
好きな所に持って行って食べる。
2016.05.15.07.jpg
ゴートチーズのピツアは$14、バーガーは$12と値段はちょっと高いが美味しい。
2016.05.15.08.jpg
敷地内にはシェッド(小屋)もあり、マーケットが開かれたり音楽が聞ける。
2016.05.15.09.jpg
家畜小屋には鶏、羊、豚がいて、手がふさふさ生えた豚は時々敷地内を散歩させてもらっている。
2016.05.15.10.jpg
家畜小屋の向かい側にはパーティーで使えるスペースがあるのだが、この辺りはかなりケモノ臭いのでロケーション的にいかがなものか(^^:)。
2016.05.15.11.jpg
人混みに疲れたら裏のほうへ回ればいい。静かなテーブル席がある。
2016.05.15.12.jpg
殺風景だったこの街にも少しは楽しめる場所が出来てきてうれしい。
posted by Tats at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月14日

Jazzgroove Mothership Orchestra with James Muller

2016.05.13.01.jpg
昨夜は友人たちと一緒にRandwick Town Hallで「Jazzgroove Mothership Orchestra with James Muller」のライヴを観てきた。
このホールでは毎月ライヴを演っていて、観客はほとんど近所に住んでいる人達だし、飲み食いしながら演奏を楽しめるので気に入っている。
2016.05.13.02.jpg
2016.05.13.03.jpg
Jazzgroove Mothership Orchestraはサキソフォーン奏者のDavid Theakがリーダーのジャズ・オーケストラで、 もう10年以上活躍している。

昨日は演らなかったが「Walkabout - A Place for Visions」という曲もいいな。

2016年05月13日

チェスターは順調に回復中

クイーンズランドにいるヘレンと話そうと、スカイプを立ち上げたらヘレンが水着で現れた。
あちらはまだ毎日プールで泳いでいるとのこと。
シドニーも晴天続きだが、泳ぐにはちょっと肌寒い。
チェスターは日に日に元気になってきた。
折れた肋骨の痛みがひいたので、鎮痛剤はもう飲んでいないとのこと。
それでもまだ車の運転は出来ないので、病院や買い物など、どこへ行くにもヘレンが連れて行ってやっている。
脳のCTスキャンの結果が来週出るのだが、何も異状がなければいいが。
posted by Tats at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月12日

今日もいい天気

2016.05.12.01.jpg
今日は少し気温が上がって24℃くらいか。
うちの古い方の小さな冷蔵庫には自動霜取り機能がついていないので、冷凍庫に霜がびっしりつく。
なので時々、外のバルコニーに運んで、こびりついた霜と氷を溶かしてやる。
夕方まで放置しておいて、ついでに掃除もする。
夕陽がきれいで、明日も天気が良さそうだ。
2016.05.12.02.jpg
posted by Tats at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月11日

秋晴れ

2016.05.11.01.jpg
昨日今日と快晴で、雲が吹き飛ばされたあとの真っ青な空がまぶしい。
風もあるので洗濯には最適だ。
最高気温は22℃とずいぶん涼しくなったので、朝夕は長袖の上着を着ている。
ようやく秋らしくなってきた。
posted by Tats at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月10日

Budget 2016-2017

オーストラリアでは先週発表された国家予算案「Budget 2016-2017」の話でもちきりで、連日喧々囂々の議論が続いている。
日本人を含め、ワーキング・ホリデイ・ヴィザでオーストラリアへ来る人たちに影響が大きそうなのが、所得税控除がなくなったことだろう。
Changed rules for working holiday makers」というペーパーに書かれている。
今までは収入が$18,200以下の場合、非課税だった。それが今年の7月1日から32.5%になるのだ。
所持金が少ない人にとって手取りが3割以上減ってしまうのはキツイだろう。
最も、オーストラリアの最低賃金は時給$17.29と世界一高いので、32.5%の所得税を払っても、日本で働くより稼げるのだが。
ワーキング・ホリデイ・ヴィザは18際から30歳の若者を対象にしたヴィザで、働きながら1年間滞在できる。
working holiday makers(いわゆるワーホリ)はあくまでも旅人であって、Resident(居住者)ではないし、そのヴィザの趣旨は働くことではない、ということで、Non-resident(非居住者)と同じ所得税率が適応されるようになる、という話の筋はわかるのだが、オーストラリアを敬遠してニュージーランドやカナダ、南アフリカへ行ってしまう人も増えるだろうし、ファームなど労働集約型の産業はワーホリの労働力に頼っているのが実情なので、得策ではないように思える。
posted by Tats at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月09日

The Sydney Town Hall Grand Organ

2016.05.09.01.jpg
今日はSydney Town Hallへオルガン・コンサートを聴きに行ってきた。
2016.05.09.02.jpg
このタウンホールには、The Grand Organと呼ばれる世界一大きなパイプ・オルガンがある。
2016.05.09.04.jpg
このオルガンは1890年に設置され、下のビデオのように、5年をかけて補修された。
「Grand Organ sings again」

今日のオルガニストはChristpher Wrenchで、J.S.バッハやアレクサンドル・ギルマンの曲を演ってくれた。
9000本ものパイプで構成されている巨大なオルガンが奏でる音は大迫力で、天から音の塊が降り注ぎ、重低音の持続音が地響きをたてていた。
クリストファー・レンチはオーストラリアが誇る正統派のオルガニストだ。
シドニーでの演奏は残念ながらyoutubeにはなかったが、下はサウス・オーストラリアでの演奏。



2016年05月08日

exホームステイと夕食

2016.05.08.01.jpg
昨夜は2ヶ月ほど前までホームステイしていた二人を招いて一緒に夕食。
二人の新しい生活や大学での様子を聞きながらの食事は賑やかで楽しい。
posted by Tats at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ホームステイ

曇天の母の日

今日は一日中曇り時折シャワーが降るという、鬱陶しい天気。陽が射さないので薄ら寒い。
母の日なので、公園へピクニックに行く家族も多いのだが、この曇天では残念だろう。
クイーンズランドにいるヘレンによると、あちらはまだ28℃くらいあって、プールで泳いでいるとのことで、うらやましい。
posted by Tats at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月07日

Smoke in Sydney

2016.05.07.01.jpg
今朝起きて窓を開けたら空気が煙臭く、何か白いもやに包まれていた。
近くの公園に行って空を見ると、灰色の厚いスモッグで覆われ、シティの高層ビル群が見えない。
焦げ臭いが漂っているので、まるで公園のFig Tree(イチジクの木)が燃えているような錯覚をした。
TVニュースによると、このスモークはシドニー周辺で発生したブッシュ・ファイヤーのためとのこと。
ブルーマウンテンの方では灰が降っているらしい。
窓を閉めて家の中にいろと呼びかけていた。

posted by Tats at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月06日

メリー&アイヴァン宅で夕食

2016.05.06.01.jpg
今日も快晴で、25℃くらいまで上がり、陽射しが暖かい。
夜、友人のメリー&アイヴァン宅で夕食。
メリーが作ってくれた、とろとろに煮こまれたビーフと野菜料理はとても美味しい。
デザートにブレッド・プディングを食べて、お腹いっぱいである。
メリーは80歳、アイヴァンは87歳になるが、二人共ともまだまだ元気で嬉しい。
2016.05.06.02.jpg
posted by Tats at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年05月05日

パソコンが復旧

2016.05.05.01.jpg
ようやくパソコンが復旧した。
ビデオカードのモニターとの接続端子に不具合があり、別の端子に交換するとちゃんと映るようになった。
パソコン本体もモニター自体にも問題はなかったのでホッとしたが、原因調査と修理に丸一日かかってしまった。
これまでパソコンの修理は何度もやってきて、その度に思うのだが、復旧作業はつまらないなあ。
posted by Tats at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年05月04日

パソコンが使えない

今朝パソコンを立ち上げようとしたら、ディスプレイに何も映らない。
電源は入っているのだが、パソコン本体がちゃんと起動していないのか、ディスプレイとの接続が悪いのか?
この前は外付けHDDの一つが認識できなくなったし、困ったものだ。
ヘレンのパソコンがあるので、とりあえずなんとかなるが、どこに不具合があるのか、いろいろ調べたりとまた面倒な作業をしないとならない。
posted by Tats at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記