2016年03月31日

ヘレンのパソコンの移行

2016.03.31.01.jpg
ヘレンのパソコンを移行した。
ヘレンのパソコンはぼくのお古なのだが、さすがにもうXP機ではあちこちヘタってきて、なにもかも処理が遅すぎる。
ヘレンに、クイーンズランドにいるうちに移行しておいてね、と頼まれたので、ebayでWindows7 Proが載っているHPの中古PCを注文して、昨日届いた。値段は2万円くらい。
CPUはIntel Core i5、メモリー4GBなので、ヘレンが必要な作業には十分だ。
これをWindows10に上げて、いろいろ設定したり、アプリを入れたり削ったりと、ほぼ1日がかりて移行完了。
古いパソコンのハードディスクは取り出して、外付けケースに入れてUSBでつないて使う。
データをコピーするより楽だ。
2016.03.31.02.jpg
posted by Tats at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月30日

庭のバナナ

2016.03.30.01.jpg
庭のバナナがようやく実をつけ始めた。
年に一回しか実がならない。大きくなったらヘレンがバナナ・マフィンを作ってくれるので楽しみだ。
お向かいのリナーテ&アーヴィンがタスマニア旅行から帰って来たので、一緒にお茶。
二人はフォルクスワーゲンの古いVANで3週間ほどかけてあちこち泊まりながら、タスマニアを一周してきた
写真を見ながらお土産話を聞くのは楽しい。
posted by Tats at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月29日

今週末からクイーンズランドへ

今週末から10日間ほどクイーンズランドへ行く。
チェスターがケガをしてしまったので、向こうの家のセットアップが中断しているし、ヘレン独りではなかなかはかどらない。
ストロベリーファームに働きに来る人たちが増える5月までには人に貸せるようにしたい
チェスターはまだICUにいるが、容体は安定しているので、もうすぐ一般病棟へ移れるとのこと。
今のところ後遺症は何も見つからず、順調に回復に向かっているようで、本当によかった。
posted by Tats at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月28日

庭仕事

2016.03.28.0.jpg
午前中は晴れ間がのぞいていたが、午後からはまた雲が多くなり、空気が湿ってきた。
連日の雨のせいか、庭の草木が伸びてぼうぼうになったので、今朝、枝払いをした。
2016.03.28.02.jpg
ブーゲンビリアは年中咲いているが、他の花は、雨が降って少し気温が下がった方が良く咲いてくれる。
2016.03.28.03.jpg
生い茂った枝をカットして、隠れていた花が見えてくると、なんだかうれしくて見とれてしまう。
2016.03.28.04.jpg
posted by Tats at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月27日

チェスターの容態

今日の午後、ヘレンがチェスターの様子を見に行ってきた。
まだICUに入っているチェスターは、体中にチューブをつながれて身動きできない状態だ。
チェスターの左側の肋骨は全部折れ、右側の肋骨も数本折れている。左肺に穴が開いているので、人工呼吸器を付けている。
頭の骨にひびが入っているが、脳は大丈夫。今日もちゃんとしゃべれるとのことで、その点は良かった。
チャスターは自分がどこから落下したのか、その時の状況を憶えていないそうだ。落下のショックが激しかったのだろう。
明日は背骨の検査をするとのこと。
ともあれチェスターの意識がしっかりしているので少しほっとした。
posted by Tats at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

チェスターが転落

きのうの夕方、チェスターがケガをして入院した。
屋根の上に設置してあるホット・ソーラーシステムの様子を見ようと、梯子をかけて登っているときに、足を滑らせて落ちたらしい。
ヘレンが物音に気付いて外に出ると、チェスターはコンクリートの床で血まみれになってうめいていたそうだ。
ヘレンはすぐに救急車を呼び、病院に運ばれたチェスターは緊急病棟で手当てを受けた。
顔と頭からの出血が激しく、肋骨も折れているとのこと。幸いチェスターは問いかけに反応し、話せるので、脳は大丈夫だろう
今は精密検査の結果を待っているところだが、大事に至らないか心配だ。
posted by Tats at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月26日

夏の名残り

2016.03.26.01.jpg
今日も時折雲が広がる不安停な天気だったが、なんとか雨が降らずにいてくれた。
午後、晴れ間がのぞいている間に、近所のClovelly Beachへ泳ぎに行ってきた。
夏の最後を楽しもうと、たくさんの人でにぎわっていた。
2016.03.26.02.jpg
オーストラリアの3月末は日本の9月末だ。来月からはDaylight Saving Time (サマータイム)も終わって秋に入る。4月に入っても天気が良い日はまだまだ泳げるが。
posted by Tats at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月25日

まだ雨模様の日々

2016.03.25.01.jpg
今朝もシャワーが降ったりやんだり。気温は24℃くらいか。
Coogee beachの辺りへ散歩に行った時も空に黒い雲が広がっていた。
海の水はまだ23℃くらいあるので泳いでいる人もたくさんいる。
夕方からは晴れ間がのぞいてきて、夜にはきれいな月が見えるようになった。
明日は庭仕事をしたいので、もう少し良い天気になってほしいものだ。
2016.03.25.02.jpg
posted by Tats at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月24日

Easter Hat Parade

今日は久々に晴れて、気温も27℃まで上がり、日中は陽射しが強かった。
明日からイースター・ホリデイに入るので、ほとんどの学校は今日で終わりである。
午後、シエナとリアムが通っている小学校へ「Easter hat parade」を見に行ってきた。
2016.03.24.02.jpg
子供たちがイースターにちなんで卵やウサギを飾り付けた帽子を被って練り歩き、
2016.03.24.03.jpg
最後に親たちが座っている観客席にお辞儀をして挨拶。
2016.03.24.04.jpg
たまたま用事でシドニーに来ていたアナ&エイドリアンもちょっと顔を出してくれた。
二人には久しぶりに会うので、子供たちは大喜びだ。
2016.03.24.05.jpg
posted by Tats at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月23日

ジョージ&ファーンと夕食

2016.03.23.01.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンと近くのレストランへ夕食に行ってきた。
2016.03.23.02.jpg
食後、ジョージ&ファーンの家に寄ってお茶とケーキ。
いつもながらファーンが作ってくれたアップルケーキはとても美味しくて、お腹一杯である。
2016.03.23.03.jpg
一番上の写真はレストランを出た時に見えたきれいな夕焼け。
ちょうどシドニー空港から飛び立った飛行機が写っていた
posted by Tats at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月22日

ジャンベを聴く夜

2016.03.22.01.jpg
昨夜は以前うちにホームステイしていた人が遊びに来たので一緒に夕食。
一年間オーストラリアで過ごした彼はもうすぐ日本へ帰るそうだ。
彼はジャンベ奏者なので、食後にちょっと叩いてもらった。
やっぱりナマで聴くタイコの音はいいものだ。
2016.03.22.02.jpg
posted by Tats at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2016年03月21日

ウイリアムのバースデイ・パーティー

2016.03.21.01.jpg
昨日は小雨が降る中、ウイリアムの7歳のバースデイ・パーティー。
ノースの閑静な公園に集まって、ポールが持ってきてくれたガゼボを設置し、テーブルを置いて、食べ物を用意した。
子供たちは走り回って遊んで、時々テーブルに戻ってきて飲み食いし、また走り去って、一時もじっとしていない。
2016.03.21.02.jpg
ケーキを切る段になると、子供たちは我先にとテーブルに集まってくる。
風が強く、ウイリアムは何度もキャンドルに火を点け直していた。
2016.03.21.03.jpg
ケーキの後は、アフリカン・ドラムのワークショップ。
エリザべスが手配してくれたガーナから来たドラム奏者は子供たちをノセるのがとてもうまく、子供たちは太鼓を叩いて踊って大喜び。
残念ながら雨が強くなってきたので少し早めに切り上げてしまったが、楽しいパーティーだった。
2016.03.21.04.jpg
posted by Tats at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月20日

またしばらく留守番

ヘレンとチェスターは昨日、クイーンズランドへ向けて出発した。
タムワース経由で車で2日かけて走って、ブリスベンの北まで行く。
ヘレンが買った家の下水管の件で、来週月曜日にカウンシルがチェックに来るので、立ち会わないとならないのだ。
それからその家を人に貸せるようにする作業もまだまだ時間がかかる。インターネットもまだつながっていないし。
ぼくはホームステイの世話があるので、またしばらく留守番である。
posted by Tats at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月19日

リアムの6歳の誕生日

2016.03.19.01.jpg
昨日18日はリアムの6歳の誕生日だったので、今日はポールの家に集まってお祝い。
ランチを食べた後、ポールがケーキを持ってきて皆でハッピー・バースデイを歌い、リアムがキャンドルの火を吹き消そうとしたとたん、先にシエナとソフィアに二人がかりでフゥーと吹き消されてしまい、リアムは泣き出してしまった。
男の子だがワイルドな姉妹には勝てないらしい(^^;)。
2016.03.19.02.jpg
今うちにホームステイしている女の子が、リアムのために折り紙を作ってきてくれたので、シエナとリアムで飾りつけ。
2016.03.19.03.jpg
posted by Tats at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月18日

日本の写真整理

3日前、日本からシドニーに戻ってきた日から、雨が降って、今日も朝から降ったりやんだり。
先週までは、猛暑で雨が降らず、庭がカラカラで困ってらしいが、この梅雨のような雨も結構うんざりである。
今日からようやく日本で撮った写真の整理を始めた。1,500枚くらいあるので見るだけでも大変である。
下は芦屋の親戚を訪ねた時、まだ寒い中、一本だけ咲いていた桜。
なぜか奈良でも京都でも、こうやって一本だけ先に咲いている桜を見かけた。
2016.03.18.01.jpg
それから、Golden Wattle。
オーストラリアの国花をここで見るとは思わなかったので、とても懐かしく感じた。
2016.03.18.02.jpg
posted by Tats at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月17日

オーストラリアでも介護の話

昨日のCancer Councilのランチの会では、皆ぼくが日本へ帰っていた理由を知っているので、心配してくれた。
もと看護婦だったりケアハウスでヘルパーとして働いていた人や、パートナーの介護をしていた(orしている)人もいて、実情をよく知っているので、いろいろと認知症や介護の話ができた。
今日は散髪に行ったのだが、いつも髪を切ってもらっているマイケルは、昨年、お母さんを93歳で亡くした。夫を90歳で亡くした後、独りで暮らしていたが、91歳の時、自宅で転んでから、ケアハウスへ移ったそうだ。
マイケルは毎日、様子を見に行き、お母さんは幸い亡くなる直前まで頭はしっかりしていて、最期は静かに眠るように逝かれ、マイケルは「悲しいけれど、Happy Endingだったよ」と言っていた。
下は、昨日のランチの会で、昼間っからシャンパンを空けて楽しんでいるメンバーたち。
ここに写っているおばあちゃんたちの一番年下は86歳、右奥のジョイスィは来月100歳を迎える。
2016.03.17.01.jpg
posted by Tats at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月16日

シドニーに帰ってきました

2016.03.16.01.jpg
昨日の朝、日本からシドニーに帰ってきた。
ヘレンとチェスターがシドニー空港に迎えにきてくれて、そのまま、月一回のウォーキング・グループに参加して、ビーチ沿いを歩き、午後は、たまたま仕事が休みだったポール一家を訪ねてきた。
今日はBondi Junctionのクラブで、Cancer Councilのランチの会。
夕方は、エリザベスが子供たちを連れてきたので、一緒に「ポニョ」を観ていた。
上と下の写真は今日のBondi Junction。
マーケットが出ていて買い物客で賑わい、バスカーたちの奏でる音楽が流れてくる。
そんな風景の中にいると心からほっとして、ああシドニーに帰ってきたんだなと思う。
2016.03.16.02.jpg
posted by Tats at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月11日

あれから5年

あれから5年後の3.11を日本で迎えるとは思ってもいなかった。
シドニーで息が詰まるようにTVとネットにへばりついていた日のことは忘れられない。
東日本大震災はまだ終わっていない。災害は今も引き続いている。
2016.03.11.00.jpg
先週、少し暖かい日があったが、また気温が下がり、このところ寒い日が続いている。
朝は零下、日中も10℃でまでしか上がらず、顔に当たる空気が冷たい。
桃や梅はきれいに咲いているが、桜のつぼみが膨らむまではもう少しかかるだろう。
2016.03.11.01.jpg
奈良公園の鹿たちも、餌になる草がほとんどないので、お腹をすかせている。
「鹿せんべい」をねだる鹿に、たくさんの観光客が取り囲まれていた。
2016.03.11.02.jpg
3日前から始まった叔父と叔母のケアハウスでの新しい生活は、少しずつ落ち着いてきて、皆ほっとしている。
明日は、叔父叔母が神戸に残してきた家に行き、服や書類など必要なモノを取ってこなければならない。
片道2時間以上かかるので、一日仕事である。
posted by Tats at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月08日

介護の現場 3

午前中、ヘルスチェックのため叔父を病院へ連れて行った。
薬や今後の対応について医者と相談。
2016.03.08.01.jpg
午後、叔母を病院から退院させ、叔父と同じケア・ハウスへ移動。
叔母を車椅子ごと運べる車で搬送してくれた。
2016.03.08.02.jpg
叔父と叔母は要介護度が違うため、居住フロアもベッドルームも別々だが、ほぼ一日一緒に過ごせる。
叔父と叔母が仲良く一緒に夕食を食べている姿を見て少し安心した。
二人ともこのケア・ハウスでの生活に馴染んでくれるといいのだが。
2016.03.08.03.jpg
ケア・ハウスのマネジャーやヘルパーさんたちと夜7時まで打ち合わせ。
肉体的にも精神的にもハードでストレスの多い仕事なのに、皆、本当によくやってくれるのでありがたい。
明日も、必要なモノの買い出しや事務手続きで忙しくなる。
posted by Tats at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月05日

介護の現場 2

昨日はケア・マネジャーと夜8時まで打ち合わせや契約などの事務作業をして、叔母の退院とケアハウスへの移動が来週8日に決まり、少しほっとしたのだが、叔父が昨夜、寝る前に飲むようにと処方されていた睡眠薬を4日分一気に飲んで昏睡状態になり大騒ぎになった。
幸い意識はあり、大事には至らなかったが、丸一日眠っていた。時折目を覚まし、ぼくらの顔を見ると話そうとするが、良く聞き取れない。
もう叔父は自分では薬の管理ができないと判断し、すべての薬をヘルパーさんに投薬補助してもらうことにした。
これでも今の叔父の要介護度は、「要支援1」という低いレベルだ。介護認定の見直し申請を出しているが、まだいつになるかわからない。
一方、叔母は少し元気になったせいか、車椅子から立ち上がろうとしたり、夜もベッドから降りようとしたりするので、夜間だけではなく24時間、誰か付き添いをしてくれと、病院から頼まれた。
こちらも費用はかかるが、フルケアの特養ホームに移るまでの数日間、しかたがない。
posted by Tats at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月04日

介護の現場

今日も一日、叔父の身の回りの世話や部屋の準備に明け暮れた。
午後、叔父を連れて病院に入院している叔母を見舞いに行き、ケアハウスに戻ってからお風呂に入れ、夕食を食べさせたらもう夜6時である。
このケアハウスに叔父が入居したのは2日前なのだが、もうとても長い日にちがたったような気がする。
介護の現場を目の当たりにして、その難しさやつらさが身に染みてわかってきた。
posted by Tats at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年03月02日

神戸の叔父叔母を奈良へ移動

2016.03.02.01.jpg
神戸の叔父叔母の認知症が進行し、この一か月間、奈良の妹と母が奔走して、二人の介護をしてくれていた。
まず衰弱の激しかった叔母を入院治療させ、介護認定やケアハウスの選定を進めてくれた。
先週、神戸の病院から奈良の病院へ、叔母を移動させ、昨日、神戸から奈良のケアハウスへ、叔父を引っ越しさせることができた。
これで、奈良から神戸まで電車で2時間かけて世話をしにいかなくてもすむし、二人とも十分なケアを受けることができる。
これからは一人暮らしをせざるをえない叔父のため、今日も必要なモノの買い出しや設置に追われた。
叔父は毎日のように叔母に会いに行きたがるので、タクシーで叔母が入院している病院へ連れて行く。
叔母はもう歩くことができないので車椅子生活である。
早く叔母が退院できて、叔父と同じケアハウスで暮らせるようになればいいのだが。
2016.03.02.02.jpg
posted by Tats at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月01日

昨夜、奈良へ到着

昨夜、シドニーから奈良の実家へ到着した。
うちからシドニー空港まではバスで行こうと思っていたのだが、ヘレンが車で送ってくれたので助かった。
チャイニーズ・ニュー・イヤーを祝って、シドニー空港にはきれいな飾りつけがしてあった。
2016.03.01.01.jpg
今回はJALで成田→伊丹空港というルート。
JALは新しい機材だということで、シートピッチが広く快適だった。トイレのメンテも行き届いているし、食事も良かった。
2016.03.01.02.jpg
下は、パプアニューギニアの辺りを飛んでいる時に見えた美しい島々。
2016.03.01.03.jpg
時間通り成田空港で伊丹行きのJALに乗り換えたのだが、空港混雑のため離陸できず、1時間以上も遅れて出発。
結局、伊丹空港から奈良方面へのリムジンバスの最終には間に合わなかった
しかたなく、バスと電車3本とタクシーを乗り継ぎ、奈良の実家に着いたのは夜11時で疲れはてた。
下は大阪の夜景。
2016.03.01.04.jpg
posted by Tats at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記