2016年01月31日

メリー&アイヴァンとお茶

午後、友人のメリー&アイヴァンの所へ遊びに行ってきた。
まず、二人が住むユニットがあるLittle Bayでひと泳ぎ。
海の水は少し暖かくなり、天気がいいので、大勢の人で賑わっていた。
このビーチがこんなに人で埋まっているのを見るのは初めてだ。
2016.01.31.01.jpg
それから二人を訪ね、メリーがお茶とケーキを用意してくれていた。
2016.01.31.02.jpg
アイヴァンはもうすぐ87才になるが、まだまだ元気だ。
スポーツの本を何冊か出版したアイヴァンは、今書いている本のことをうれしそうに話してくれた。
アイヴァンと同い歳の、神戸にいるぼくの叔母は、認知症が進行したため一昨日から入院している。
メリー&アイヴァンと楽しく話しながらも、叔母のことが頭から離れなかった。
posted by Tats at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年01月30日

靴箱作りを再開

2016.01.30.01.jpg
ようやく靴箱作りを再開。
真ん中のミラードアは完成したので、これから両側のドアを作る。
それにしても、このところシドニーの天気が不安定で困る。
雨が降ったりやんだりするので、長時間、外で作業できないのだ。
今日も夕方から雷が鳴り、シャワーが降ってきた。
posted by Tats at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月29日

クイーンズランドの写真

2016.01.29.01.jpg
クイーンズランドで撮った写真を整理していると、ほんの一週間前なのに、いろいろなことが懐かしく思える。
シドニーよりずっと広いスペースに、日が暮れると天井にわらわらと張り付いているゲッコーや、
2016.01.29.02.jpg
川辺りに行くと、モノ欲しそうに寄ってきた水鳥。
2016.01.29.03.jpg
ロジャー&サンドラのの飼い犬、サリーはもうおばあさん。顔に白いモノが増えてきた。
2016.01.29.04.jpg
下は、ぼくの誕生日の夜、ロジャー&サンドラと。
2016.01.29.05.jpg
posted by Tats at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月28日

日常復帰中

ようやく庭の芝刈りも終え、日常復帰作業がほぼ完了。
たまっている写真の整理もしなければならないが。
下は、TamworthのCountry Music Festivalで、最終日の夜のコンサート。
涼しくなった夜、皆、公園で座ったり横になったりして、最後のステージを楽しんでいた。
2016.01.28.01.jpg
posted by Tats at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月27日

シドニーへ帰ってきました

2016.01.27.01.jpg
ようやくタムワースからシドニーへ帰ってきた。
クリスマスからほぼ4週間、サマー・ホリデイを取れたのは、この15年間で初めてのことだ。
タムワースのカントリー・ミュージック・フェスティヴァルは最終日しか見れなかったが、ファームではきれいな夕焼けと、
2016.01.27.02.jpg
夜には影踏みができるほど明るい満月と、たくさんの星が見られた。
2016.01.27.03.jpg
posted by Tats at 13:42| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月22日

明日はTamworth

クイーンズランドでの家の作業を一旦終え、明日は車で10時間ほど走ってTamworthへ行く。
数日間滞在して、毎年恒例のCountry Music Festivalを見たりしてから、シドニーへ帰る予定だ。
Tamworthの夏は例年40℃近い猛暑で、時々雷雨になるという、典型的な内陸性の荒らしい気候だ。
そんな時期に、普段は静かな小さな田舎町に、オーストラリア各地や世界各国からミュージシャンが集まってくる。
光輝く海辺の波間に漂うペリカンは見られないが、街中に音楽があふれる楽しいひとときだ。
2016.01.22.01.jpg
posted by Tats at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月21日

クイーンズランドのホリデイハウス

2016.01.21.04.jpg
クイーンズランドには貸家とは別にもう一軒家があり、ぼくらは今そちらに寝泊まりしている。
こちらも前のオーナーがあまり手入れをしていなかったので、快適に住めるようにするにはまだまだ時間がかかる。
庭の芝生や樹木は伸び放題だし、プールのメンテも必要だ。
ゲートがようやくちゃんと開閉するようになったが、電話もインターネットもまだ開通していない。
それでも広い庭がある家に住むのは気持ちがいい。
昼間は30℃を越すが、湿度が高くないので、日が沈むと涼しくなる。
オレンジ・ジャスミンの甘い香りを含んだ爽やかな風の中でプールに浮かんでいると、リゾート・ホテルでのホリデイ気分にひたれる。
下は高圧ホースでガゼボを掃除しているヘレン。
2016.01.21.05.jpg
posted by Tats at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

貸家の準備はほぼ完了

2016.01.21.02.jpg
貸家のペンキ塗りや家具の搬入と設置を終え、ようやくきれいな状態になってきた。
業者に頼んで屋根裏にインシュレーションを入れてもらったり、樋に落ち葉が入らないようにガードを取り付けたりする作業が残っているが、住むには困らないので、その前に借り手を募集できるだろう。
それにしても、3ベッドルームの家具付き一軒家で、車は3,4台停められるし、広い庭もあり、店やバス停も目の前という好立地条件なのに、家賃は月約12万円という激安である。
東京でぼくが住んでいた小さなマンションと同じくらいの家賃で、こんな大きな一軒家が借りられるのは、さすがにクイーンズランドである。不動産価格が異常に高いシドニーではそうはいかない。
周りに何もないといえば何もないが、車で1時間も走ればゴールド・コーストやサンシャイン・コーストへも行けるのでビーチ・リゾートも楽しめる。
2016.01.21.01.jpg
posted by Tats at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月19日

60歳の誕生日

2016.01.19.02.jpg
17日のぼくの誕生日には、ゴールドコーストから友人のロジャー&サンドラがお祝いに来てくれた。
風通しのいい庭のガゼボで、チェスターがラムとポークチョップをBBQで焼いて、
2016.01.19.03.jpg
ビールやワインを空け、暑くなるとプールで泳いだ。
2016.01.19.04.jpg
ロジャー&サンドラは一泊し、皆で、ScaboroughからRed Cliffへドライブし、ビーチでランチを食べてから、お別れした。
2016.01.19.05.jpg

60歳の誕生日をクイーンズランドで迎えるとは夢にも思っていなかったが、ここブリスベンの北にも拠点ができてうれしい。
こちらに住んでいる友人や親族と会える機会が増えるだろうし、新しい場所や人に出会えるのはいいものだ。
2016.01.19.01.jpg
posted by Tats at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月16日

明日はぼくの誕生日

2016.01.15.02.jpg
チェスターがワードローブを設置している間、ぼくは樋の掃除。
家の横にあるガムトゥリーの葉っぱや小枝が目一杯積もっていた。
屋根の上に登って箒で掃き、5時間かかってようやく樋掃除を終えた。
チェスターは3日がかりで四苦八苦してワードローブを設置していた。
なにしろ屋根のパネルを外しさないとならなかったので大変である。
2016.01.15.01.jpg

明日は日曜日だし、ぼくの誕生日なので、家の補修作業はお休み。
ゴールドコーストから友人夫婦がやって来るし、楽しいパーティーだ。プールで泳いでBBQをしよう。
posted by Tats at 15:31| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月14日

クイーンズランドでの日々

2016.01.14.01.jpg
クイーンズランドの家でようやくインターネットが使えるようになった。
タムワースを経て、ブリスベンの北にある家に着き、ヘレンとチェスターと三人で毎日、家の補修に追われている。
人に貸せるような状態にするには、あと一ヶ月くらいかかるだろう。
30℃を越える中で働くのは暑くて大変だが、途中で友人宅を訪ねたり、ブリスベン周辺をチェスターに案内してもらったりして楽しんでいる。
上の写真は、ブリスベンの北東にあるリゾートエリアRed CliffのJetty。
船着場としてはもう使われていないが、地元の人々の憩いの場である。
posted by Tats at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月07日

明日からクイーンズランドへ

2016.01.07.01.jpg
一週間ほど降り続けて雨がようやくやんで、今日は朝から青空が広がり、爽やかな風が心地良い。
洗濯や芝刈りをすませ、旅の準備をしている。
明日の朝、Tamworthのファームへ向かい、それからクイーンズランドで4週間ほど過ごしてから帰ってくる予定だ。
posted by Tats at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月06日

Door Handleの取り付け

今日も一日雨で、風にあおられて時折激しく窓に叩きつけていた。
シドニー郊外では各地で洪水の被害が出ている。
2016.01.06.01.jpg
靴箱の扉用のDoor Handleが届いたので取り付け作業。
ドリルでスクリュー用の穴を開ける時、3つの取っ手がきちんと水平になるよう気を使う。
床のタイルの色と同じようなピンク色の取っ手が見つかってよかった。
2016.01.06.02.jpg
やっぱり取っ手が付くとちゃんとしたキャビネットらしくなるな。
posted by Tats at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月05日

雨ばかり

シドニーは4日前からずっと雨が降っていて、今日も梅雨のような一日だった。
この2日間、お向かいのリナーテ&アーヴィンとお茶を飲み、ジョージ&ファーンと夕食に行ったりして、お互いのクリスマスや年末をどんなふうに過ごしたかとおしゃべりし、ぼくらはもうすぐクイーンズランドへ3週間ほど行くので、その準備をしたりして過ごしていた。
そろそろ天気が良くなってほしいものだ。
posted by Tats at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2016年01月04日

Cape Conranで迎えた年末年始

一昨日の夜Cape Conranのキャンプ場から帰ってきて、ようやく落ち着いた。
昨日は丸一日かかってキャンプ用具のクリーニングや掃除・洗濯を終えた。
2016.01.04.01.jpg
Cape Conranでは昨年と同じように、犬や子供たちと泳ぎ、
2016.01.04.02.jpg
シエナとリアムはボディ・ボードに挑戦し、
2016.01.04.03.jpg
砂で色々なモノを作ったりしていた。
2016.01.04.04.jpg
2016.01.04.05.jpg
キャンプ場では昼間は暖を求めてゴアナがのし歩き、
2016.01.04.06.jpg
夕暮れ時にはウォンバットが草を食べに出てくる。
2016.01.04.07.jpg
暗くなるとポッサムたちが跳びはね、時々夜中にテントの上にドサっと落ちてきて驚かされる(^^;)。
2016.01.04.08.jpg
12月31日は夕食後、皆で夕陽を見にWest Capeへ行った。
2016.01.04.09.jpg
海岸の岩の上に登って、シャンパンを飲みながら、
2016.01.04.10.jpg
この年最後の太陽が海に沈んで行く様を見ていた。
2016.01.04.11.jpg
大人たちはキャンプ・ファイヤーの周りで真夜中まで起きていて、年が明けると同時にビーチに行き、満天の空に輝く天の河を見上げながら、Happy New Yearを祝った。
posted by Tats at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち