2015年11月30日

ヘレンとチェスターは再びクイーンズランドへ

2015.11.30.01.jpg
昨夜遅く、ヘレンとチェスターがレンタルしたトラックで帰ってきた。
1ヶ月前から準備して、フロントガレージと1階に山積みになっていたモノが、これでようやくきれいに片付く。
2015.11.30.02.jpg
チェスターと一緒に、朝から昼過ぎまで、暑い中、せっせと荷物を積み込んだ。
3トン・トラックの荷台が満杯になった。
2015.11.30.03.jpg
クイーンズランドへ向かう二人を見送った後、全身汗だくなので、Clovelly beachへ泳ぎに行ってきた。
2015.11.30.04.jpg
まだ少し冷たい海の水が火照った身体に心地良い。
真っ青な空と海を見ていると身も心も和んでくる。
2015.11.30.05.jpg
ヘレンとチェスターはクイーンズランドまで14時間以上運転しなければならないので大変だ。
ばくはまた2週間ほど留守番だが、ホームステイの世話をしなければならないので仕方がない。
向こうで荷降ろしを手伝えないのが心苦しい。
posted by Tats at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月29日

ようやくヘレンが帰ってくる

今日は人の出入りが激しい。
ホームステイしていた人たち2人が退居し、新たに1人やってきて、夜にはヘレンがクイーンズランドから帰ってくる。
なので一日中掃除・洗濯に追われていた。
posted by Tats at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月28日

昨夜の送別会

2015.11.28.01.jpg
昨夜はうちに長くホームステイしていた男の子の送別会で楽しい夜だった。
シドニー大学に交換留学生としてやってきた彼は、10ヶ月のハードな日程を終え、明日日本へ帰る。
彼が九州出身なので、夕食のメニューは少し甘くて濃い目の味にしてみた。
まずは宮崎名物のチキン南蛮を真似して作ってみた。これには、しば漬けを刻みこんだタルタルソースをかける。
牛肉は味噌に漬けてから焼いてスライスし、アヴォカドとクリームチーズのピュレの上に乗せ、さらに煮詰めたタレをかけるというコテコテの味である。
ご飯には明太子とワカメを混ぜ込んでみた。
サラダは九州風というのは思いつかなかったので、バルサミコ・ヴィネガー+オリーヴ・オイル+チェダー・チーズ+クルミというイタリア風のドレッシング。
まあイタリアもヨーロッパの九州みたいな位置づけということで(^^;)。
2015.11.28.02.jpg
デザートは、ファーンが作ってきてくれたラズベリーケーキにアイスクリームを添えて。
ファーンのケーキはいつもながらとても美味しい。男の子たちは皆おかわりしていた。
2015.11.28.03.jpg
posted by Tats at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2015年11月27日

涼しい一日

今朝は少し雨が降っていたが、午後はきれいに晴れてくれた。
気温は23℃くらいで涼しくて快適だ。
今夜はうちに長くホームステイしていた人の送別会ということで、友人たちが来て、一緒に食事をする。
何を作ろうか考え中。
posted by Tats at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月26日

また猛暑の一日

2015.11.26.01.jpg
今日は35°まで上がり、熱風が吹いていて、まるでドライヤーの中にいるようだ。
熱い外気を入れないよう、窓を閉めきっておいた。
夕方から風の温度が低くなり、少ししのぎやすくなってきた。
明日が22°まで下がるとのこと。
猛暑の後、急に冷たい風が吹いて、気温が下がるという、先週と同じパターンだ。
posted by Tats at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月25日

靴箱のドアの取り付け

今日も30℃を越えて暑かった。明日は38℃とか。また猛暑がぶり返すそうだ。
あまりに気温が高いと庭で木工作業が出来ない。金属製のツールが皆、手で触れないほど熱くなってしまう。
靴箱の下の部分のドアにオイルを2回塗った後、乾いたので、ヒンジでフレームに取り付けてみた。
2015.11.25.01.jpg
ヒンジは、左右両側はFull Overlay、真ん中はHalf Overlayのものを使ってある。
Soft Closeという機能が付いているので、ドアを閉めた時に、バタンという大きな嫌な音がしない。
ドアを30°くらい開けた所から手を離すと、ゆっくりと自動的に閉まってくれ、とても静かだ。
ドア間のクリアランスも3mmほど確保できたので、ぶつからず、ホッとした。
2015.11.25.02.jpg
posted by Tats at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月24日

Clovelly Beach

2015.11.24.01.jpg
今日も良い天気で青い空がまぶしい。
庭で木工作業をしてホコリだらけになったので、夕方、近所のClovelly Beachへ泳ぎに行ってきた。
2時間ほどのんびり過ごしてリフレッシュ。ヘレンと一緒でないのが残念だが。
風が強くなり、ちょうど満潮で荒い波が押し寄せていたが、やっぱり海はいいものだ。
2015.11.24.02.jpg
posted by Tats at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月23日

ジュリエットのお守り

今日は曇り時々晴れ。気温は27℃まで上がったが、爽やかな風が吹いていたので、割りとしのぎやすかった。
昼近く、エリザベスがジュリエットを連れてやってきた。
午後、エリザベスがウイリアムを学校へ迎えに行っている間、木工作業の手を止めて、ジュリエットのお守り。
普段ならヘレンの役目なのだが、今はぼく独りなのでしかたがない。
ジュリエットはオモチャを床いっぱいにぶちまけてしばらく独りで遊んでいたが、それにも飽きて、ジュースが飲みたいとかアイスが食べたいとか、あの映画を観たい、お気に入りの場面まで早送りしてくれ、等など、女の子は要求が多いのだ(^^;)。
下は、大好きな「Frozen」を観ながらアイスクリームを食べているジュリエット。
なんだか木にとまっている小動物のようで可笑しい。
2015.11.23.01.jpg
独りだとTVを占領できてうれしいけど、やっぱりちょっとさびしいので、ソファにヌイグルミをいっぱい並べて一緒に観ていた。
posted by Tats at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月22日

靴箱のドアに悩む

今朝も涼しくて、雲が多く霧のようなシャワーが降ったりしていた。
午後、天気が良くなったので、少しだけ木工作業。
靴箱の下の部分のドアが3枚できあがった。
2015.11.22.01.jpg
フレームの内側にモールディングを貼り、外側は縁をルーターで削って飾りを入れた。
フレームの中はシダーパネルなのだが、なにか模様を入れて変化をつけたほうがいいか、シンプルなままのほうがいいか?
模様を入れた後では、やり直しはきかないし。どうしたものか。
靴箱の上の部分の真ん中のドアはミラーにするのだが、どんなフレームにするか、こちらも思案中である。
2015.11.22.02.jpg
posted by Tats at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月21日

またしばらく留守番

昨夜、7時半頃から冷たい強風が吹き出し、41℃もあった熱気を吹き飛ばしてくれた。
おかげで今日は気温が20℃近く下がって、一日中曇りで涼しい。
今日キャンベラからホームステイに来られた人によると、キャンベラはまだheatwaveが去っていないそうだ。
ヘレンは昨夜、急遽、ブリスベンへ向かった。数ヶ月前から手続きしていた投資用の家の売買契約がようやく完了になる。
テナントを入れる前にいろいろ準備をしないとならないので、しばらく行ったり来たりが続く。
ぼくはまたしばらく留守番である。
posted by Tats at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月20日

Baby et Lulu

今夜はRandwick Town Hallへ「Baby et Lulu」のコンサートを観に行ってきた。
Abby DobsonとLara Goodridgeの二人の女性ヴォーカルによる、フランス語の歌に特化したデュオ・グループだ。
バックを務めるミュージシャンも素晴らしく、音がクリアで聴きやすい。
Edith PiafやGeorges Brassens、

Serge Gainsbourgなど、定番のフレンチポップスから、

オリジナル曲まで、とても楽しめた。

2015年11月19日

熱波は明日まで

今日はちょっとだけ気温が下がって32℃。ただし昨日より蒸し暑いので不快指数はアップした。
明日は41℃まで上がるとの予報で、記録的な暑さだ。
幸い、明日の夜から熱波が去って、気温が一気に下がり、土曜日は23℃になるそうだ。
シドニーだけでなく、オーストラリア各地でheatwaveに襲われている。
Western Australiaではあちこちでブッシュファイヤーが発生して、大きな被害が出ている。
ファームを焼きつくす火と煙の向こうに見える赤い目のような太陽が不気味だ。
2015.11.19.01.jpg
posted by Tats at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月18日

Heatwaveの日にランチの会

今日のオーストラリア各地は熱波に襲われ、シドニーは36℃まで上がり、南のアデレードは40℃の猛暑だったそうだ。
暑いといっても湿度が低いドライ・ヒートなので、窓を閉めきって熱い外気が入らないようにしておけば、家の中は暑くならずしのぎやすい。
午後、近所のビストロでCancer Councilのランチの会。
脳卒中で倒れてこの2ヶ月間療養していたジョイシィも復帰してくれて皆ほっとした。
98才の彼女を筆頭に、80代後半の彼や彼女たちのまだまだ元気な姿を見るのはうれしい。
posted by Tats at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月17日

Walk at Wollongong

2015.11.17.01.jpg
今日は友人たちと一緒にWollongongへウォーキング。
ウーロンゴンは、シドニーから南へ車で2時間ほど行った所にある、石炭で栄えた街だ。
街のすぐ近くにCity Beachという素晴らしいビーチがある。
2015.11.17.02.jpg
今日は見事な快晴だが、風が強いので海から上がると少々寒い。それでも子供たちやサーファーで賑わっていた。
2015.11.17.03.jpg
プロムナードのカフェの辺りでランチを食べ、
2015.11.17.04.jpg
Break Water(防波堤)の方へ歩いて行った。
2015.11.17.05.jpg
ここには近くの山から切りだされてきた巨大な岩がごろごろ置かれている。
2015.11.17.06.jpg
防波堤側から見ると、波と風で揺れる水面に光が輝き、係留されているボートとビーチ側の風景がきれいだ。
2015.11.17.07.jpg
posted by Tats at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月16日

ようやく晴れてくれた

2015.11.16.01.jpg
ようやく天気が回復し、今日は素晴らしい快晴。真っ青な空が見れて嬉しい。
午後、ぼくが木工作業をしている横で、ヘレンは芝刈り。
この一週間ほどずっと雨のため芝が濡れていて、芝刈りが出来なかったのだ。
先日買ったばかりのLawn Mower(芝刈り機)はさすがに切れ味が良く、これで芝刈りがずいぶん楽になる。
2015.11.16.02.jpg
posted by Tats at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月15日

友人宅でバースデイ・パーティー

2015.11.15.01.jpg
今日は友人宅で女の子のバースデイ・パーティー。
子供たちがたくさん集まって賑やかで楽しい。
彼女はプレゼントにもらったマニキュア・セットをさっそく試していた。
こういう時、女の子たちは真剣な眼差しである。
2015.11.15.02.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月14日

Paris attacks


今日は朝からTVとネットのニュースに釘付けだった。
昨夜、13日の金曜日にパリで大規模テロが起きた。
パリ市内のレストランやサッカー・スタジアムが爆破され、コンサート・ホールでは100人以上が撃ち殺された。
今の時点で128人が亡くなったと判明している。
ISがやったテロだというが、この負の連鎖にはやりきれない思いだ。
2年前のちょうど今頃、ヘレンとぼくもパリにいた。わけもわからず撃たれて横たわっているのは、ぼくらだったかもしれないのだ。
先月は、ロシアの飛行機が墜落し、200人以上の乗客が死亡した。誰かに爆発物を仕掛けられた可能性が高いというが真相は闇の中だ。
フランスは国家非常事態宣言(State of Emergency)を出し、国境を封鎖した。
アメリカやカナダ、ブラジルなど、各国のランドマークでは、哀悼の意を表すため、フランス国旗の色にライトアップし始めた。
シドニーのオペラハウスも三色に染められている。
2015.11.14.01.jpg
2001年9月11日以後、アメリカは『テロとの戦い』を旗印に、中東でさらなる戦闘を招いてしまった。
今回の事件がフランスを始めヨーロッパ全体にとっての9.11にならないことを、悲しみが憎悪や報復に変化しないことを願う。
posted by Tats at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月13日

初夏の遠雷

2015.11.13.01.jpg
今朝は晴れて蒸し暑いくらいだったのだが、午後、庭で木工作業をしていると、急に真っ黒な雲が表れ、遠くで雷が鳴るのが聞こえた。
あわてて道具や部材を片付けていると、大粒の雨が降り始めた。
風も強くなり、今日はもう外では作業が出来ない。困ったものだ。
posted by Tats at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月12日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

今日も雨が降ったりやんだり。朝方は少し晴れ間が出ていたが、昼前からシャワーが降り始めた。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
46年前、1969年の11月11日は二人が今の家に住み始めた記念日なのでシャンパンを空けてお祝い。
引っ越してきた当初は家の状態が悪く、あちこちボロボロで、改装に次ぐ改装で大変だったよと、アーヴィンがしみじみ話していた。
今、二人はうちのストリートで一番古いファミリーだ。ヘレンより先に引っ越してきた。
それから来年、リナーテとアーヴィンは結婚60周年を迎える。
かつオーストリアからオーストラリアへ移住して60年目、かつリナーテの80才の誕生日もある。
二人とも元気でお祝いの日を迎えてほしいものだ。
posted by Tats at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月11日

靴箱の上の部分

今日はまた雨模様の天気に逆戻り。
朝は時々シャワーが降り、薄ら寒かった。昼頃に一旦雨がやんだが、夕方からまた降り出してきた。
天気予報によると週末も雨らしい。
午後、ぼくが靴箱を組み立ていると、ウイリアムとジュリエットが遊びに来て、ヘレンと一緒にパペット・ショーをやリ始めた。
ぼくはパペット・ショー観客の役なので、時々組み立て作業の手を止めて相手をしてやらないといけない。
犬と子供はなぜか人が作業している場所で遊びたがる。とても可愛いがとても邪魔である(^^)。
2015.11.11.01.jpg
裏板や天板はまだ貼っていないが、靴箱の上の部分の大枠が出来上がってほっとした。
2015.11.11.02.jpg
posted by Tats at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月10日

今日も快晴

2015.11.10.01.jpg
今日も快晴で、真っ青な空が美しい。
朝からヘレンと一緒に裏小屋の前に置いてある雑物の片付け。
空気は爽やかだが陽射しが強いので汗だくである。
バック・ガレージも整理したので、多少の雨ならここで木工作業ができる。
2015.11.10.03.jpg
これで少しはすっきりした。
2015.11.10.02.jpg
posted by Tats at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月09日

久しぶりの快晴

2015.11.09.01.jpg
今日は久しぶりに晴れて、爽やかな風が心地良い一日。
きれいな青空が見られるのはうれしい。
ようやく庭で木工作業ができる。
posted by Tats at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月08日

ファミリー・フェア

昨日の午前中は、ウイリアムの学校で開かれたファミリー・フェアに行ってきた。
ウイリアムは棒のぼりに挑戦し、天辺に付いているキャンディーをゲット。2回も成功して、一つはジュリエットのために取ってきた。
鉄の棒はかなりすべるので、なかなか登れない子も多いのだが、ウイリアムは運動能力が良いのでサル並にするする登っていった。
2015.11.08.01.jpg
校庭にはクラフトワークを売る店がたくさん立ち並び、
2015.11.08.02.jpg
ステージで子供たちのバンドが演奏しているのを見ながら、ランチを食べたりできる。
2015.11.08.03.jpg
ウイリアムとジュリエットはそこらじゅう走り回り、疲れるとペインティングをしたりして楽しんでいた。
2015.11.08.04.jpg
posted by Tats at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月07日

ソフィアの3才の誕生日

2015.11.07.01.jpg
今日はソフィアの3才の誕生日なので、ポール&ソムの家でパーティー。
ソフィアはヘレンにプレゼントしてもらったドレスをさっそく着てみて、大喜びで走り回っていた。
ソムは大きなアイスクリームのかたまりの中に、フローズンのアナの人形を埋め込み、ケーキを作っていた。
2015.11.07.02.jpg
銀色の粒をスカートに撒き散らして出来上がり。
2015.11.07.03.jpg
三本立てたキャンドルを、子供たちに囲まれたソフィアが吹き消し、
2015.11.07.04.jpg
ポールとソムがアイスクリームをかきとってサーヴしてくれた。
2015.11.07.05.jpg
posted by Tats at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月06日

まだまだ雨の日

今朝は晴れ間がのぞいていたのでようやく天気が良くなるかと期待していたのだが、昼近くから黒い雲が広がり、雷が鳴り、激しいシャワーが降り始めた。
午後、エリザベスがウイリアムとジュリエットを連れて来たが、こう天気が悪いと子供たちも外で遊べないので可哀想である。
ウイリアムはパイレーツの格好をしてカツラをかぶり、ジュリエットはバレエのコスチューム一枚で寒いので毛布にくるまって、映画を見ていた。
2015.11.06.01.jpg
posted by Tats at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月05日

悪天候が続く

今日も一日中雨が降る鬱陶しい天気。時折激しい風が吹き、雨を叩きつけるように運んでくる。
庭で木工作業が出来ないので困る。
いい加減にもう晴れてほしいものだ。
posted by Tats at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月04日

Biscuit joint

2015.11.04.01.jpg
今日も雨が降ったりやんだり。時折激しい風とシャワーが降るので、裏のガレージで少しだけ木工作業。
靴箱のキャビネット・ドアのフレームを作っているのだが、Biscuit jointという接合方法を使うことにした。
Pocket hole jointにしようかと思ったが、ドアの裏側とは言え、目につく場所にポケット・ホールの穴が開いているのは見苦しいし、ポケット・ホール・ジョイントはスクリューを締め過ぎると木材がよじれて接合面に段差が出来やすいのだ。
2015.11.04.02.jpg
ビスケット・ジョイントをするにはBiscuit Joinerという専用工具が必要なので買ってきた。$99と一番安いモノだが、まあこれで十分だろう。
2015.11.04.03.jpg
ビスケット・ジョイナーの前面を木材に当て、本体をスライドさせて静かに押す。ほとんど力はいらない。
2015.11.04.04.jpg
木材に押し付けた時、中から回転する刃が出てきて、切れ込み(スロットという)を作る仕組みになっている。
2015.11.04.05.jpg
こんなスロットがきれいにカットできる。
2015.11.04.06.jpg
長手方向の木材にもスロットを作る。
2015.11.04.07.jpg
スロットにビスケットを入れて、
2015.11.04.08.jpg
アメリカ製のTitebond IIIという強力なウッド・グルーを塗り、
2015.11.04.09.jpg
ベルト・クランプで固定して、接着剤が固まるのを待つ。
2015.11.04.10.jpg
ビスケットは圧縮木材でできている。接着剤の水分を吸ってスロットの中で膨らんで固まり、強力に接合してくれるそうだ。
接着剤が固まるまで待たないとならないので、ポケット・ホール・ジョイントより、部材を組み上げるスピードは落ちるが、作業が簡単できれいに仕上がるので、この接合方法は気に入った。
posted by Tats at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月03日

Melbourne Cup


今日はメルボルン・カップなので、仕事なんかしていられない人も多い。
クラブやパブはランチタイムから満員で、皆、飲み食いしながら3時に始まるレースを待っている。
僕らも近所のクラブへ行って一杯やりながら大型スクリーンで観戦していた。
今年はFame GameとHokko Braveという日本の馬が二頭出場していたが、残念な結果に終わった。Fame Gameは一番人気だったのだが。
毎年、日本の馬に賭けているのだが、儲かったのは2006年に日本の馬が1着と2着を勝ち取った時だけである。
優勝した馬Prince of Penzanceの騎手は女性で、これは初めてのことだそうだ。
下のTVニュースで見られるように、メルボルン・カップはレースが始まる前からお祭り騒ぎで、街中でパレードがあり、大の大人がヘンな帽子やコスチュームで着飾って楽しんでいる。
ハロウイーンで仮装してはしゃぐ子供たちと一緒である。
posted by Tats at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月02日

靴箱のドアを作成中

2015.11.02.01.jpg
この数日、昼間は暑くなり、夕方から雷が鳴り始めシャワーが降ってくる。
今日も晴れているうちに庭で木工作業をしていた。
今は靴箱のドアを作成中。
ドア・フレームの内側にmouldingを付けるのだが、コーナーを45°の角度に正確に切るのは難しい。
Compound sawで45°カットはできるのだが、あまり精度が良くないので、ほんの少し隙間が出来てしまう。
パテで埋めるしかないかな。
2015.11.02.02.jpg
posted by Tats at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2015年11月01日

お墓参り

2015.11.01.01.jpg
今日はポール一家と友人のジーナも一緒に墓参りに行ってきた。
シドニーの西部にRookwood Cemeteryという大きな霊園があり、広大な敷地に国や宗教別に墓地が区割りされている。
入り口にあるカフェでお茶を飲んだり、葬儀の後のレセプションをしたりできる。
2015.11.01.02.jpg
墓に供える花も買える。
2015.11.01.03.jpg
ヘレンの前夫のロイドのお墓は最も古いセクションにある。
文字が読めなくなった墓石も多く、周りは雑草が覆い茂っている。黄色の花が咲き乱れていてきれいだ。
2015.11.01.04.jpg
ジーナの亡夫の墓はイタリア人のセクションにある。
墓地ではなくロッカーのような造りで、花と灯り、生前の写真が飾ってある。
2015.11.01.05.jpg
シエナとリアムは、どこにまだ空きがあるか探し歩いていた。
2015.11.01.06.jpg
この霊園にはアラビア語で書かれた墓石も多くなった。
2015.11.01.07.jpg
大家族主義のチャイニーズらしく、この立派な墓石はきっと一族のために買ってあるのだろう。
2015.11.01.08.jpg
ハロウィーンの時期は日本のお盆のようなモノなので、大勢の人がお参りに来ていた。
posted by Tats at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち