2020年03月29日

涼しい一日

2020.03.29.01s.jpg
昨夜はシャワーが降って、今日は最高気温が23℃くらいと、涼しい一日だった。
COVID-19で引きこもり中の今の時期を利用して、庭仕事もやりたいのだが、天気が不安定で、なかなか着手できない。
下は、うちの近くの通り。
車の往来がすっかり減ったので静かだ。
歩道で遊んでいる子どもたちを見かけた。
施設が全部閉まっているので、公園くらいしか行くところがないし、集団で遊べない。
ちょっとかわいそうだ。
2020.03.29.02s.jpg
posted by Tats at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月28日

静かな町

COVID-19のため、オーストラリア全体がlockdownして、一週間以上経ったが、スーパーマーケットは開いているし(欠品は多いが)、携帯電話とインターネットがある(速度は遅くなったが)ので、皆、なんとか、引きこもり生活に順応している。
道路は空いているし、公園も空いていてのんびり歩ける。
いつも人で賑わうボンダイ・ジャンクションの駅前通りも静かだ。
開けているレストランもあるが、Take away(持ち帰り)だけなので、店に来る人は少ない。
2020.03.28.02s.jpg
ショッピングセンターもスーパーの辺りだけは人がいるが、カフェやレストランが閉まっているので、閑散としている。
2020.03.28.01s.jpg
ベンチにもテープが貼られ、座れないようになっている。
とにかく、人が集まりやすそうな場所は、徹底的に閉鎖して、感染を防ごうとしている。
2020.03.28.03s.jpg
下は、食料とビールを大量に担いで歩いていた若い男たち。
外へ飲み食いしに行くこともできないし、ビーチも立入禁止なので、この週末は、Netflixfでも見ながら部屋で過ごそうというのだろう。
2020.03.28.04s.jpg
posted by Tats at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月27日

ヘレンの祭壇

2020.03.27.01s.jpg
オイルを塗ってきれいになったマーブル・テーブルをダイニング・ルームの角の窓際にセットした。
ヘレンの写真と遺灰、キャンドルなどを置き、花を飾ってみた。
祭壇みたいになるが、こんな感じでいいかな。
ダイニング・テーブルの僕の座る場所からヘレンの写真が見えるし。
posted by Tats at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月26日

マーブル・テーブル

2020.03.26.01s.jpg
今日は小雨が降る中、アンティークのマーブル・テーブルを買ってきた。
100年くらい前の物らしいが、$50という格安だった。
売り主のお祖母さんの遺品で、物置で眠っていたという。
テーブルトップは、赤茶っぽい大理石で、ところどころ少し傷んでいるが、ヒビや欠けはない。
フレームは、正統的な木工の技を駆使して作られているので、しっかりしている。
小さな割れや歪みはあるが、基本部分は大丈夫だ。
きれいに掃除してからオイルを塗ろう。
posted by Tats at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月25日

行動制限がさらに強化


COVID-19でLockdown中のオーストラリアだが、今日から行動制限がさらに増えた。
海外旅行に行くのは禁止、美術館、博物館、図書館、プール等も閉鎖。
美容院・理髪店は、予約のみで30分以内、ということは毛染めとかはもうできないだろう。
集会についての制限も強化された。
人が集まる場合、4平方メートル内に一人、という制限の上、結婚式は5人以下、葬儀は10人以下でやれというのは、なかなか難しい。誓いのキスもできないだろうに。
オーストラリアでは、3月24日までに、161,000人がテストを受け、2,318人の感染者が確認され、8人が死亡した。
日本では、厚生労働省のサイトによると、41,758人がテストを受け、1,128人の感染者が確認され、43人が死亡したそうだ。
人口に対する死亡率を計算してみたら、日本もオーストラリアもそう変わらない。
日本(人口:126,535,920人) 死亡率 3.40%
オーストラリア(人口:22,268,384人)死亡率 3.59%
ここで、気を緩めずに感染を防ごう、しばらくは大変だが引きこもろう、というオーストラリアの施策は正しいと思うが、social distancing? 何それ? 2mも離れたら満員電車に乗れないし花見にも行けないから無理のユルユル日本と、死亡率が変わらないのだ。
まあこれは今の時点での話で、一年後はどうなっているかは誰にもわからない。
日本がイタリアのようにならないことを祈るばかりだ。

下の写真は、今日のボンダイ・ビーチ。
砂浜は立入禁止なので、芝生の上で座っている人がまばらにいるくらいだ。
2020.03.25.01s.jpg
ほとんどの店が閉まっているので、ビーチ沿いの通りも静かだ。
2020.03.25.02s.jpg
posted by Tats at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月24日

引きこもり生活が本格化

シドニーで引きこもり指令が出て一週間位たった。
ほとんどの人は在宅で仕事をしているし、エミリーも今日、大学の試験をオンラインで受けていた。
昨日からレストランやカフェも閉まっているので、町は静かだ。
スーパーマーケットはあいからわず物不足で、開店と同時に並んで入店しないと、欲しい物が買えないらしい。
そんな現状を歌った歌を、友人のスーが教えてくれた。
Jeff Shoesmithという男が作った「COVID-19」という歌で、これがなかなかよくできていて面白い。
元歌は1980年代に活躍した、オーストラリアのバンド、Redgumのヒット曲、「I was only 19」だ。
19歳で戦場に駆り出された男の悲惨な体験を歌っている。
posted by Tats at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月23日

人が集まる場所はほぼ閉鎖

COVID-19の感染拡大阻止のため、オーストラリア政府は、昨夜、新たな行動制限を発表した。
今日3月23日の正午から、次の施設が閉鎖される。
・レストラン、カフェ(持ち帰りと宅配は除く)
・パブ、クラブ(併設の酒屋を除く)、ホテル(宿泊施設を除く)
・スポーツ・ジム
・映画館、娯楽施設、カジノ、ナイトクラブ
・宗教的な集会所、礼拝場、葬儀場

人が集まる場所を徹底的に閉鎖する方針なのはわかるが、外食が不可能になるので、ますます買いだめが加速しそうだ。

人の移動制限も厳しくなっている。
州によっては入州制限を設けていて、NT,SA,WAでは州外から入る人は全員、14日間の検疫が必要だ。
オーストラリア内の国内旅行も中止するよう要請されている。
アナ&エイドリアンは、4月に行く予定だった日本旅行をキャンセルし、その代わりにゴールドコーストへ行く予約をしていたのだが、この旅行もキャンセルせざるを得なくなった。
さらに、アナは4月4日に誕生日パーティーを家でやる予定にしているのだが、これも中止するかもしれない。
キャンベラで、アナが勤める小学校はまだ閉鎖はされていないが、これからどうなるかわからないという。

幸い、スーパーマーケットやコンビニ、ガソリン・スタンド、薬局、運送業者は営業しているが、しばらくはまだ引きこもり生活が続くだろう。
こうして人と経済の動きを止めたことによるダメージを軽減するため、オーストラリア政府はいろいろな支援措置を打ち出しているが、どこまで持ちこたえられるか?
posted by Tats at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月22日

ビーチが閉鎖された

昨日は良い天気だったので、いつものようにBondi Beachにたくさんの人が繰り出してしまい、オーストラリア政府は急遽、閉鎖命令を出して、ビーチから人を追い払った。
Covid-19の感染を防ぐため、「social-distance」といって、人と人とは1.5m以上離れるようにとの指令が出ているのだが、とうてい守られそうにないから仕方がない。
今朝、Clovelly Beachへ泳ぎに行ったら、こちらも、このように閉鎖になっていた。
2020.03.22.01s.jpg
Bondiだけかと思っていたので、あわてて調べてみたら、Eastern Suburbsのビーチは全部閉鎖になっていた。
隣のビーチのBronteへ行ってみたら、ビーチ沿いにはフェンスが置かれ、
2020.03.22.02s.jpg
プールも閉まっていた。
2020.03.22.03s.jpg
それでも、人々は崖の上からのんびり海を眺めたり、
2020.03.22.05s.jpg
公園でフットボールの練習をして楽しんでいた。
2020.03.22.04s.jpg
posted by Tats at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月21日

ソファの脚が完成

2020.03.21.01s.jpg
ソファの脚が全部完成したので、取り付けた。
高さもちょうどいい。
次は、ソファにかけるカヴァーをどうするか考えないといけない。
三人がけのラウンジには大きな布が必要だ。
シーツを二枚つなぐとか、カーテン用の生地を買うか?
posted by Tats at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月20日

リアムの誕生日祝い

2020.03.20.01s.jpg
昨夜は、リアムの10歳の誕生日を祝って、ポール一家と一緒に、ビーチ沿いのクラブへ夕食に行って来た。
話題はどうしても新型コロナウイルスの方へ流れていった。
学校は閉鎖になっていないので、働いている親にとってはありがたいが、感染する可能性が増えるのは心配だ。建築現場で働いているポールは、人との接触はそれほどないが、ソムの仕事は他人の家を訪問するので、新型コロナウイルスをやり取りしないよう、注意しているとのこと。
2020.03.20.02s.jpg
このクラブも、ウイルスの感染を防ぐため、屋内には100人以上は入れないようにしていたり、子供が食事する場所を分けてあった。
感染しても抵抗力の強い子供と、重篤化しやすい老人を、できるだけ接近させないという施策は良いと思う。
オーストラリアは日本よりもずっと気を使っているようだ。
2020.03.20.03s.jpg
食後はポールの家に移動し、皆でチョコレートケーキを切ってお祝い。
2020.03.20.06s.jpg
posted by Tats at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち