2017年11月22日

スマホの縁だけカバー

2017.11.22.01.jpg
スマホがつるつるすぎて、手から落としそうになるし、ポケットからするっと落ちやすい。
カバーを付けようかと思ったが、裏側を覆ってしまうとバッテリーが熱を持つので嫌なので、Bumper Silicone Caseというモノを買ってみた。
単なるシリコン製の輪ゴムで、バンパーの名前の通り、スマホの縁だけをカバーする。
2017.11.22.02.jpg
うちの近くの店では売っていなかったので、ネットで中国から買った。2本で約100円という格安品である。
上部にはイヤホン用の穴がないので、自分で空ける必要がある。
これで確かに手で持った時、するっと滑り落とさないだろう。
2017.11.22.03.jpg
ただ、シリコンの表面が滑りすぎなさすぎて、ポケットに出し入れする時、ポケットの布地に引っかかって困る。
滑らないのも良し悪しである。
posted by Tats at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月21日

Wollongongでウォーキング

2017.11.21.01.jpg
今日は朝から、友人たちと一緒にWollongongへウォーキングに行ってきた。
ウーロンゴンはシドニーの南にある大きな街で、うちからだと2時間くらいかかる。
友人たちと駅で待ち合わせ、海に向かって歩いてゆく。青紫の花を付けたジャカランダがきれいだ。
2017.11.21.02.jpg
公園を通り抜け、
2017.11.21.03.jpg
ショッピングセンターや教会、
2017.11.21.04.jpg
美術館の横を通り、メインストリートを下って行くと、
2017.11.21.05.jpg
長い海岸線が美しいビーチに出る。
2017.11.21.06.jpg
ビーチ沿いは、大きな街路樹が立ち並ぶプロムナードになっている。
2017.11.21.07.jpg
遠くに見える灯台を目指して、さらに歩いて行くと、
2017.11.21.08.jpg
小さな湾に出る。
ここの公園にはイス・テーブルが設置され、カフェや子供たち用のプレイグラウンドもある。
海を見ながら木陰に座ってランチを食べ、おしゃべりしていると時間を忘れる。
2017.11.21.09.jpg
この湾を囲むように延びた岬の上に、二つの灯台が立っている。
Breakwaterと呼ばれる大きな石を積み上げた岸壁を歩くと、ゆるやかな波の音だけがして心地良い。
2017.11.21.10.jpg
posted by Tats at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel: シドニー近郊

2017年11月20日

スマホに悩む

スマホの設定やアプリをいろいろ試しているが、つるつるしたインターフェイスにはなかなか馴染めない。
操作方法が滑らかなわりには、杜撰な作りのアプリが多くてうんざりする。
まず、Power Onにすると、やたらと派手な画面と大きな音で立ち上がってくる。静かで暗い所では目障り耳障りでウルサイ。
2017.11.20.01.jpg
この立ち上げの画像と音量を変えたいのだが、設定が見つからない。ここはユーザーでは変更不可なのか?
なぜか、パソコンとスマホのGoogle Calendarが同期しないし、困ったものだ。
posted by Tats at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月19日

ビーチで砂遊び

2017.11.19.01.jpg
この数日、少しシャワーが降ったりしていたが、今日は朝から良い天気になった。
午後、Clovelly Beachにクリスがウイリアムとジュリエットを連れて来るというので、一緒に行ってきた。
好天の日曜日とあって、ビーチは家族連れで大賑わい。
2017.11.19.02.jpg
子供たちは砂遊びに夢中で、延々と穴を掘ったりお城を作ったりしていた。
炎天下なので、日焼けしすぎないよう、気をつけてやらないとならない。
帽子とラッシュガードは必需品である。
2017.11.19.03.jpg
posted by Tats at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月18日

Emma Pask

昨夜、Randwick Town Hallで観たEmma Pask(エマ・パスク)のコンサートは素晴らしかった。
バックバンドのピアノ、ダブルベース、ドラムスはものすごくうまいし、エマの声の魅力に圧倒された。
彼女はオーストラリアを代表するジャズシンガーで、16歳の時、オーストラリアのジェイムズ・モリソンという有名なトランペッターに才能を見いだされた。
それ以降、モリソンのバンドで歌ったり、自分のバンドを組み、今年40歳になる彼女は数々の賞を受賞してきた。
オペラハウスやTVでも活躍しながらも、こんなローカルのタウンホールへも歌いに来てくれる。
ベースはジャズだが、ゴスペルからラテン、ビートルズまで幅広い。
スタンダードの
「Gee Baby Ain't I good to you」

最新作は「Cosita Divina」というラテン・ミュージックに挑戦したアルバム。

その中から、凄みのある「Afro Blue」

最後は、クリスマスソングを集めたアルバムから、
「What Are You Doing New Year's Eve?」

2017年11月17日

数日は雨模様

昨日の夕方から、雲が多くなり、時々シャワーが降ってきた。
今日も午後からずっと曇天で、また雨模様の天気だ。
せっかくの週末なので、晴れてほしいのだが。
今夜は友人たちとジャズヴォーカルを聴きに行く。
posted by Tats at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月16日

Same-sex Marriageに賛成多数

この数か月、オーストラリア全体でSame-sex Marriage(同性婚)について議論され、連日のようにニュースになっていた。
政府は国民の意見を聞くため、一か月ほどかけて郵便での国民投票を実施した。
昨日、その開票結果が発表され、Same-sex Marriageに賛成するか?という問いに対して、YESが61.6%、NOが38.4%、で、賛成票が上回った。

世界には、同性愛者は刑務所行きになったり、サウジ・アラビアやイランのように死刑になるような国もある。
ナショナル・ジオグラフィックの記事によると、『73カ国、国連加盟国の37パーセントが、同性同士の性行為を違法と定めている』のだそうだ。
違法と規定している国が、オーストラリアで反対票を投じた人たちとほぼ同じ割合なのは面白い。
ともあれ、この投票結果は、equality(平等)を大切にするオーストラリアにふさわしい。
ゲイ&レズビアンの認知を広めたMardi Grasは来年40年を迎えることだし、国民投票の結果ですぐに法律が変わるわけではないが、政府は同性婚を認める法整備に推進するするだろう。
posted by Tats at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月15日

Cancer Councilのランチの会

2017.11.15.01.jpg
今日は25℃くらいまで上がったので、陽射しが強く感じる。湿度は低いので木陰に入ると涼しいのだが。
午後、Cancer Councilのランチの会なので、ナーシングホームへジョイスを迎えに行った。
ホームには、クリスマスのデコレーションが飾られ、華やかだ。
きれいに身支度を整えてもらったジョイスを車椅子に乗せ、近くのホテルのビストロへ、ゆっくりと押して歩いてゆく。
ジョイスは、大きな街路樹やきれいな花を目にするたび、感嘆の声をあげ、うれしそうにしていた。
101歳のジョイスと、あと何度この道をこうして歩けるだろう。
2017.11.15.02.jpg
posted by Tats at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月14日

格安SIMカード

2017.11.14.01.jpg
この前買ったスマホには、Jeenee Mobileという会社の格安SIMカードを入れてある。
月額$9.90で、オーストラリア国内の電話とSMSは無制限という、オーストラリアで最安のSIMだ。
データは1GBまでだが、まあ、大丈夫だろう。
このスマホの内部にはDual SIM用にスロットが二つある。海外旅行する時には便利だ。
SIMカードを入れるときは、裏蓋を外さないと(いわゆる殻割り)いけないのが面倒だが。
2017.11.14.02.jpg
posted by Tats at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月13日

Newtown Festival

昨日の午後はNewtown Festivalを見に行ってきた。
天気の良い日曜日とあって、Newtownの駅を降りると、もう人でいっぱいだ。
2017.11.13.01.jpg
ゲートの前は長蛇の列ができていた。
2017.11.13.02.jpg
入口でバッグをチェックをされ、入場料の$5を払う。
2017.11.13.03.jpg
会場のCamperdown Memorial Rest Parkは広くて、普段は静かなのだが、今日は超満員だ。
2017.11.13.04.jpg
服やアクセサリー、陶器、鉢植えなど、たくさんのお店が出ている。
2017.11.13.05.jpg
食べ物も、パエリアからお好み焼きまで、各国の名物が揃っている。
2017.11.13.06.jpg
陽射しが強いので、人も犬も、大きな樹の下の木陰に集まって食べる。
2017.11.13.07.jpg
小さな子供たちから大人まで楽しめるよう、いろいろなアトラクションがある。
70年代風の衣装を借りて着飾って歌うカラオケから、
2017.11.13.08.jpg
たくさんの作家から話を聞けるWriters TentやSustainabilityのワークショップなど。
これはハチミツの採り方についてのレクチャー。
2017.11.13.09.jpg
音楽も、あちこちにステージが設けられ、ヒップホップからハードコアパンクまで、一日中楽しめる。
2017.11.13.10.jpg
ぼくのお目当てはメイン・ステージに登場したThe Crooked Fiddle Band。
オーストラリアで大好きなバンドの一つだ。
2017.11.13.11.jpg
ゴリゴリのヴァイオリンとドタバタのドラムがとてもウルサイのだが、クラシックもロックもジプシーもケルティックも好きなら、こう演るしかないと納得する。
2017.11.13.12.jpg
お馴染みの「The Rom Rebellion」から

「Vanishing Shapes of a Better World」も演ってくれて、大満足である。
posted by Tats at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記