2018年12月16日

友人たちを招いて夕食

2018.12.16.01s.jpg
昨夜は、友人たちを家に招いて、総勢大人7人とベビー1人で、楽しい夕食だった。
メインはロースト・ポーク、それから魚介類のクリームソース、サツマイモの炊き込みご飯、サラダ。
リンゴとモモと一緒にローストしたポークは柔らかく仕上がって、汗だくで料理したかいがあった。
2018.12.16.02s.jpg
ヘレンの誕生日が18日なので、一足早いが、バースデイ・ケーキとして、パンプキンとクリームチーズのケーキを焼いておいた。
ベリーソースをかけて、アイスクリームを添えて食べる。
2018.12.16.03s.jpg
キャンドルを立てて、ヘレンの誕生日を祝い、皆でハッピー・バースデイを歌ってお祝い。
一人の女性はクラリネット奏者なので、ハッピー・バースデイやクリスマス・ソングを吹いてもらって、うれしい。やっぱり生演奏はいいな。
ヘレンがシドニーに戻ってきてから二ヶ月半たったが、これだけの人数をうちに招いて食事をしたのは、昨夜が初めてだ。
ヘレンが疲れすぎないか心配だったが、大丈夫そうで、ほっとした。
来週もいろいろなパーティーが続くが、ちゃんと楽しめそうだ。
posted by Tats at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年12月15日

台風シーズン

オーストラリアの東側に台風が来ていて、各地で大荒れの天気だ。
シドニーも晴れたと思ったら、急に激しい雷雨になったりする。
短時間に降る大雨のため、飛行機や電車のダイヤが乱れたり、建物の中に浸水したり、街路樹が倒れたりと、被害が出ている。
今日も朝は晴れ間が出ていたのだが、厚い雲が出てきて、ひどく蒸し暑い。時々雨が叩きつけるように降ってくる。
今夜は、お客が5人来るので、一日中、料理をしている。
ロースト・ポークを作ることにしたのだが、この暑さでオーヴンを使うのは汗だくだ。
posted by Tats at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年12月14日

セシリア宅でクリスマスパーティー

2018.12.14.01s.jpg
昨夜は、友人のセシリアの家で、総勢7人でクリスマスパーティー。
エントランスでは、19歳になる猫のモイラがど真ん中に寝そべって出迎えてくれた。
2018.12.14.03s.jpg
セシリアは料理がうまくて、どんな皿でもはずれがない。
今夜のメインは、ラムとターキーのロースト。
ゆっくりローストしたそうで、ジューシーで美味しい。
2018.12.14.02s.jpg
デザートは二種類のケーキとアイスクリーム。これも全部セシリアの手作りだ。
特にアイスクリームはとても爽やかなレモン風味で、甘みを抑えた大人の味で絶品だった。
近所に生えているLemon myrtle(レモン・マートル)の樹の葉っぱをちぎってきて入れたとのこと。
2018.12.14.04s.jpg
4時間、おしゃべりして飲み食いして、お腹いっぱいである。
posted by Tats at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年12月13日

2週間毎の血液検査

2018.12.13.01s.jpg
午前中、ヘレンを連れて病院へ、2週間毎の血液検査に行ってきた。
来週月曜日、検査結果をもとに、オンコロジストと面談する。
白血球が減っていなければいいが。
ヘレンは白内障の手術をした右眼がよくなるにつれ、光に敏感になり、しきりにまぶしいと言う。
家の中でもカーテンを閉め、外へ出るときは、サングラスと帽子をかぶっている。
そうしないと、まぶしくて眼が開けられないので、しかたがない。
posted by Tats at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年12月12日

右眼の検査

2018.12.12.01s.jpg
今日は、ヘレンの右眼の検査をしに眼科医へ。
白内障の手術後、ステロイド入りの目薬をさして、痛みがおさまるのに、一ヶ月以上かかった。
まだ視力が期待したほど出ていないのが気がかりだが。
左眼の手術は、来年3月にやることに決まった。
夕方、ヘレンは夕食を全部一人で作るといって、キッチンへ。
レンティルをガラムマサラで煮て、ポークとほうれん草を炒め、ライスを炊いていた。
調理している間、ずっと立っていることはまだできないが、以前よりはずっとよくなった。
久しぶりに食べるヘレンの料理は美味しくてうれしい。
2018.12.12.02s.jpg
posted by Tats at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年12月10日

アナ&エイドリアン宅で過ごした週末

2018.12.10.01s.jpg
アナ&エイドリアンの家までは、車で3時間半ほどかかる。
ヘレンが疲れないか心配だったが、なんとか大丈夫で、ほっとした。
ヘレンがこれだけの時間、車で移動したのは、この半年で初めてだ。
アナ&エイドリアンの家はファームエリアにあるので、周りは静かでのんびりできる。
近くのヴィレッジにはパブとカフェが一軒ずつあるだけだ。
草刈りや管理で手がかかるが、二人は今の暮らしを楽しんでいる。
普段はキャンベラのシティで働き、週末はファームライフをやるのは、バランスが良いのだろう。
2018.12.10.02s.jpg
この辺りの森には、カンガルーやウォンバット、エキドナというオーストラリアの固有種から、フォックス、鹿、野豚など、野生動物がたくさん住んでいるが、ほとんどは夜行性なので、日中はあまり見かけない。
昼間は、きれいな鳥や
2018.12.10.03s.jpg
トカゲがやってくる。
2018.12.10.04s.jpg
大きな樹の下には、今年8月に死んでしまった愛犬タジーのお墓がある。
2018.12.10.12s.jpg
エイドリアンがBBQでソーセージを焼いてくれた。
日中は30℃を越すが、夕方には涼しくなったので、外のテーブルで食べる。
2018.12.10.10s.jpg
遠くの山間に落ちてゆく真っ赤な夕陽は最高のショーだ。
2018.12.10.11s.jpg
posted by Tats at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年12月09日

シドニーに帰ってきました

先週の金曜日からアナ&エイドリアンの家に遊びに行き、二泊三日を過ごしてきた。
日中は30℃を越えるが、乾燥しているので、陽が沈むと夜風が涼しい。
詳しい様子は、明日にでも。
posted by Tats at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年12月07日

週末はアナ&エイドリアン宅

ヘレンは白内障の治療中なのだが、ちょうど運転免許証の更新時期になる。
右眼の手術は終わったが、左眼は来年3月くらいになる。
手術後、視力が安定するのに、一ヶ月はかかるだろう。
それで、今日、オプトメトリスト(検眼士)に診てもらって視力検査をして、書類を書いてもらう。
検眼の後、車を飛ばして、アナ&エイドリアンの家に遊びに行く。
2日ほど泊まって週末を過ごしてくる予定だ。
posted by Tats at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年12月06日

半年ぶりに料理

2018.12.06.01s.jpg
白内障の手術の後、一ヶ月以上かかったが、ヘレンの右眼がようやく回復して、ちゃんと見えるようになった。もう痛みもない。
今朝、行きつけのメガネ店に行って、右側のレンズを、素通しレンズに変えてもらった。
度が入っているレンズのままだと、視力が良くなった裸眼に合わないないからだ。
2018.12.06.02s.jpg
午後は、パンプキン・スープを作りたいと言って、キッチンへ。
立って料理をするのはまだ無理なので、椅子に座って野菜を刻んだりしていた。
ヘレンが料理をしたいと言ってくれたのは半年ぶりだ。
毎日、少しずつ快方に向かっているヘレンを見るのは本当にうれしい。
posted by Tats at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活

2018年12月05日

リハビリ中

今日のヘレンは足腰が疲れたと言う。
昨日、プールへ行って泳いだので、無理もない。
三ヶ月前は立つこともできなかったのだから、これからゆっくりリハビリしていくしかない。
それより、背中の右側、肩甲骨の下辺りの痛みがまだ取れないのが心配だ。
夕食技、オイルマッサージをしてあげたので、よく眠れるといいが。
posted by Tats at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活