2021年06月20日

DOUBLE TROUBLE - Mozart and Bach at play

2021.06.20.01s.jpg
今日は「DOUBLE TROUBLE - Mozart and Bach at play」を観に行ってきた。
演目は、Mozartの「Bastien and Bastienna」と Bachの「Coffee Cantata」。
会場はサーキュラー・キーにあるCustom House。1988年まで実際に税関として使われていた美しい建物だ。
2021.06.20.02s.jpg
ここでコンサートを聴くのは初めてなのだが、居心地の良さに感心した。
クロスのかかった丸テーブルに小さなライトが灯され、チップスやナッツが用意されていた。カフェで買ったコーヒーやワインを持ち込んで、リラックスして鑑賞できるのがいい。
2021.06.20.03s.jpg
「バスティアンとバスティエンヌ」は、モーツァルトが12歳の時に作ったそうで、まさに天才だ。良い音楽は何百年経っても古びない。演出をどうモダナイズしてもぴったり収まるのがすごい。
2021.06.20.04s.jpg
このステージでは、怪しい魔法使いのコラスは、精神科医の役になっていた。Dr.Colasは、クリニックにフロイトの写真を飾っているくせに、読んでいるのは占星術の本なのが可笑しい。恋愛相談に来たバスティアンとバスティエンヌに怪しい提案ばかりするのでぴったりだ。
2021.06.20.05s.jpg
いろいろな演出があるが、これはドイツのカフェで、ピアノ一台だけで演っていて、なかなかいい。


休憩の後、バッハの「コーヒー・カンタータ」。
この曲の背景が面白い。18世紀当時、コーヒーに対する偏見はひどかったようだ。
これも有名曲なので、様々な演出がある。
オランダに住む日本人ヴァイオリニスト、佐藤俊介が率いるNetherlands Bach Societyのステージが気に入っている。

楽しい曲を二つも観れて大満足だ。
チケットは$30と格安。しかも、僕はNSW Discover Voucherを使ったので$25引きになり、わずか$5だった。

2021年06月19日

シドニーのコロナ状況

一昨日の17日、シドニーでは、Delta variant(デルタ株:以前はインド株と呼称)の感染者が一人見つかった。新聞記事はここ
それを受けて、昨日、6月18日午後4時から6月24日0時1分までの対策として、以下の勧告が出された。
・公共交通機関でのマスク着用義務。
・小売店、劇場、病院、高齢者介護施設などの全ての公共屋内場所でのマスク着用を強く推奨。また、接客スタッフのマスク着用を強く推奨。
・高齢者介護施設や障害者施設への不要不急な訪問の回避。訪問する場合はマスクを着用し、面会は1日2人までに制限。

幸い、オーストラリアでは、追跡システムが結構しっかりしているので、感染者が立ち寄った場所と日時を特定できる。
スマホに入れたアプリでQRコードを読み込ませ、チェックイン/アウト時にタップすれば登録完了だ。
手書きがいいなら、用紙に記入してもいい。
最新の結果はサイトで発表され、ここで見れる。

うちの近所のBondi JunctionやVaucluseでも感染者の立ち寄ったカフェやレストラン、映画館などがリストアップされていて、使ったバスや電車もわかる。
身に憶えがある人は、すぐにPCR検査を受けるように言われている。

お向かいのリナーテ&アーヴィンは先週、一回目のコロナワクチンを打ってきた。アストラゼニカ製だが、特に副作用もないとのこと。
もちろんワクチンを打てば万全というわけではないし、デルタ株のように強毒な変異株が出現すれば、今のワクチンの有効性はどんどん下がるだろう。
それでも全体としては、打てる人は打ったほうがいい。
posted by Tats at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月18日

階段の下にガーデンベッド

2021.06.18.01s.jpg
この数日、夕方から曇って、時々雨が降る。日中は晴れてくれるので、庭仕事にはぴったりだ。
バルコニーの階段の下の部分を整地し、植物を植えた。
家に近い半分の方は雨がかからないので、資材置き場にする。
古いバルコニーを解体してできた廃材をカットして、エッジを作り、植物を植えて、マルチを敷き詰めた。踏石として、大きな石も配置しておいた。
まだスカスカだが、植物がどう育つか一年様子を見る。
2021.06.18.02s.jpg
早速ジギーがやって来て点検していた。
2021.06.18.03s.jpg
posted by Tats at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月17日

大学は試験期間

2021.06.17.01s.jpg
今、大学は試験期間で、うちにステイしているエミリーも部屋にこもって、試験勉強やアサインメントを書いたりしている。
昨夜はオンラインで、2時間の試験。
エミリーの友達のレイチェルもうちで試験を受けることになり、犬を連れてやってきた。
黒いラブラドール・レトリーバーが、家に上がるたった三段のステップをよろよろと登ってきた。
ドッグシェルターからもらい受けてきたので、正確な歳はわからないけど、10歳は超えているとのこと。
彼女はシェアハウスに住んでいて、庭があるので、黒犬と黒猫を飼っているそうだ。
犬は庭をちょっと散歩しておしっこしたらすぐに家の中へ戻ってきた。暖炉のそばで気持ちよさそうに横になっていた。
ラブラドールは温和で、大きな頭やまるまるとした胴体が可愛い。僕は犬は大きいほうが好きだ。
2021.06.17.02s.jpg
posted by Tats at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月16日

街の音楽

2021.06.16.01s.jpg
昨夜は、オペラハウスで、プロジェクションとライヴを観てきた。
2021.06.16.02s.jpg
ギターとドラムの二人が、アンビエント・ミュージックっぽい音楽を演る。
2021.06.16.04s.jpg
夜空に抜ける音が心地良い。
2021.06.16.03s.jpg
今日は、ボンダイビーチの小さな教会で、Lara Nakhleのライヴ。
彼女は全盲なので、ステージを歩いたり、機材のセッティングには助けが必要だが、自分でiphoneを音声ガイドで操作し、バックトラックを流していた。
2021.06.16.06s.jpg
張りのある良い声をしていて、ピアノもギターもうまい。
目が見えなくても大学院まで行き、ミュージックセラピーのマスターを取ったとのこと。
2021.06.16.07s.jpg
彼女の演奏はyoutubeにもたくさんアップされている。
You've Got A Friend

Oceans

コンサートホール以外でも、ストリートや教会、病院、ショッピングセンターなど、いろいろな所で音楽が聴けるのはいいものだ。
posted by Tats at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月15日

工事の後片付け

今週はポールが忙しいのと明日から雨の予報なので、バルコニーの工事は中断している。
あと少しやり残した作業がある。まあ一日あれば全て完了するのだが。
工事がないとはいえ、後片付けや、傷んだ芝生の手入れ、薪つくりをしたりして忙しい。
端材が結構残ったので、どこに保管するかな?
posted by Tats at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月14日

リナーテ&アーヴィン宅でランチ

2021.06.14.01s.jpg
今朝、お向かいのリナーテ&アーヴィンにひ孫が生まれたので、急遽、お祝いのランチに呼ばれた。
二人の孫娘のリジーはニュージーランドに住んでいて、初産だが、幸いとても軽いお産だったとのこと。
リナーテは美味しいスタッフド・カプシカム(赤ピーマンにミンチを詰めたもの)を作ってくれた。
2021.06.14.02s.jpg
二人にとって初めてのひ孫なので喜びもひとしお。
食事中も、あちこちから電話かかってきて、忙しい。
2021.06.14.03s.jpg
posted by Tats at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2021年06月13日

階段とバラストレイドのオイル塗り完了

2021.06.13.01s.jpg
今日も素晴らしい快晴。日当たりが良い所は暖かいのだが、ちょっと陰に入ると寒い。
階段とバラストレイドのオイル塗りがようやく完了。
ステップ部分はトラフィックが激しいので、オイルを5回塗り重ねた。
2021.06.13.02s.jpg
posted by Tats at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2021年06月12日

Randwick Art Exhibition

2021.06.12.10s.jpg
午後から、友人のパットが誘ってくれたRandwick Art Exhibitionを見に行ってきた。
会場はローカルクラブのThe Juniors。ここへ来るのは3年ぶりくらいだ。ヘレンがいた頃は時々ショーを見たり、食事に来たりしたものだが。
2021.06.12.11s.jpg
いつもは、クラフトや写真もあるが、今回は絵だけ。パットも数点出展していた。
友人のメリーと会ってびっくり。
2021.06.12.12s.jpg
ホールでは主催者の挨拶があり、音楽を聞きながら、サンドウィッチやチーズ、フルーツをつまみ、おしゃべりしたり。
2021.06.12.13s.jpg
日本人のアーティストも二人、出展していた。
お二人と会場で話すチャンスがあり、新しい出会いができて嬉しい。
posted by Tats at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

庭で漂流する猫

2021.06.12.01s.jpg
今朝も良い天気で気持ちがいい。
階段のオイル塗りを済ませたあと、古い木のテーブルを解体することにした。
バルコニーの作成中は作業台として使っていたのだが、天板が反ってきたし、木質が腐食してスクリューがあちこち抜けている。もうガタガタなので、ばらして切って暖炉の薪にする。
隣猫のジギーが早速やって来て、天板の上に乗っていた。
筏に乗って漂流している人のように深刻な顔で座っていて可笑しい。
2021.06.12.02s.jpg
posted by Tats at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記