2018年06月19日

大荒れのシドニー

今日は朝から大荒れの天気。雷が鳴り、大雨と強風で、外に出られない。
そんな中、洗濯機の修理屋がやってきてくれた。
10年くらい使っているLGが動かなくなったのだが、やはり排水ポンプが壊れているとのことで、交換してくれた。
部品代と修理費は合計$154で、なかなか良心的な業者で助かった。
posted by Tats at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月18日

大阪で地震

今朝、ネットのニュースを見たら、大阪を中心に震度6の地震が発生したとのことで驚いた。
電車が停まり、建物が倒壊したり、亡くなった方もいる。
奈良の妹にメールして様子を聞いたところ、大きく揺れたが被害はないようでホッとした。
関西にはぼくの親族や友人が多いので心配だ。皆、無事でいてくれるといいが。
posted by Tats at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月17日

山では雪が降り始めた

今日も快晴で青空がきれいなのだが、風が強くて寒い。
うちの辺りでも8℃まで下がったが、内陸部は軒並み零下になり、山では雪が降っているそうだ。
これはBarrington Tops National Parkの山の様子。
午前中、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でコーヒー。
明日から、暖かいクイーンズランドへクルーズに行くとのことで、うらやましい。
posted by Tats at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月16日

ダブル・トラブル

一昨日シドニーへ戻って来たばかりなのに、ダブル・トラブルが発覚。
洗濯機の一台が途中で止まる。
何回かテストしてみたが、排水して脱水する工程に移行するタイミングで止まってしまう。
まあうちには洗濯機があと2台あるのですぐには困らないが、修理屋を呼ぶか、新しいモノを買うか、決めなければならない。
それから、三菱VANのエンジンがかからない。
どうもバッテリーが上がっているようなので、NRMAを呼んで調べてもらおう。
posted by Tats at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月15日

日本旅行から帰ってきたジェニファー

今朝は、久しぶりのヨーガ・レッスン。
ヨーガ仲間のジェニファーは日本旅行から帰ってきたばかりなので、たくさんお土産話を聞かせてくれた。
大阪から神戸、倉敷、広島、高松、萩、熊本まで足を伸ばしたとのこと。
直島をアートを楽しみながら歩き、大阪では箕面の滝を見に行くという、なかなかマニアックな行程。
神戸の街がとても気に入って、住みたいと思ったくらいだそうだ。
食べ物はどうだったと聞くと、英語メニューなんかないような地元の小さな店ばかり行ったので、何という名前の料理を食べたのかわからないけど、どれも美味しかったとのこと。
さすが、二度目の日本旅行だと、あまり外国人旅行者がいない所のほうが面白くなるのだろう。
posted by Tats at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2018年06月14日

シドニーに帰ってきました

夕方、シドニーの家に帰ってきたら、家の中が12℃しかない。
クイーンズランドの暖かさに慣れてしまったせいか、寒さが身にしみるので、分厚いセーターを着ている。
明日は、アナ&エイドリアンが残していった洗濯物(雨だったので洗濯できなかった)を片付けたり、庭の掃除をしなければならない。夜にはホームステイに来られる方がいるので、その準備をしたりと忙しくなる。
posted by Tats at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年06月13日

明日はシドニーへ

2018.06.13.01.jpg
明日はクイーンズランドからシドニーの家に戻る。
こちらは、日中は23℃くらいまで上がり、暖かくて心地よい小春日和なのだが、向こうは寒いのでちょっと憂鬱である。
今、クイーンズランドの家では、台湾から来た若い子たち5人に、部屋を貸している。
この辺りでは冬がフルーツシーズンで、皆、ストロベリーファームやラズベリーファームで働いている。
来週、もう2人来るので、ヘレンは受け入れ準備のため、まだクイーンズランドにとどまる。
股関節の炎症も、良くなってきたとはいえ、まだ松葉杖をついている状態だ。
今飲んでいる消炎剤が効いて、早く良くなってほしいものだ。
下は、今日、ヘレンと夕食に行ってきた、Bribie Islandのレストランで。
2018.06.13.02.jpg

2018年06月12日

Bribie View

2018.06.12.20.jpg
クイーンズランドのうちの近くに、Bribie Viewというエリアがあり、沖合の大きな島、Bribie Islandがすぐ近くに見える。
キャラヴァン・パークもあって、旅行者にも人気の場所だ。
2018.06.12.21.jpg
ここにはJettyがあり、
2018.06.12.22.jpg
地元のおっちゃんたちの絶好の釣り場になっている。
2018.06.12.25.jpg
クイーンズランドの海岸はマングローブが多く、ドロ沼に根っこがにょきにょきたくさん生えている状態なので、歩くこともままならない。
シドニー周辺のようにさらさらの砂浜は少ないので、ビーチライフを楽しむには向かないが、そのかわり動植物は豊かである。
魚やエビ・カニ、亀もたくさん住んでいて、エサを求めて来た水鳥も多い。
海沿いの林の中に、公園やウォーキングトラックが作ってあるので、一日のんびり歩いて楽しめる。
2018.06.12.26.jpg

ロアス&ドンの新居

2018.06.12.01.jpg
昨日は、ロアス&ドンのところへ遊びに行ってきた。
ヘレンの妹のメイヴィスもケンと一緒にやってきた。
ロアスはヘレンのお姉さんで、長い間ゴールドコースト空港の近くに住んでいる。
海から内陸に車で10分も走ると森と湖が広がり、風景が一変する。そんな山のてっぺん近くに、二世帯住宅を建築中だ。
2018.06.12.02.jpg
遠くに海と町を望み、見晴らしがいい。
2018.06.12.05.jpg
建築中の家をロアスとドンが案内してくれた。
二人の娘夫婦と子供二人が住む母屋と、ロアスとドンの家は隣同士だが独立して建てられている。
2018.06.12.06.jpg
壁の作り方が面白い。
こんな軽い発泡スチロールの型を、
2018.06.12.03.jpg
レゴ・ブロックのように積み上げて、中にコンクリートを流し込んで、壁を作る。
断熱性が良く、作業や加工が楽なので、良いアイディアだ。
2018.06.12.04.jpg
メイヴィス&ケンもやってきたところで、皆でランチ。
少し風が冷たいが、森を見ながら外で食べるほうが気持ちがいい。
2018.06.12.07.jpg
人が美味しそうに何か食べていると、当然、犬たちもなんかくださいと、膝の上に乗ってくる。
メイヴィス&ケンの犬、ジャックと、
2018.06.12.13.jpg
ロアスとドンの犬、シヴァ。
2018.06.12.08.jpg
食後、腹ごなしに皆で、山歩きに。
ヘレンはまだ松葉杖をついているので行けなかったが。
2018.06.12.09.jpg
隣の敷地内のゲートを開けて勝手に入って、山頂を目指す。
2018.06.12.11.jpg
山の清浄な空気が心地よい。
犬たちも大喜びで走り回っている。
2018.06.12.10.jpg
頂上にはアンテナが立っている。メンテナンスに来る人たちも、この山道を上がってくるそうだ。
2018.06.12.12.jpg
今年のクリスマスまでには、この新しい家に、娘一家と一緒に住めるようにしたい、と、ロアス&ドンは言っていた。
どんな内装になるか、また見に来るのが楽しみだ。

2018年06月10日

今日も庭の手入れ

2018.06.10.01.jpg
昨夜、少しシャワーが降ったが、今朝はきれいに晴れてくれた。
今日も一日中せっせと庭の手入れ。
庭が広いのはいいが、千坪もあると大変である。
下は、芝生の種を撒いているチェスター。
2018.06.10.02.jpg