2018年05月24日

突然の雨

今朝は晴れていたのに、突然黒い雲が広がり、雨が降ってきた。昨日洗濯を済ませておいてよかった。
午後から雨は上がったが、陽が射さないので薄ら寒い。夜にはウールのセーターを着ている。
お向かいのリナーテ&アーヴィンがコーヒーに呼んでくれた。
リナーテが作ってくれたケーキを食べながら、クイーンズランドのお土産話しをするのは楽しい。
Hinterlandの辺りは、二人も行ったことがあり、思い出は尽きない。
posted by Tats at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年05月23日

日常復帰中

昨夜、シドニーの家に戻ってきて、今日は掃除や洗濯、買い出しで丸一日費やした。
明日からホームステイに来られる方がいるので、部屋の準備もあるし。
夕方に芝刈りをしてほっと一息ついたらもう夜である。
やはり2週間も家を空けていると、日常復帰に時間がかかる。
パソコンを立ち上げたらWindows Updateで数時間かかってしまったし。
posted by Tats at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2018年05月22日

今夜、シドニーへ

2018.05.22.01.jpg
このクイーンズランドの家の辺りは、朝晩の気温は10℃程度で、シドニーとほぼ変わりないのだが、日中は陽射しが暖かく心地良い。
日に当たると太陽の光が少しだけ強いのが実感できる。
今夜、シドニーの家に戻るのだが、小春日和のような天気が名残り惜しい。
シドニーではもう泳げないだろうし。

2018年05月21日

Hinterland

2018.05.21.01.jpg
クイーンズランドの家から北西へ一時間ほど山の方へ走ると、Hinterlandと呼ばれるエリアがある。
Sunshine Coastを望む風光明媚な山間で、かつては林業が盛んだった。Red CedarやRed Gumなどの銘木が多く、今では森の多くは保護され、観光地として栄えている。
シドニーにおけるブルーマウンテンのような場所だ。
今日は、そのHinterlandの中心部、Blackall Rangeへドライヴに行ってきた。
チェスターは昔この辺りにも住んでいたので、地理に詳しい。
まずはMalenyにあるMary Cairncross Scenic Reserveへ。
2018.05.21.02.jpg
インフォメーション・センターの裏にはウォーキング・トラックがあり、静かな森を散策できる。
2018.05.21.03.jpg
カフェのバルコニーからは
2018.05.21.04.jpg
遠くにGlasshouse Mountainsが見晴せる。
2018.05.21.05.jpg
コーヒーを飲んだ後、紅葉を見ながら、隣町のMontvilleを抜け、Mapletonへ。
2018.05.21.06.jpg
Mapleton Tavernでランチ。
2018.05.21.07.jpg
ここのバルコニーも眺めが良く、気持ちがいい。
2018.05.21.08.jpg
ランチの後、すぐ近くにあるMapleton Falls National Parkへ。
2018.05.21.09.jpg
今は乾季なので、水量は乏しいが、
2018.05.21.10.jpg
見晴らしはとてもいい。
2018.05.21.11.jpg
今日の最後の町は、Kenilworth。
この辺りは酪農が盛んで、良質のミルクが取れる。
Kenilworth Cheese Factoryという老舗の会社があり、チーズやヨーグルトも作っている。
2018.05.21.12.jpg
工場の横にはカフェやショップがあり、チェダー・チーズとウォッシュ・チーズを買ってきた。
2018.05.21.13.jpg
帰りは、のんびりと草を喰む乳牛たちを見ながら、緑豊かな風景を楽しんで走ってきた。
2018.05.21.14.jpg
この山の中の町は、クイーンズランドのパブリックイメージであるケアンズやゴールド・コーストとは全く別の魅力がある。

2018年05月20日

Centenary Lakes

2018.05.20.01.jpg
クイーンズランドの家の近くにCentenary Lakesという広い公園があり、時々散歩に行く。
森の奥から水が引かれて川になり、あちこちに滝があり 川沿いに遊歩道が作られている。
2018.05.20.02.jpg
川辺りを歩くと、水鳥たちがエサ欲しさに寄ってくる。
シドニーによくいる黒鳥はここにはいない。
2018.05.20.05.jpg
公園の周りには各種のスポーツグラウンドがあり、ラグビーを始め、テニス、ローン・ボウリングなどができる。
2018.05.20.03.jpg
木陰に設置されたBBQエリアで、のんびりランチを食べ、子どもたちは走りまわっている。
家族でピクニックに来るにはもってこいの場所だ。
2018.05.20.04.jpg

2018年05月19日

暖かい秋晴れ

2018.05.19.01.jpg
バラの刈り込みに続き、チェスターと二人で2日かかって、ようやく庭の芝刈りと植木の剪定を一通り終えた。
この辺りのイチゴ畑に働きに来る若い人たちが、たくさんここに泊まりにくるので、その準備をしたり、チェスターは来週、自分の家に戻って、手入れをしなければならないし、これからしばらくは忙しくなる。
ぼくだけ先に来週の火曜日にシドニーへ帰るのだが、シドニーは朝晩かなり冷え込んでいるそうだ。キャンベラはもう零下だし。
こちらの暖かい秋晴れの良い天気に慣れてしまったので、帰りたくなくなってきた(笑)。

2018年05月18日

Beachmere

2018.05.18.01.jpg
昨夜、夜中に少し雨が降ったが、今日も朝からきれいな青空が広がっていた。
昼ころ、Beachmere(ビーチミア)へドライブに行ってきた。
2018.05.18.02.jpg
この辺りの海岸沿いはマングローブなので、地名に反して、あまりきれいなビーチはない。
2018.05.18.03.jpg
ケアンズもそうだが、クイーンズランドではビーチ沿いより、沖合にある島へ行くほうがいい。
Beachmereのすぐ近くには橋で渡って行けるBribie Islandがあるし、沖には世界で三番目に大きな砂の島Moreton Bayがある。

2018年05月16日

チェスターの家

2018.05.16.10.jpg
チェスターが持っている家は、ブリスベンから3時間ほど北西の内陸部にある。
この小さな町は、150年くらい前は、ゴールドラッシュで賑わっていたが、今は人口が減り、寂れていくばかりだ。
過疎化や産業不在という、日本と同じ悩みを抱えている。
2018.05.16.11.jpg
チェスターはこの家を貸したいと思っているのだが、古い家なので、まだまだかなり手を入れないと借り手が見つからないだろう。
2018.05.16.12.jpg
家の裏は森になっていて、草刈りをするだけでも大変な労力がかかる。
大雨が降ると窪地に川ができて、ずくずくになるのも、デメリットである。
2018.05.16.13.jpg

昨夜、うちに帰ってきました

ヘレンの妹のメイヴィスの家と、チェスターの家に数日滞在した後、昨夜、クイーンズランドの家に帰ってきた。
メイヴィスは牛を飼っているのだが、ファームが広いので、遠くにしか見えない。
2018.05.16.01.jpg
メイヴィスとケンと一緒にランチを食べ、二人が行ってきたラオス・ヴェトナム旅行の話を聞いたり、
2018.05.16.03.jpg
犬のジャックと遊んだり。
12歳になるジャックは歯が悪くなり、歯の治療中とのこと。お金がかかってかなわないよ、と、ケンは嘆いていた。
2018.05.16.04.jpg
この辺りは内陸部なので、冬の訪れが早い。日が暮れると一気に寒くなる。
ケンは暖炉用に薪の用意をし始めていた。
2018.05.16.02.jpg

2018年05月11日

明日から遠出

明日は朝早く起きて、車で2時間ほどの所に住んでいる、ヘレンの妹のメイヴィスを訪ねて行く。
ほぼ一年ぶりか。パートナーのケンと犬のジャックに会うのも楽しみだ。
その後、さらに2時間ほど北へ走って、チェスターの家へ向かい、数日間、滞在する予定だ。